2015年10月10日、二子玉川ライズにて、ランサーズ株式会社・株式会社Waris・オクシイ株式会社 の3社共催によるイベント『独立して見つけた私らしいベストバランス-やりがいも収入も、そして育児もあきらめない私流-Mothers Workstyle Collection 2015-』が開催された。

『「育休世代」のジレンマ』(光文社新書)の著者である女性活用ジャーナリストの中野円佳さんをファシリテーターに迎え、出産を機に会社員からフリーランスに転身して活躍している3人のワーキングマザーによるパネルディスカッションが行われた。

「会社で働く」が全てじゃない! フリーランスで働くママが会社員を辞めて分かったこと
(画像=吉見 夏実さん(写真左)
保険会社で顧客対応や営業として務めた後、退職後はクラウドワーキングサービス『ランサーズ』を利用しフリーのライターとして活躍
松屋 香里さん(写真中央)
専門性を持つワーキングマザー向けに仕事を紹介するサービス『Waris』に登録し、現在はフリーランスで企業の人事として働いている
鈴木 まりこさん(写真右)
コンサルタント、税理士事務所を経たのちに税理士として独立。現在はオクシイ株式会社の保育サービス付シェアオフィス『Maffice』を拠点に活動中『Woman type』より引用)

待機児童、経営不振……仕事を続けていくための方法の1つがフリーランスだった

今は正社員として会社で働いているけれど、将来的に結婚・出産を経験した際に、今の職場で同じように働き続けることができるのか不安に思っている人は多いだろう。フリーランスとして複数の企業の人事業務を請け負う松屋香里さんが働き方を変えたのも、息子が保育園に入れなかったことがきっかけだった。

「息子が生まれて3年間保育園に入れず、幼稚園に通うようになったとき、このまま正社員として働くのは無理だと思ってやむなく退職したんです。会社員時代は死ぬほど働いていて、『自分は会社から離れたらダメになる』、『会社も自分がいなくなったら困る』と思い込んでいましたが、いざ職場を離れると、自分がいなくても会社は通常どおりだったし、自分が会社に追われることもなくなった。私、何にしがみついていたんだろう、と力が抜けましたね。だけどやっぱり専業主婦は肌に合わず、もう一度働きたいという気持ちが強くなったので、会社に入るのではなく働き方を変えて仕事をしようと思いました」

フリーランスの税理士として活躍する鈴木まりこさんも、転身の理由を「息子のアレルギーを理由に保育園に断られたことが契機となった」と話す。

とはいえ、フリーランスという選択に興味があっても、「専門職としてのキャリアがないと活躍はできないのでは?」と、二の足を踏んでしまう人も少なくないだろう。

だが、クラウドソーシングを活用しフリーのライターとして仕事をしている吉見夏実さんは、本業での経験が無い中でフリーランスへの転向を実現している。

「私は大学を中退して第一子を出産後、保険会社に就職しました。その後、役職にも就いて順調に仕事をしていたんですが、会社が経営不振になってしまって……。将来に不安を感じて、副業としてクラウドソーシングを使ってライティングをやってみたんです。その後会社を辞め、副業から本業にシフトした形でフリーのライターになりました」