仕事・収入・幸福度の相関関係は?
私のベストバランス

仕事が楽しければ、収入が低くても幸せ? 収入が高ければ、忙しくても幸せ? 幸せに働く「ベストバランス」は、意外と分からないもの。そこで、さまざまなキャリアの転機を経験してきた女性たちにインタビュー。仕事・収入・幸福度の相関関係について調べてみました!

今回登場するのは、女性のためのキャリアスクールを運営するSHE株式会社でコミュニティーマネジャーとして働く傍ら、キャリアアドバイザーとしても活躍しているえさきまりなさん。

ファイル -1.jpg
(画像=SHE株式会社 
えさきまりなさん
1986年生まれ。短大卒業後、自動車ディーラーでの事務職、エステティックサロンでの接客・店長経験を経て、2016年株式会社キャリアデザインセンターへ入社。キャリアアドバイザーとして実績を残し、2020年に退職。現在はSHE株式会社にてキャリアコーチングを担いながら個人でも人材紹介を行うなどキャリアアドバイザーとして活躍している。
Twitter:@MarinaEsaki、『Woman type』より引用)

短大卒業後、自動車ディーラーの事務職、エステティックサロンの店長を経て、人材系企業に転職し、キャリアアドバイザーの道へ。「キャリアドバイザーの本音」を呟くTwitterアカウントが話題を呼び、フォロワー1万人を超える。

2度の転職を経て、キャリアアドバイザーという「天職」に出会ったえさきさん。「天職を見つけてから、収入も幸福度も上がった」と話す彼女に、“ベストバランス”を見つけられた理由を聞いた。

社会人9年目、「天職」と出会い年収最高額へ

ファイル -1.jpg
(画像=就職してから現在までのえさきさんのキャリアの転機・年収の増減・幸福度の変化、『Woman type』より引用)

――新卒で自動車ディーラーに事務職として入社されていますが、仕事選びにおいて収入面は気にしていましたか?

いいえ、全く。今では考えられませんが、当時はキャリアにも収入にも全然興味がなくて。

何の疑いもなく「近いうちに寿退社するんだ」なんて考えていました。なので、正直入社できればどこでもよかったんです。それで、地元・千葉県で当時有名だった企業に就職を決めました。

ただ、働き始めてみるとお給料が低過ぎて……。手取りが月に15万円くらいだったので、通勤のために中古車を買ったら、ローンと保険で一人暮らしどころか遊ぶお金さえなくなくなってしまいました。

ファイル -1.jpg
(画像=新卒時代の写真、『Woman type』より引用)

しかも、社歴10年以上になる事務の先輩も、私とほぼ給料が変わらないと知って。女性が活躍できて年収アップできる仕事をしようと思い、エステティックサロンに転職をしました。

――転職して、年収アップに成功したんですね。

ええ。年収は100~200万円程度上がりました。ただ、個人の実績を評価していただいている感覚がなくて……。

――というと?

当時、店長業務をこなしながらカウンター営業も行っていたのですが、契約をたくさんとっても収入はほぼ変わらず。

仕事は楽しかったし仲間にも恵まれたけれど、店長の役職手当は月1万円のみで、残業代とか休日出勤とか単なる「長労働時間」への対価でしか給料が増えていなかったんです。

ファイル -1.jpg
(画像=店舗のメンバーと、『Woman type』より引用)

そこで、「どれだけ長く働いたか」ではなく「どれだけ成果を出したか」で自分を評価してくれる会社で働きたいと思い、再度転職を決意。

社会人9年目のタイミングで、人材系企業のキャリアアドバイザーとして働き始めました。

――全くの異業種ですよね。どうしてキャリアアドバイザーになろうと思ったのですか?

人材業界に興味があったわけではなかったけれど、エステサロンで培ったカウンセリング能力を生かせれば、「キャリアアドバイザーとして働けるのでは?」と思ったんです。

その直感は、大正解でした。キャリアアドバイザーは本当に天職だったようで、みるみるうちに成約を決めていきました。

成果に応じてインセンティブも獲得し、スムーズに課長職にまで昇進。気づけば、年収は事務職時代の約4倍にもなっていました。

――年収4倍はすごい!

これは、私自身が何か大きく変わったわけではないんですよ。ただ、転職をして、仕事と環境を変えただけ。それだけでここまで評価と報酬がついてきたんです。

稼げるようになったのは、素直にうれしかったですね。そして、稼げる自分に出会ってから、自分に自信が持てるようになりました。

ファイル -1.jpg
(画像=キャリアアドバイザーとして講演も行う、『Woman type』より引用)

――良い環境で働いていたと思うのですが、また転職をされていますよね。その理由は?

ある程度のことをやり切って、もう少し広い世界を見てみたいと思ったので外に出てみることにしました。

それで、2020年に人材関連のWeb系ベンチャー企業に転職したのですが、正直言ってこれは、「やっちまった」という感じでして……。

――「やっちまった」とは……?

採用面接を受けた際、その会社の中でもかなり高めの報酬を提示していただけたんです。

年収も希望していた額を超えてオファーしていただいたので、「こんなに出していただけるのなら」とうれしくなってしまい、すぐ入社と決めました。

また、職業的に内定を得るテクニックや知識があったので、自分をよく見せ過ぎてしまいまして……。その結果、採用する側の期待値も、私の実力以上のものに膨らんでしまいました。

それで、働き始めてからは能力以上のものを求められ、キャパオーバーに。会社のカルチャーも自分にフィットせず、結局、3カ月という短い期間で退職してしまいました。

転職者の方に「短期離職は避けましょう」「面接は等身大で」って散々アドバイスしてきたにも関わらず……。大反省です……。

――そして、少しお休みしてから現在の会社に転職した、と。

はい。現職のSHEでは、コミュニティーマネジメントの仕事や生徒さんのキャリアコーチングを行いつつ、副業でキャリアアドバイザーの仕事も続けています。

ファイル -1.jpg
(画像=SHEに転職してからは、リモートワークがメイン。自宅のベランダで仕事をすることも、『Woman type』より引用)

以前に比べて年収は少し下がりましたが、私の中で必要最低限だと思っている年収は担保できているので問題ありません。副業収入もあるので、欲しい収入はキープできている状態です。

今は「得意なこと」「やりたいこと」「収入」、それぞれちょうどいいバランスで働けているなぁと実感しています。