幸福度の決め手は「意味づけ」と「納得感」

29歳でスタートアップ転職、ハードワークでも「幸せに働く」叶えられた唯一の条件【オア明奈さんのベストバランス】
(画像=就職してから現在までのオアさんのキャリアの転機・年収の増減・幸福度の変化、『Woman type』より引用)

――オアさんは、最も年収が低かったタイミングで幸福度がMAXになっていますね。

本当ですね(笑)。こうして振り返ると、私の幸福度は、年収の多い少ないで左右されるわけではないんだな、と改めて思います。

――何が一番、オアさんの幸福度を左右していると感じますか?

私の場合は、仕事の充実度ですね。

やるべきだと思うことや、使命だと感じられることを、自ら選択できているかどうかです。「私は意思を持って、自らこの仕事に人生を懸けている」と、常に胸を張って言えることが何より大切。

仮にお給料が少し低かろうが、会社に指示された仕事だろうが、自分で意味づけができていれば、私は幸せに働けます。

――それが最もできていたのが、CRAZYで働いている時だった、と。

ええ。当時は常に熱狂していて、プライベートの時間もそっちのけで仕事に打ち込んでいましたね。

ハードワークでも、「やらされている」という感覚は一切なし。会社と自分のミッションが重なる場所で、サービスを成長させることに夢中になっていました。

ただ、30代半ばになって、プライベートの時間を大事にしたい自分も出てきて。未来の出産や子育てのことも考えるようになり、「仕事100%」な生き方を変えたいな、とも思うようにもなりました。

要は、ライフステージが変化して、私の中のベストバランスが変わってきたんです。

29歳でスタートアップ転職、ハードワークでも「幸せに働く」叶えられた唯一の条件【オア明奈さんのベストバランス】
(画像=『Woman type』より引用)

キャリアも収入も「右肩上がり」から降りる時期があっていい

――独立してから年収は過去最高額を叶えています。その理由は?

20代でがむしゃらに仕事をしてきて、ビジネスの基礎力をつけたからこそ、フリーランスでもお仕事をいただけているのかな、と思います。

新卒で入った会社では、経営の何たるかを学び、営業を経験できたことが大きかったです。ビジネスの基本が叩き込まれたからこそ、転職もできるだろう、どうにか生きていけるだろう、という自信もつきました。

CRAZYでは、「理想をカタチにする力」を養うことができて、それは私が仕事を続けていく上での強みになっています。

オリジナルの式をプランニングするには、新郎新婦の理想を聞き、言葉にならない希望をも言語化し、期待をこえるものを提案、実現していく必要があるのですが、この一連の営みはまさにビジネスの基本ですよね。

――ビジネスパーソンとしての基礎、基本を徹底して磨き抜いてきたことが、今の収入や、理想の働き方の実現につながっているんですね。

はい。基礎力がないと、何か新しいことをやろうとしてもなかなかうまくいかないはずなので、20代のうちからとことん仕事をしてきてよかったな、と思いますね。

また、こうして振り返ると、転職したり、休職したり、年収も増えたり減ったり、凸凹な期間を過ごしてきて、その時々で自分がそれをどう感じるのかを実際に知ることができてよかったです。

ずっとキャリアアップを続けて、収入も増やし続けて……っていう世界にいては味わえない感覚もあったと思うので。

――キャリアも人生も、「右肩上がりを続けなければ」と考えてしまう人は多いかもしれませんね。

気持ちはすごく分かります。収入だって、仮に年収500万ある人が、未経験の業界に転職して350万になりますって言われたら、悩むと思うんですよね。年収減は、何となく自分の価値が下がったように感じるから。

でも、そんなことはありません。私もそうですが、一度右肩上がりの状況を崩したことによって、後で大きくジャンプアップする可能性もあります。

それに、その時に自分が「これだ!」と思えることに熱狂して取り組むことができたら、人生はもっと面白く、豊かになるんじゃないでしょうか。


提供・働く女のワーク&ライフマガジン『Woman type』(長く仕事を続けたい女性に役立つ、キャリア・働き方・生き方の知恵を発信中)

【こちらの記事も読まれています】
年収400万円以上稼ぐ女がしている3つのこと
性格別!年収アップ方法とは?
自分ブランドを作るために大切なこと
クセのある上司への「的確な」対処法とは
給付金がもらえる人気の資格6選