100均で購入できる祝儀袋・のし袋をまとめました。祝儀袋やのし袋を使うときのマナーについても紹介するので、参考にしてみてください。100均で購入できる祝儀袋・のし袋にはいろいろな種類があります。100均とは思えないクオリティの祝儀袋・のし袋を役立てましょう。

ご祝儀袋はどこで買えるの?

結婚式などのお祝い事に欠かせないご祝儀袋。いざ用意するときに「どこで買おうか」と迷う場合もあるのではないでしょうか。ご祝儀袋を気軽に手に入れたいときにおすすめなのが100均。

100均にはバリエーション豊かなご祝儀袋がそろっています。100均とは思えないクオリティのご祝儀袋も多いので、ぜひ役立ててみてください。

のし袋・祝儀袋のマナー

まずは、ご祝儀袋のマナーからご紹介します。ご祝儀袋を使う場合、相手への失礼にならないようにマナーを把握しておくことが大切。うっかりマナー違反にならないように気をつけていきましょう。

のし袋のそれぞれの名称

のし袋の中央部分にある紐が重なったようなものは、水引と呼びます。贈答品には欠かせないものです。

右上にあるものは熨斗(のし)で「のしあわび」の略です。のしあわびの「あわび」とは正にあの海にいる「アワビ」のことで、アワビを干して薄くしたものを神様への供え物にしていたことに由来しています。

中央の上部には「御祝」などの名目を、下部には名入れを行います。基本を覚えた上でのし袋を使っていきましょう。

水引の結び方・種類

水引は、結び方で意味が変わります。花結び(蝶結び)は、簡単に解けることから「何度あっても良いこと」に対して使います。出産や新築、入学、お中元、お歳暮などに使うのが一般的。水引を1回結んだら左側に輪を作り、右側の水引を潜らせたらできあがりです。

結び切りは、「一度きりで良いお祝い事」に対して使います。結婚や快気祝いに使うことが多いでしょう。水引の左右を交互に重ねます。左側の水引で輪を作り、右側の水引を輪の中に入れます。左右をそれぞれ引っ張ったら完成です。

お札の入れ方と相場

のし袋には新札を準備しましょう。披露宴に出席する場合、会社の同僚・部下・友人へは3万円、兄弟や姉妹へは5万円が相場です。相手との関係性によっても金額が変わるので、周囲と相談してみましょう。

お札は、肖像がある方が表になるように、全て揃えて入れるようにしてください。

100均ののし袋・祝儀袋【ダイソー編】

それでは、100均でおすすめしたいのし袋・祝儀袋を見ていきましょう。まずはダイソーからです。ダイソーにはきちんとしたクオリティの袋がそろっているので、活用してみてください。

祝儀袋「伝統の金封」

ダイソーで販売されている伝統の金封は上品な雰囲気を感じられる祝儀袋です。縁起が良い金色と赤色を使っているので、お祝い事に使うのにぴったり。結婚式のご祝儀袋として使うのに最適です。100均とは思えない高級感ですね。

祝儀袋・あわび結び(筆ペン付き)

結び切りの一種であるあわび結びのご祝儀袋です。

こちらの祝儀袋は筆ペンがついているのがポイント。祝儀袋の準備を忘れたときも、すぐに表書きなどを記入することができます。祝儀袋のためだけに筆ペンを購入するのは手間という方にも良い商品と言えるでしょう。

祝儀袋・結婚祝い用・ピンク色

かわいらしいご祝儀袋が欲しいときは、ピンク色を選んでみてはいかがですか。ご祝儀袋は白をベースにしたものが多いので、個性を出すことができます。