新入社員にとって歓迎会は、今後の人間関係に大きく影響を与えるイベントといえます。関係性を高めるためにも、上手にフォローしたいですね。先輩として、上司として、気をつけてあげたいポイントについて考えてみましょう。

新入社員は先輩との人間関係に悩む可能性大

エン・ジャパン株式会社が運営する『エン転職』が実施した「職場での人間関係」についてのアンケートによると、転職関係者の半数以上が「人間関係が転職のきっかけになったことがある」と回答しており、8割以上が「今までの職場で、人間関係に難しさを感じたことがある」と答えたそうです。

しかも、難しさを感じる相手のトップは先輩だといいます。その理由として「威圧的に感じる」「気分に浮き沈みがある」などの意見が挙げられました。

アンケートの結果をみると、新入社員にとって、先輩とうまく関係を構築していけるかどうかは、とても重要な問題だといえます。関係づくりのカギを握る歓迎会で、うまくフォローする方法を考えてみましょう。

歓迎ムードを態度と言葉で伝えておく

歓迎会の当日は朝から緊張していることも。事前に社内で歓迎ムードを伝えておいてあげると、新入社員は安心して参加しやすくなります。休憩中に笑顔で「〇〇さんとお酒が飲めるなんて、楽しみだな」と声をかけておきましょう。