毎日のお洗濯に洗濯ネットは使っていますか。一度使わなくなると、洗濯ネットを使わなくても平気と思うかもしれませんが、洗濯ネットは用途に合わせて使う理由があるのです。その理由とおすすめの商品、そして洗濯ネット活用術についてご紹介したいと思います。

洗濯ネットを使うメリットとは?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

衣類の洗濯をするときに使う洗濯ネット。洗濯ネットを使って洗濯をすることで具体的にどのようなメリットがあるのか知らない方もいるのではないでしょうか。洗濯ネットは衣類の型崩れを防いだり、衣類同士が絡まったり摩擦で傷つくのを防ぐことができます。衣類同士の擦れによる色移りも防ぐことが可能です。飾りがついている衣類やデリケートな素材を使っている衣類は洗濯ネットを使って洗濯をすることで傷つきにくく長く使いつづけられます。衣類から出る糸くずやほこりの付着も洗濯ネットを使って防げるため便利です。

洗濯ネットに入れた方がいいものとは?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

洗濯ネットに衣類を入れて洗濯をすると衣類が傷つくことを防ぐなどさまざまなメリットがあるため積極的に利用していきたいものです。では実際に洗濯ネットを使って洗濯をするときはどのような衣類を入れるのかを見ていきましょう。

洗濯ネットに入れた方がいいもの1:下着

ブラジャーやショーツなどの下着は型崩れを防ぐために洗濯ネットに入れて洗濯するのがおすすめです。下着にはレースなどの飾りがついているものも多く、洗濯ネットに入れて洗濯をすることでダメージを与えずに洗濯ができます。

洗濯ネットに入れた方がいいもの2:靴下・ストッキング類

靴下やストッキング類は洗濯ネットに入れて洗濯をすると毛玉ができにくくなります。洗濯機の中で行方不明になりがちな靴下も洗濯ネットに入れることで揃えて洗うことが可能です。

洗濯ネットに入れた方がいいもの3:ニット

毛玉が特にできやすいニットは洗濯ネットに入れて洗濯をすると長持ちします。毛玉ができるのを防ぐことができるので、ニットを洗濯するときは1つの洗濯ネットに1枚のニットを入れて洗濯するようにしましょう。ニットにぴったりの大きさの洗濯ネットを選ぶことも衣類をきれいに保つためのポイントです。

洗濯ネットに入れた方がいいもの4:ワイシャツ

ワイシャツはきれいに畳んだ状態で洗濯ネットに入れるとシワができにくくなります。ワイシャツもニットと同様に1つの洗濯ネットに1枚だけを入れて洗濯するようにしましょう。

洗濯ネットの選び方

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

洗濯ネットには種類があります。大きさや形が異なるため洗濯する衣類に合わせて使うようにしましょう。洗濯ネットの選び方をチェックしていきます。

洗濯ネットのサイズ

洗濯ネットは大小さまざまなサイズのものがあります。洗濯ネットを選ぶときはサイズに注目してみてください。ニットやおしゃれ着は擦れるとダメージを受けてしまうことがあるので、洗濯したい衣類の大きさに合う洗濯ネットを選ぶようにしましょう。

網目

洗濯ネットには網目の細かいものと大きいものがあります。糸くずなどが衣類に付着するのを防ぐときは細かい網目の洗濯ネットを使うようにすると良いでしょう。網目が洗濯ネットは水をしっかり通して洗うことができるため汚れをしっかり落とすことが可能です。

洗うものでサイズで選ぶ

衣類同士が擦れてしまうと衣類にダメージを与えることになるため、洗濯ネットのサイズは大きすぎず小さすぎないものを選ぶのがベストです。ほこりなどが付着すると取れにくい素材の衣類は細かい網目のものを利用するなど、洗濯するものによって使いわけるようにしましょう。

ドラム式は専用ネットが必要

ドラム式の洗濯機は縦型の洗濯機に比べて衣類に与える衝撃が少ないですが、ドラム式で洗濯ネットを使う場合はドラム式専用の洗濯ネットが必要になります。家の洗濯機がドラム式の場合はドラム式洗濯機に対応している洗濯ネットか確認しましょう。