国民年金基金制度は、自営業やフリーランスなどの「国民年金第1号被保険者(以下:第1号被保険者)」が加入できる年金制度です。

公的年金で税金面での恩恵がありますが、「掛金が高いのでは?」と敬遠する人もいるようです。そこで、今回は国民年金基金の基礎知識や、加入前にできる掛金のシミュレーションについて、詳しく解説します。

国民年金基金の概要と加入できる人

(写真=PIXTA)

国民年金基金は、第1号被保険者のための公的年金制度です。その掛金は、国民年金(老齢基礎年金)に上乗せできます。

国民年金基金には、各都道府県の住民を対象とする「地域型基金」と、特定の職種向けの「職能型基金」があります。

加入できるのは以下の人たちです。

  • 国民年金の第1号被保険者とその家族
    ※保険料免除の学生と農業年金保険加入者を除く
  • 厚生年金に加入していない60~65歳の人
  • 任意で国民年金に加入している海外居住者

国民年金基金のメリット

国民年金基金のメリットのひとつに掛け金の全額が所得控除の対象となる点があります。(ただし国内居住者に限る)。これにより、所得税や住民税の負担が軽減されます。

また、一般的な個人年金は4万円までしか所得控除されないのに対し、国民年金基金は全額が控除の対象になるので、掛金額が多いほど、税金の控除額も大きくなるメリットがあります。

加入前に掛金や将来の年金支給額をシミュレーションできるのも大きな魅力です。

国民年金基金の給付の種類と給付の型

国民年金基金で給付される年金は、加入者が60歳または65歳から給付される「老齢年金」と、加入者が加入期間または保証期間中に亡くなった場合に遺族がもらう「遺族一時金」です。

また、給付の方法にも次のような種類があります。

・終身年金(65歳支給開始)
A型 15年保証
B型 保証なし
※1口目は終身年金を選びます

・確定年金(65歳支給開始)
Ⅰ型 15年保証
Ⅱ型 10年保証

・確定年金(60歳支給開始)
Ⅲ型 15年保証
Ⅳ型 10年保証
Ⅴ型 5年保証

国民年金基金の「年金額シミュレーション」では、上記の給付型をもとに、毎月の掛金や年金などのシミュレーションができます。

年代別に国民年金基金の掛金シミュレーション

(写真=PIXTA)

それでは、実際に年金額シミュレーションを行ってみましょう。

50歳未満の人

年収400万の40歳女性がA型とⅠ型を選んだ場合でシミュレーションします。

▼40歳女性がA型とⅠ型を選んだ場合

  • 掛金の月額 1万7440円(年額で20万9280円)
  • 払込期間 20年
  • 年金受取額 65~80歳 24万9700円(年額)
          80歳以降 18万7200円(同) 税金は所得税と住民税の合計で、年間およそ6万3662円軽減され、実質の掛金は年間14万5618円になります。

    50~60歳の人

    次は、50歳の女性が40歳女性と同じ条件で同じ給付の型を選んだ場合です。

▼50歳の女性がA型とⅠ型を選んだ場合

  • 掛金額月額 2万7300円(年額32万7600円)
  • 払込期間 10年
  • 年金受取額 65~80歳 18万円(年額)
          80歳以降 12万円(同) 税金は所得税と住民税の合計で年間およそ9万9655円、実質年金掛金は22万7945円となります。

    40歳の人と比べると1月あたりの掛金額が約1万円上がり、その分税金の控除額も上がります。しかし、加入期間が短い分年金額が約半額となってしまいます。

    60歳以上の人

    最後に、同じ条件の60歳の人でシミュレーションを行います。

▼60歳の女性がA型とⅠ型を選んだ場合

  • 掛金額 月額3万700円(年額36万8400円)
  • 払込期間 5年
  • 年金受取額 65~80歳 9万円(年額)
          80歳以降 6万円(同) 税金は所得税と住民税の合計で年間およそ11万2677円、実質年金掛金は25万6333円となります。

    60歳からだと加入期間がわずか5年となるため、年金額は40代よりかなり少なくなってしまいます。

    つまり、加入時期が早いほど、掛金の負担を抑えながら年金を増やせてお得ということになります。

    国民年金基金の「年金額シミュレーション」をやってみよう

(写真=PIXTA)

第1号被保険者の老後を支える国民年金基金は、早く加入するほど掛金の負担が少なく、将来もらえる年金が増えてお得です。加入を迷っている人は、加入前に「年金額シミュレーション」を行い、自分の年齢や希望に合わせてベストな掛金プランを選ぶことをおすすめします。

iDeCo(個人型確定拠出年金)を始めてみる

iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。iDeCoの魅力はたくさんありますが、特に次の3つが大きな魅力です。

・税金の面でとても優遇されている
・毎月5千円から始められる
・投資信託の手数料がとても安い

老後に向けた準備としてiDeCoを始めるのに、おすすめのネット証券をご紹介致します。

iDeCoにおすすめのネット証券比較表
(2020年6月時点)
証券会社名 SBI証券 楽天証券 auカブコム証券 マネックス証券 松井証券
投資信託
本数
オリジナル:38本
セレクト:37本
32本 27本 25本 12本
加入手数料 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829
口座管理料 ¥171 ¥171 ¥171 ¥171 ¥171
サポート体制 平日・土曜の8:00?18:00
(※土曜は新規加入に関す
る問い合わせのみ受付)
平日10:00~19:00
土曜9:00~17:00
平日10:00~19:00
土曜9:00~17:00
平日9:00~20:00
土日9:00~17:00
平日8:30~17:00
特徴 ・iDeCo加入者数No.1で10
年の実績をもつネット証券
最大手
- iDeCo専用ロボアドバイ
ザーによって好みに合った
商品を選択できる
資産運用しやすい管理画面
と無料セミナーなどの充実
したサポート
残高に応じてau WALLETポ
イントが貯まる(一部商品)
ロボアドバイザーによるiDe
Co専用無料ポートフォリオ
診断があり、簡単な質問に
答えるだけで最適な資産運
用が可能
「iDeCoシミュレーター」で
iDeCoを利用した場合の節税
額を簡単にチェックできる
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

文・大岩楓

【こちらの記事もおすすめ】
老後のための、幸せ貯金計画
「老後のお金」3つのポイント
豊かな老後のための3つのToDo
人生100年時代に必要な「生涯学習」って?
独身女性が安心できる貯金額はいくら?