敏腕キャリアカウンセラーが教える女のJobチェンジテク!
Happyライフをつくる『転職サプリ』

これまでのカウンセリング件数は2万件以上! 女性に大人気のキャリアカウンセラー水野順子さんへの連載取材で、長く働き続けたい女性に役立つ転職・キャリアの情報を発信していきます。初めての転職活動に役立つノウハウも盛りだくさん! 長期的な視点で今後のシゴト人生を考える上でも参考にしてくださいね。

子育てが始まると、これまでとは違った軸で自分が働く環境を見直したくなるもの。ライフステージの変化を理由に、転職したいと考える女性も多いだろう。

だが、「子育て中の転職活動は大変そう」というイメージがあるのではないだろうか。事実、キャリアカウンセラーの水野さんも「ワーキングマザーの転職活動では、避けて通れない『壁』がある」と指摘する。

具体的には、どんな壁があるのだろうか。

入社時点から「時短勤務可能」な求人はレア

「時短勤務の社員がいる企業は多いものの、中途採用では特に即戦力であることが求められるもの。時短勤務のまま転職しとうと思っても、実際に応募できる企業が少ないという壁にまずはぶつかるでしょう。ただ、時短勤務中だからといって転職できないというわけではありません。新しい仕事に対する意欲や、限られた時間の中で生産性高く成果を出せる人を歓迎してくれる企業もありますよ」(水野さん)

時短勤務中でも、転職をすることはできる。しかしながら、採用枠はかなり少ないことを前もって理解した上で転職活動を始めた方がいいという。

さらに、「子育てが始まると、転職活動の軸が曖昧になってしまう女性が多い」と水野さん。仕事について、“自分の本心が見えなくなってしまう”こと自体も「壁」の一つだ。

「子育て突発的なことが起こるので、子どもと離れるくらいなら仕事を辞めてしまったほうがいいのでは? と考えてしまったり、とにかく仕事のやりがいはどうでもいいから早く帰れる仕事がいいと思ってしまったり、自分が本来持っていた価値基準が揺らいでしまいがちです」(水野さん)

自分が働く意味とは?
仕事の「やりがい」とは?
給与はどれくらいほしい?
どのように評価されたい?
どんな仕事内容なら満足できる?
……etc

“今がとにかく嫌だから”と一時的な感情で転職すると、後々になって後悔してしまうこともある。自分の価値基準を再度見直し、転職するかどうかも含めて冷静に判断するようにしよう。