著者名

堂薗稚子(どうぞの・わかこ)
株式会社ACT3代表取締役。1969年生まれ。1992年上智大学文学部卒業後、リクルート入社。営業として数々の表彰を受ける。「リクルートブック」「就職ジャーナル」副編集長などを経験。2004年に第1子出産を経て翌年復職。07年に当時組織で最年少、女性唯一のカンパニーオフィサーに任用される。その後、第2子出産後はダイバーシティ推進マネジャーとして、ワーキングマザーで構成された営業組織を立ち上げ、女性の活躍を現場で強く推進。経営とともに真の女性活躍を推進したいという思いを強くし、13年に退職し、株式会社ACT3設立。現在は、女性活躍をテーマに、講演や執筆、企業向けにコンサルティングなどを行う

上司に対する「何で? どうして?」をズバっと解説
堂園姐さんの「上司のキモチ」翻訳講座

上司に対して日々感じている「なんでそんなこと言うの?」「どうしてそういうことするの?」という不満や疑念。それを直接上司にぶつけたいと思っても、「余計に怒られるんじゃないか」「印象が悪くなるんじゃないか」とモヤモヤしたまま自己完結してしまっている女性も多いのでは? そんな働く女性たちの疑問に、最強ワーキングマザー・堂薗稚子さんが、上司の立場からズバッと解説! 上司って、ホントはすごくあなたのことを考えてるのかも!?

こんにちは。堂薗です。

急に秋めいてきましたね。実はこの連載も丸1年! よく続いたなあと読者の皆さまに感謝しつつ、上司に対するいろいろな思いは永遠になくならないものなのだ……とつくづく感じさせられています。

特に30代になってくると、身近な人が昇進したり自分が管理職になることも視野に入ってきたり、「上司」への見方も変わってくるのかもしれません。「私ならこうする」とか「こんな管理職は反面教師にしたい」など、より具体的でリアリティーある思いを持つ方が増えてくるように思います。

先日も、「同期が昇進したんです」という30代女性と話をしました。「なぜ昇進するのが私じゃなくてあの人なの?」ということではなくて、「何だか変な関係になっている」と戸惑っている様子でした。聞いてみると、昇進した同期は男性だったそうなんですが、昇進した途端、直属の上司でもないのに「上司づら」してくるようになったらしいのです。

これまでは一緒に会社への不満なんかを酒のつまみにして話していたし、仲の良い仲間の一人だったそうですが、昇進してから飲みに行ったとき、「そんな風に捉えているのは、視点が低い」とお説教をされ、極めつけに、「お前の成長について考えている」とあからさまに上から目線で言われたんですって。腹が立ったというより茫然とし、「これからコイツとどう付き合うか」考えてしまったのだそうです。こういうの、本当にありがち! 思わず「オトコって馬鹿だよねえ」と語り合ってしまいました。

昇進したからといって、すぐに「上司」にはなれない

20歳になったら「大人」「成人」、だけど昨日までは19歳で「未成年」というのと同じように、一晩寝て立場が変わったからといって、人は大きく変われるわけがありません。だけど、「変わらねば!」という役割意識が強く働き、一生懸命に振舞うあまりに、周囲を白けさせてしまう。

これは男性によくある傾向な気がします。女性の方が、自分が何かを得た後、その集団でどう振る舞うか慎重に見極めようとするし、下手な行動に出て総スカンを食らうのは避けようとするでしょう。急に正しいことを言い出すことには、かえって気恥ずかしさを感じると思うのです。

さらに女性は自分が実際に成功した体験を持たないと、なかなか自信を持てない動物ですから、立場が変わったからといって急に言動を変えない傾向があります。男性は、「昇っていきたい」生き物だからか、上はよく見ているけど下を見渡せていないことがある。それゆえ、立場が変わると「言動も変えて、早くその役割を習得せねば! そしてさらにもっと上に!」と強く思ってしまっているのかもしれません。

でもどうやったって、昨日と今日で全く異なる人格として振舞うのは難しい。それもより正しくて、より強い人格にならなくてはいけないのだから、振舞えば振舞うほど、空回りしてしまうのでしょうね。そして、同期同士という関係はさらに難しい。昇進した方も戸惑っているのではないでしょうか。