在庫管理にも経費がかかる

お店に置いておける商品なら経費がかからないかもしれません。しかし、温度管理が必要だったり、膨大な数の商品を取り揃えていたりするスーパーでは、倉庫を用意しなければならないでしょう。しかし、倉庫を借りた場合は賃料、電気代、在庫チェックのための人件費などさまざまな経費がかかってしまうのです。

在庫を置いておくだけではもったいない!

お店にとって在庫を抱えるのは、メリットが少ないことがわかったはずです。理想は、在庫を抱え過ぎないように仕入れ、十分な利益が出る価格で販売することでしょう。しかし、顧客の動向や環境の変化などで、仕入れが上手くいかないケースもあります。そうなるとお店側は、半額でも売って、在庫を減らし現金を回収することで、損失を小さくしたり税金の支払いを抑えたりしているのです。

文・山村望愛

【こちらの記事も読まれています】
富裕層は絶対にやらないNG習慣4選
ラーメンの原価率はいくら?ラーメン店オーナーに聞いてみた!
年金未納を続けた人の悲惨な末路 当てはまる人は要注意
お金持ちが多い都道府県ランキング!3位東京都、2位三重県、1位は?
「ユニクロ」予算3000円でコスパ最強の服を選んでみた