老後の収入は年金のみという人も多いようです。しかし、そうした場合、貯蓄+年金の範囲内で生活できなければ老後破産してしまう可能性もあるでしょう。今回の記事は、過去に銀行で働いていた筆者が、老後破産に気を付けたほうが良い人の特徴を説明します。

老後に必要な資金を試算していない

老後のために用意すべき資金は、受給される年金額、持ち家か賃貸か、都会か田舎かなどそれぞれのシチュエーションにより異なります。ただし、マイホームの返済や子供の教育費などもあり、老後資金を後回しにしている人が多い印象です。

自分が老後に必要になる資金を試算して、自分がいくら貯めないといけないのかをまず意識していきましょう。自分が受給できる予定の年金については、日本年金機構のねんきんネットで確認できます。