コロナで急速に変化した私たちの働き方。リモートワークや副業など、働く選択肢は増える一方で「自分らしいキャリアって何?」「このままの働き方でいいの?」と道に迷う女性も多いのではないだろうか。

Woman typeが5月28日に開催したオンラインイベントでは、産直通販サイト『食べチョク』を運営するビビッドガーデン代表・秋元里奈さん、キャリアトレーニングサービス『POSIWILL CAREER』を運営するポジウィル代表・金井芽衣さんが登壇。

大企業を辞めて20代で起業。私たちの「自分らしいキャリア」のつくり方【秋元里奈・金井芽衣】
(画像=写真左:ポジウィル株式会社・代表取締役の金井芽衣さん 写真右:株式会社ビビッドガーデン・代表取締役社長の秋元里奈さん、『Woman type』より引用)

二人の共通点は、新卒で大企業に就職し、退職の後にスタートアップを創業していること。しかし、会社創業を決断した背景や、キャリア観は異なる。

では、彼女たちが考える、「自分らしいキャリア」とは? 自分にとって納得感のある働き方・生き方とは何か、悩む女性たちへのアドバイスとあわせて聞いてみた。

今の状況は想定外「まさか自分が起業するなんて」

――秋元さんは2016年、金井さんは2017年にそれぞれ起業されています。それまではDeNA、リクルートキャリアという大企業で働かれていたわけですが、どうして起業を?

  • 金井さん:実は前職のリクルートキャリアを辞めた時には、個人事業主の延長のような起業しか考えていませんでした。

    ただ、一人で仕事をしているうちに、個人事業主ではなく法人の方が契約ごとなどでスムーズに進むことに気づきました。

    そこで、法人化を決意。まさか現在のように社員を抱える経営者になるなんて想像もしていませんでしたね。
大企業を辞めて20代で起業。私たちの「自分らしいキャリア」のつくり方【秋元里奈・金井芽衣】
(画像=『Woman type』より引用)

――それは意外です。では、会社規模を大きくしていこうと決意したのはいつ頃なのですか?

  • 金井さん:27歳で会社を設立したのですが、周囲が結婚をしていく中で自分も結婚した方がいいのではないかと思うこともありました。

    一度、婚活パーティーに行ったことがあったのですが、その際に参加者の方から職業を聞かれて、「自分で会社を経営している」と言うと引かれてしまうことがありました。

    でも、少し嘘をついて「会社員」というとぐいぐいアプローチされるんです。 形式として法人化を選択しただけで、どうしてこんなに扱いが違うのだろう、と驚きました。

    それで、すごく悔しくなってしまって。「本気で経営してやろう」って腹を決めたんです。

――婚活が、まさかそんな効果を発揮するとは!

  • 金井さん:しかもその頃、リクルート時代の同期の中にはスタートアップを創業して爆発的に事業を伸ばしている人もいました。そういう人の姿を見て刺激を受けたのもあります。

    独立したんだから、リスクをとってチャレンジしてみよう。そう思えたのは、ちょうどこの時でしたね。

――秋元さんは、どうして起業を?

大企業を辞めて20代で起業。私たちの「自分らしいキャリア」のつくり方【秋元里奈・金井芽衣】
(画像=『Woman type』より引用)
  • 秋元さん:私も、「大きなチャレンジしよう」と思って会社を立ち上げたわけではないんです。前職のDeNAは大好きでしたし、できることなら一生DeNAで働きたいという気持ちもあった。

