2021年2月にローンチされた、女性専用プログラミングスクール『SheTech Premier(シーテック・プレミア)』。

約3カ月で実践的なプログラミングスキルを身に付けることができ、全てのカリキュラムがオンラインで完結する仕組みだ。いまだ男性中心のエンジニアの世界で、多くの優秀な女性エンジニアを育成するというミッションを掲げている。

そんな『SheTech Premier』の監修を務めたのが、現在シリコンバレーで活躍するエンジニアのTomokaさん(25歳)だ。

「自分の人生、自分で舵取りするために」女性特化プログラミングスクール監修者・Tomokaがエンジニアになったワケ
(画像=Tomokaさん
早稲田大学国際教養学部に在学中独学でプログラミングを習得。 海外での経験も複数あり、タイ、アメリカ、中国、スペインなどに留学経験あり。メルカリ・メルペイ、サイバーエージェント・AbemaTV等の名だたる大手IT企業の経験を経て、現在はサンフランシスコの起業家が数多く集うスタートアップ『Firework』に転職。 女性エンジニアが働きやすい環境を目指し、さまざまな活動を行なっている。(@tomo23333)、『Woman type』より引用)

大学2年生で一念発起し、プログラミングのスキルを独学で習得。メルカリ、サイバーエージェントで働いた後、24歳で単身シリコンバレーに渡った。

現在は、動画サービスのスタートアップFireworks(ファイヤーワーク)社でエンジニアとして活躍している。

わずか1~2年の間で働く環境を軽やかに変え、テクノロジーの聖地・シリコンバレーへと乗り込んだTomokaさん。エンジニアリング最高峰の場所へ、猛スピードで向かった理由は何だったのか。

そう問い掛けると、彼女は「自由に生きたかったから」と話し始めた。彼女の言う「自由に生きる」とは一体どういうことなのだろうか。Tomokaさんが大切にしてきたキャリアの選択軸について聞いた。

コピペ学習じゃダメ。“本気で学べる”プログラミングスクールが必要

――大学2年生の時に、プログラミングを始めたそうですね。どのようにプログラミングのスキルを習得したのですか?

ほぼ独学です。一時期、いくつかプログラミングスクールに通ってみたことはあるのですが、正直に言うと、あまり良い印象を抱きませんでした。

というのも、多くのプログラミングスクールで教えているのは「このコードを書いたら、こう動く」というような、いわゆる“コピペ”だと感じたから。

テキストを見て真似事をしても、すぐに忘れてしまうことばかり。本当にこの学習に意味はあるのだろうか……? そんな疑問を感じていました。

結局、私はすぐにスクールを辞めました。それから、独学でプログラミングスキルを身に付けることにして、毎日みっちり10時間くらい勉強。時には、16時間くらいひたすらコードを書いている日もありました。

そうしているうちに、4カ月くらいで一通りの基礎知識を習得できましたね。

――なるほど、既存のプログラミングスクールに違和感があったわけですね。

ええ。もちろん全てのスクールが悪いというわけではないですし、私が目にしたスクールは一部に過ぎませんけどね。

ただ、今って、プログラミングスクールブームみたいなところがあるので、「とりあえずプログラミングの基礎を知っておきたい」とか「趣味程度に学びたい」とか、いろいろなニーズの人が通いに来ると思うんですよ。

でも、当時の私は「本気でプログラミングスキルを身に付けたい」と思っていたので、周囲との熱量の差に居心地の悪さを感じることもあって。

本気でエンジニアになりたい、本気でプログラミングを学びたいという人は、どこに行けばいいんだろう、と。

――同じ志を持つ仲間が集まるような場所がなかった、と。そこからなぜ、女性専用プログラミングスクール『SheTech Premier』を監修することになったのでしょう?

「自分の人生、自分で舵取りするために」女性特化プログラミングスクール監修者・Tomokaがエンジニアになったワケ
(画像=『Woman type』より引用)

『She Tech Premier』は、女性たちが「本気で」プログラミングを学ぶスクール。学んで終わりではなく、実際に使える、応用できるスキルの習得にとことんこだわっているところがポイントです。

まさに、私がプログラミングを学び始めたときに出会いたかったサービスで。「本気」の人が集まる場を私も一緒につくりたいと思いました。

――コースの監修でこだわったのは?

「主体性のある学び」の仕組みをつくることですね。学習者がただ受け身で情報を受け取るだけではなく、自ら問いを立て、分からないことがあれば自分で調べ、実際に手を動かしてものづくりをしていきます。

私が過去に約4カ月である程度のプログラミングスキルを習得できたのは、とにかく「自分で調べる」というプロセスを踏んだことが重要だったように思います。

分からないことがあったら、とにかく調べてやってみる。その主体的な姿勢があったからこそ、スピーディーに知識とスキルが身に付きました。

――「女性専用」とする理由は?

私がプログラミングスクールに通っていた時にも感じたことですが、やはり、エンジニアの世界はまだまだ男性が多いんですよ。

たとえエンジニアリングに興味があってスクールに足を踏み入れても、周りが男性ばかりで自分だけ女性となると、どうしても居づらさを感じるという人も少なくありません。

そういうところがネックになって、途中で辞めてしまう女性も多いんです。でも、それではもったいない。まだまだ女性エンジニアが少ない時代だからこそ、女性特化型のスクールというのも必要だと感じています。

エンジニアになったのは「自由に生きる」ため

――そもそも、Tomokaさんがエンジニアになった理由は? 元々、ものづくりに興味があったのでしょうか?

実は、全然そうじゃないんですよ。周りのエンジニアの人は「ものづくりが好きで」ってよく言うんですけど、私はそういうのは一切なかったんです。

――ではなぜ?

一言でいうと、「自由に生きたかったから」。

――自由、ですか。

はい。「自由に生きる」ために、エンジニアになりました。

私は元々飽き性で、何かに縛られるのが大嫌い。「終身雇用」なんて聞くと、逆に怖いなって思っちゃう。決まったルートをずっと歩み続けるっていうことが、どうしても性に合わないんです。

エンジニアになろうと決めたのは、大学2年生の時でした。アメリカ留学をしたことをきっかけに、「プログラミングスキルさえ身に付ければ、どんな企業でも、どんな国でも働ける」って思ったんです。すごく単純ですけど(笑)

「自分の人生、自分で舵取りするために」女性特化プログラミングスクール監修者・Tomokaがエンジニアになったワケ
(画像=アメリカ留学中のTomokaさん、『Woman type』より引用)

自分が生きる国、過ごす場所、そういったものの選択肢を最も多く持てる仕事は何か。寿司職人なんかも考えましたけど、最終的に行き着いたのが、エンジニアの仕事でした。

――人生の中で「こうしなければいけない」「こうせざるを得ない」という状況を、できる限り排除したかったわけですね。

自分の意志が伴わない選択はできる限りしたくない。私が考える「自由に生きる」とは、言い換えると、人生の主導権を自分で持てる状態であること、なんですよね。

では、人生の舵を自分で取るために何が大事か。それは、場所がどこであれ使える「手に職」だろうと。

――エンジニアになると決めて、プログラミングを独学で学び始めて……シリコンバレーに行くことはいつ決めたのでしょうか?

本当は、大学卒業後すぐにでも行きたかった。アメリカ留学から帰って来た時、「またここに戻りたい」と強く思ったんです。日本に戻って就職活動のことを考え始めた時も、「どうやったらアメリカで働けるか」ということしか考えていませんでした。

でも、実務経験もないのにいきなりシリコンバレーで働くというのはやっぱり難しくて。まずは国内でエンジニアとしての経験を積もうと考えました。