自分の基礎年金番号などが記載されている「年金手帳」には、表紙が青いものもあれば、オレンジ色のものもあります。これらの色の違いに意味はあるのでしょうか。

年金手帳の色の違い=「発行時期」の違い

年金手帳は年金制度に加入したときに交付されます。「20歳の誕生日を迎えたころに自宅に届いた」という方も多いのではないでしょうか。実は、年金手帳はその発行時期によって色が違います。

オレンジ色:1974年11月から1996年12月までに被保険者資格の取得手続きをおこなった人
青色:1997年1月以降に被保険者資格の取得手続きをおこなった人

青色の方が新しいバージョンです。現在の年金手帳は青やオレンジが一般的ですが、さらに前に発行されたものだと、茶色や水色なども存在します。

青色以外を持っていて以下の3つの条件を満たす場合は、基礎年金番号が発行されていない可能性がありますので年金事務所に相談しましょう。

・青色の手帳も基礎年金番号通知書も持っていない
・年金をまだ受け取っていない
・日本年金機構から「ねんきん定期便」が届いていない

年金手帳は「ない人」や「2冊持っている人」もいる

なかには1人で複数冊の年金手帳を持っている方もいます。もし年金番号が分散してしまっていると将来年金を受け取るときに支障が出る可能性がありますので、早めに年金事務所か勤務先の社会保険担当に確認しておきましょう。

そもそも年金手帳が発行されていない方もいます。その場合は、手帳ではなく「厚生年金保険被保険者証」「基礎年金番号通知書」といった書類が交付されています。

近年の法改正で、2022年4月以降に新しく国民年金に加入する人は、年金手帳ではなく「基礎年金番号通知書」を受け取ることになりました。

年金手帳は大切に保管しよう

年金手帳は、マイナンバーの普及や電子化などにともなって以前ほど必須ではなくなりましたが、引き続き基礎年金番号を確認できる重要書類であることは変わりません。青色でもオレンジ色でも、紛失しないよう大切に保管しておきましょう。

文・ばばえりFP事務所代表)
関西学院大学商学部卒業後、銀行・保険・不動産などお金にまつわる業界での勤務を経て、独立。自身が過去に「貧困女子」状態でつらい思いをしたことから、むずかしいと思われて避けられがち、でも大切なお金の話を、ゆるくほぐしてお伝えする仕事をしています。AFP資格保有。

【こちらの記事も読まれています】
老後のための、幸せ貯金計画
「老後のお金」3つのポイント
豊かな老後のための3つのToDo
人生100年時代に必要な「生涯学習」って?
独身女性が安心できる貯金額はいくら?