ハワイの果物と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか。

パイナップル、アップルバナナ、マンゴー、パッションフルーツ・・・。

1年を通して気候が温暖なハワイでは様々な果物が楽しめます。

今回は数あるハワイのフルーツで一番美味しいと評判のカミヤ・パパイヤをご紹介します。

カミヤパパイヤの歴史

カミヤパパイヤは1950年代、カネオヘのトーマス・カミヤによって産み出されました。

酪農家として働き始めた彼はその後野菜農家に転身し、パパイヤを作り始めました。

「カミヤパパイヤ」はブランド名で、1960年代にハワイで独自に作り出された品種です。

元になったのは「ライン77」と呼ばれる、肉厚の大きな丸いパパイヤ。

これはもともと1960年代初頭にハワイ大学熱帯農業・人的資源学部のヘンリー・ナカソネ博士が導入したもので、トーマスは中曽根博士からこのパパイヤを紹介されました。

ライン77は素晴らしい食感を持っていたものの、難点は3ポンドから4ポンドもある大きさと、果実のなかに種子の入った深い星形の空洞があり種を取るのが面倒なこと。

トーマスはこれを品種改良し、「カミヤパパイヤ」というブランドネームを付けてハワイ生まれのスーパーマーケット「TIMES」で販売しました。