つかまり立ちを始めたばかりの赤ちゃんに、手押し車のプレゼントはいかがでしょうか? 手押し車は歩く補助になるだけなく「歩く楽しさ」を感じてもらえます! 赤ちゃんが自分から遊んでくれるベビー手押し車の選び方と、ママたちからの支持が厚い人気の商品を紹介します。

赤ちゃんに手押し車は必要? いつ用意すればいい?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

手押し車は、赤ちゃんが歩くことに興味を持つためのものです。必ずしも必要なものではありませんが、歩く楽しさを感じさせるのに役立ちます。手押し車には赤ちゃんが興味をもつ楽しい仕掛けが満載です。指を動かしたり音を聞いたりすることで、五感を刺激しさまざまな感性を養えます。また、歩くためにはバランス感覚や足の力が必要になります。手押し車を使うと、それらを赤ちゃん自身が楽しみながら身につけることができるのです。

つかまり立ちを始める生後11ヶ月頃に手押し車を用意する

赤ちゃんが手押し車を使うためには、まずつかまり立ちができるようになる必要があります。赤ちゃんがつかまり立ちを始めるのは一般的に生後11ヶ月頃とされています。手押し車をいつまで使ってくれるのかについては子供によって個人差があるので一概には言えません。つかまり立ちやつたい歩きをせず、よちよち歩きができるようになれば、手押し車を使う機会は少しずつ減ってくるでしょう。

手押し車を適切に使わないとデメリットも

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

手押し車には、使用方法によってはデメリットがあります。手押し車の適切な使い方や、赤ちゃんの発達を促す使い方を知っておく必要があるでしょう。

手押し車での事故やケガの危険性

手押し車は、誤った使い方をすると事故の原因になってしまいます。屋内使用と記載のあるものは屋外では使わない、対象年齢を守るなど説明書どおりの適切な使い方をしましょう。また、赤ちゃんは手押し車をうまくコントロールできないため、転倒の危険や、スピードが出すぎることがあります。スピードが出すぎて心配な場合は、スピード調整機能がついているものを選ぶと安心です。赤ちゃんがのびのびと練習できるように、少し広めのスペースを確保することも大切でしょう。

手押し車は騒音が響きやすい

タイヤの素材によっては騒音が気になることがあります。アパートやマンションの場合、タイヤにゴムがついているものを選んでみましょう。また、下の階への騒音防止のためにマットなどを敷いたり、時間制限を設けたりといった配慮が必要です。

赤ちゃん用手押し車の種類と機能

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

手押し車は、大きく分けると木製とプラスチック製の2種類があります。それぞれの特徴を比較してみましょう。

木製の手押し車

木製の手押し車は木のぬくもりがあたたかく、可愛らしい印象です。重みがあるため滑ったり、倒れたりしにくいのも特長で、天然木の安心感もあります。ただし、安定感がある一方で、重量が重く音が響きやすいというデメリットもあります。製品によっては、タイヤにゴムがついていて騒音や転倒防止が施されていたり、積み木つきなどのオプションがついていることも。

プラスチック製の手押し車

プラスチック製は屋外での使用や汚れに強いです。パーツを外すことができ、部品ごとに洗える点も特長となっています。アンパンマンやディズニーなどのキャラクターもの、音声やメロディーが出るものなど種類や機能が豊富です。

木製もプラスチック製も、どちらの手押し車もメリットがある

どちらの素材も、さまざまな機能や工夫により赤ちゃんの好奇心をかきたてるものが満載です。安全な機能として、スピード調整機能やハンドルロック、タイヤロックがついている手押し車もあります。タイヤにゴムがついている手押し車は、フローリングを傷つけず、下の階への騒音対策にもなります。折りたたんで収納できる手押し車は、しまう場所にお悩みの方におすすめです。また、牛乳パックや段ボールを使って手押し車を作る方法もあるので、興味のある方はチャレンジしてみるのも楽しいですよ。

赤ちゃんが楽しく遊べる! 手押し車の選び方

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

手押し車は、赤ちゃんが使うもの。安全な製品であることが一番ですよね。安全に楽しく遊ぶためには、どのようなものを選んだら良いのでしょう?

対象年齢にあった手押し車を選ぶ

手押し車は、主に生後9ヶ月~2歳くらいまでを対象としています。安全のためには対象年齢に合ったものを使いましょう。長く使いたい方は、伝い歩き~あんよ期まで使えるものがおすすめです。成長に応じてハンドルの高さを調整できるものや、形状が手押し車から乗り物タイプに変化するものも売られています。

STマークがついた安全性の高い手押し車を選ぶ

安全のためには、STマークがついている手押し車がおすすめです。STマークは「玩具安全マーク制度」と呼ばれ、1971年に玩具業界が玩具の安全基準(ST基準)を定めたものです。機械的安全性、可燃安全性、化学的安全性による検査を受けた上で基準適合検査に合格したおもちゃにつけられます。海外製の手押し車の場合は、STと同様の基準をもつマーク、ASTMやCEというものが定められていますのでチェックしてみましょう。

また、STマークつきのおもちゃは、使用中に事故が起こった際の保障もある(規定された条件内)点が心強いです。

最終チェック!手押し車の選びのポイントおさらい

上記に挙げた他にも、安全性を考えた選び方のポイントがいくつかあります。

  1. 角が丸いものを選ぶ
  2. 指などをはさむ危険な箇所はないか
  3. 転倒防止機能がついているか
  4. 口にいれても安全か
  5. 屋外用の場合、タイヤのゴムが薄くないか

転倒防止ストッパーがタイヤの前後についているものや、適度に重みがあるものを選びましょう。木製は適度な重みがありますが、プラスチック製でもハンドルが本体の奥や中心にあるものは安定し転倒しにくいです。重りを置いて調整できるものもあるので、吟味してみてくださいね。