アンケート実施期間/2021年4月1日~4月14日
有効回答数/868名
調査方法/女の転職type会員に対してWeb上で調査

今回の調査でわかったこと

半数以上が職場でのジェンダーギャップを「感じている」
年代が上がるごとに格差の実感は強まる傾向

2021年3月31日に発表された「ジェンダーギャップ指数2021」によると、日本は世界156カ国中120位。主要7カ国(G7)では引き続き最下位です。

職場のジェンダーギャップ(男女格差)についてアンケートを実施した結果、52.4%の女性がジェンダーギャップを感じていることが明らかに。年代が上がるごとにジェンダーギャップを感じる女性は増え、40代では4人に1人が「(職場にジェンダーギャップが)非常にある」と回答しています。

Q.1 今の職場にジェンダーギャップ(男女格差)はある?

「女は職場で不利」の回答が5割以上。働く女性868名調査で浮かび上がる、職場のジェンダーギャップの今
(画像=『Woman type』より引用)

「非常にあると思う」(18.8%)、「ややあると思う」(33.6%)を選択したジェンダーギャップが「ある派」と、「あまりないと思う」(30.1%)、「ほぼないと思う」(17.5%)の「ない派」で比較すると、「ある派」の方がやや多い結果に。半数以上の女性が、職場に対するジェンダーギャップを感じていることが明らかになりました。

「女は職場で不利」の回答が5割以上。働く女性868名調査で浮かび上がる、職場のジェンダーギャップの今
(画像=『Woman type』より引用)

年代別に見てみると、年代が上がるごとにジェンダーギャップを感じる女性が増えていることが見て取れます。40代に限定してみると、実に4人に1人が「非常にある」と感じているとの結果になりました。

Q.2 ジェンダーギャップが理由で転職を考えたことある?

「女は職場で不利」の回答が5割以上。働く女性868名調査で浮かび上がる、職場のジェンダーギャップの今
(画像=『Woman type』より引用)

ジェンダーギャップを理由にした転職については、7割以上の女性が「考えたことはない」と回答。意外にも「ない」が多数派との結果に。Q.1の結果と照らし合わせてみると、ジェンダーギャップを理由に転職を考える人は4人に1人にとどまる計算となります。

職場に対する不満を感じながらも、なかなか転職へと踏み切れていない現状が明らかとなりました。