    でも、仕事は好きなのに、自分の中に明確な「やりたいこと」を持っていないことがずっとコンプレックスだったんです。

    悩み行動していく中で、「農家で娘であること」を話すと多くの方に興味を持ってもらうことが増え、それが自分の個性だと気づくことができました。

    私の実家はもともと相模原で農業を営んでいましたが、今はもう廃業してしまい、荒れ果てていく実家の土地を見ていると放っておけませんでした。

    初めは全く関心がなかった農業に次第に興味を持ち始め、さらには第一次産業に携わる農家・漁師の方々の役に立つことがしたい、と思うように。

    そこで手段として選んだのが、起業です。

――起業は目的ではなかった、と。

  • 秋元さん:ええ。単純に、目の前の生産者さんに貢献したい、何ができるか……と考えているうちに、起業に行き着きました。

    目的が達成できるなら、手段は何でもよかったんですが、一番効果的だと思ったのが自分が起業することでした。

    そして、細々とではありますが今の『食べチョク』につながる事業を始めてみると、生産者さんの置かれている立場が想像以上に厳しいということを知ることになります。

    私がマイペースに準備を進めている間にも、廃業に追い込まれていく生産者さんたちがいる。このままでは全く役に立てない、と思ったんです。

    そこで、事業をもっと拡大して、できる支援をよりスピーディーに届けていくことにチャレンジしようと決意しました。

リスクだけに目を向けない。“希少な経験”は後の市場価値アップにつながる

――お二人とも、大企業の社員という立場から、起業して経営者に。ガラッと環境も立場も変わる中で、不安はありませんでしたか?

  • 秋元さん:不安はもちろんありました。ただ、「これを勉強しておけばよかった」とか「こんなスキルがあればよかった」とか、そういうことを思ったことはほぼありませんね。

    もちろん会計やファイナンスのスキルなど、今でも苦手なことはたくさんあります。

    でも、スタートアップ経営は単独戦ではなくチーム戦。 自分ができないことは他の人に補ってもらうことで乗り越えていけますし、逆に経営者という立場では、自分の軸をぶらさずに突き進めるか、の方がよほど大事です。

    困難な状況でも「夢中になれる力」、「何とかする力」、みたいなものはDeNA時代に随分と鍛えてもらったので、それらは起業する時にあってよかったと思うものですね。

  • 金井さん:私も、不安がなかったわけではありません。

    でも、リクルート時代に鍛えられた「巻き込み力」のおかげで何とかやれているなと感じます。

    前職でも150人規模の組織をどう動かしていくか、という力を試される機会を多くいただいていましたから。

――単独戦ではなくチーム戦。そう考えると、創業時に一緒に働くメンバーが非常に重要ですよね。

  • 金井さん:メンバー集めには本当に苦労しました。

    当然ながら、起業って成功するか失敗するか分からない。そんな中で一緒に戦ってくれるメンバーってものすごく貴重なんです。

    創業期のスタートアップは、漫画『キングダム』の世界で、立派な武器を持ったツワモノ相手に棒一本だけで戦いにいくようなもの。

    どんな逆境でも「勝てる!」と信じられる人でなければ、スタートアップで働いていくのは難しいかもしれません。

――大企業を辞めれば、安定した給与は得られなくなります。退職、そして会社創業の際に、収入についての不安はありませんでしたか?

  • 秋元さん:たしかにリスクは伴います。

    私は会社員時代の貯金200万円を資本金として起業しましたが、一瞬でなくなりました。

    ただ、私はもともとかなり心配性でリスクはできるだけ排除したいタイプなので、できるだけリスク要因を減らすための工夫はしました。

    例えば、起業してしばらくは、週2日は個人でコンサルティングの仕事を引き受けていました。

    自分が個人として働けば大体どれくらいの期間でどれくらいの金額を稼げるのか、を肌感覚として知っておきたかったのです。

    そうすれば最悪事業が失敗して借金を背負ったとしても、返していけますから。

――ある程度のリスクをカバーできる方法を知っておくだけで、安心材料にはなりそうですね。

  • 秋元さん:あとは、起業のリスク面ばかりを気にしないことも大切です。

    というのも、起業して例え失敗しても、起業せずにそのまま会社員を続けている方がリスク、という場合もあります。

    世の中、起業をした人自体がそう多くありません。たとえ失敗しても起業した経験自体が価値になる。

    そう考えると、起業した方が私の市場価値は上がると思ったんです。