国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、1990年の平均給与は425万2000円。2019年の調査では、平均給与は436万円。

30年という歳月が流れ、物価は上昇しているにもかかわらず、日本人の給与は横ばいが続いている。

どれだけ頑張ってもその努力が給料に反映されないという不満に、会社で働くモチベーションを削られている人も多いかもしれない。

とはいえ、周りを見渡してみると、着実に昇進・昇格している人や昇給し続けている人がいることも確かだ。給料が上がる人、上がらない人、その差は一体何なのだろうか。

森本さん:努力しているのに給料が上がらない理由は、自分自身に起因するもの、会社の制度や環境に起因するもの、大きく分けて二つのタイプがあります。

そう話すのは、これまでに数々の採用支援を手掛けてきた転職エージェントの森本千賀子さん。転職・キャリア相談に訪れる会社員女性の多くが、「給料が上がらない」理由を見落としがちだという。

頑張っているのに給料が上がらない……そんな人にぜひ確認してほしい理由と対策を森本さんが解説する。

【給料が上がらない理由1】会社の評価制度をよく理解していない

あなたの給料が上がらない7つの理由とは? 要因別の対処法を転職のプロ・森本千賀子が解説
(画像=『Woman type』より引用)

取材を元に編集部で作成。「給料が上がらない」時に見直したいポイントとして、森本さんは上記の7つの要因を挙げる

まず大前提として、自分の会社の評価システムや指標について理解していない人は、性別問わず、非常に多いです。

例えば営業職にしても、単に売り上げだけ見る会社もあれば、その内訳が新規顧客なのか既存顧客なのかで評価が変わる会社もある。会社のフェーズや戦略によって、どんな成果を出している社員を評価するかはガラリと変わります。

それを知らずに努力をしても、その頑張りは会社から見れば的外れということにもなりかねません。

大事なのは、まず会社があなたに何を求めているのかを知ること。評価制度に関しては人事に聞けば教えてもらえるはずですし、具体的な目標については上司と面談などでしっかり共有しておきましょう。

評価基準に沿ってアクションプランを立てていくことが、給料アップのための第一歩です。

【給料が上がらない理由2】上司に「プレゼン材料」を渡せていない

給料というのは直属の上司の一存だけでは決まりません。社員の給料は絶対評価ではなく、相対評価で決まることがほとんど。多くの会社では、グレードの同じ社員をそれぞれ比較した上で、誰にどれくらいの給料を与えるかを決定します。

つまり、社内で昇給を勝ち取ろうと思ったら、あなたの直属の上司がそうした会議の場で、あなたの成果を客観的な事実に基づいてプレゼンできなければいけません。

そのための材料が不足していれば、どんなに上司が頑張ってアピールしても、経営陣を納得させることは不可能。

あなたの給料が上がらない7つの理由とは? 要因別の対処法を転職のプロ・森本千賀子が解説
(画像=『Woman type』より引用)

そこであなたにできることは何かと言うと、上司が昇進・昇格を検討する会議の場でしっかりプレゼンできるような材料を渡すことです。

目標に対して、どんなアクションを起こし、どんな成果を獲得したのか。多くの会社ではそうした内容を評価シートなどにまとめると思いますが、そこにきちんと具体的な結果だけでなくプロセスの数字も盛り込んで記入できれば、上司もぐっと交渉しやすくなります。

もちろん、上司なんだから言わずとも把握しておいてほしいという思いもあるでしょう。でも、自分のためにより説得力のあるプレゼンをしてほしいと思うなら、あなた自身も協力して損はありません。

「自分は大したことないから……」なんて遠慮は無用。むしろ上司を自分の代わりに給料アップの交渉をする代理人と思うくらいがちょうどいい。

どうすれば上司がより交渉しやすいか、という視点で実績報告をまとめてみると、より強力な援護射撃になるはずです。

【給料が上がらない理由3】仕事に「アドオン」していない

シビアな言い方になりますが、「頑張っているのに給料が上がらない」という人の話を聞くと、やっていることはどれも、給与相応のことだったりします。

会社は、与えられたポジション・業務に見合う金額を対価として社員に支払います。設定された範囲内のことをやっているだけでは、残念ながら給料アップは望めません。

あなたの給料が上がらない7つの理由とは? 要因別の対処法を転職のプロ・森本千賀子が解説
(画像=『Woman type』より引用)

そこで必要となってくるのが、どれだけプラスアルファの価値をアドオンできるか。これは何も残業をしろとか、業務量を増やせという意味ではありません。

会社が重視するのは、業務の量ではなく、どれだけ組織に貢献できているかという点です。

例えば、営業アシスタントなら、部署内で新規獲得キャンペーンをやっていたら、その進捗を棒グラフにして競争意識が芽生える風土をつくったり、各グループの進捗を週に1回レポートにしてまとめたり。

なくても支障はないけど、あると組織が活性化するような働き掛けをアドオンしてみれば、評価の対象になることも十分あります。

あなたが現在の役職・ポジション相応の働きだけでなく、「現在の役職より上のポジションの人がやるような仕事をできている」と思われたときに、昇進・昇格の打診や、昇給の提案があると心得て。