出産後に突然食欲が止まらなくなったママはいませんか? また、子育てのストレスからついつい何かを食べてしまうというママも多くいます。産後のママの食欲が止まらない理由は何なのか、食べること以外でストレス解消する方法はないのかについてご紹介します。

食欲が止まらないママ急増中!

『はいチーズ!clip』より
(画像=『はいチーズ!clip』より)

「産後は食べても食べてもお腹がすく! 」というママの声が多く、なかなか妊娠前の体重に戻すことが難しいものです。授乳中は、母乳を作るのにエネルギーが必要ですが、卒乳後も同じペースで食べていませんか? 慣れない育児によるストレスを解消するためについつい甘いものを食べてしまうママ達が急増中です。

このまま食べ続けていいか自己嫌悪に陥りながらも抜け出せないスパイラル。どう切り抜けるか一緒に考えていきましょう!

ママ達の食欲が止まらないのはなぜ?

『はいチーズ!clip』より
(画像=『はいチーズ!clip』より)

ママの食欲が止まらない理由を理解して上手に食欲をコントロールできるようになりましょう。

産後で母乳をあげているから

授乳中は普段よりも母乳を作り出すためにエネルギーが必要となります。母乳はエネルギー満点で100mlあたり65kcalもあります。個人差はもちろんありますが、授乳期のママは1日あたり平均780mlの母乳を作り出しているので、約500kcalを赤ちゃんに与えているのです。これを運動にすると、1時間以上のジョギングに相当します。母乳をあげると食欲が増すはずですね。

産後のホルモンバランスの乱れ

女性は妊娠・出産のタイミングでホルモンの分泌量が変わります。妊娠後はエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが大量に分泌。出産後、徐々にこれらのホルモンは減少していきますが、プロゲステロンだけ遅れて減少していきます。プロゲステロンは食欲を増進させ、体内に吸収した栄養を溜め込む働きもあります。妊娠中や生理前に太りやすいのはこのホルモンの影響と言われています。産後こういったホルモンバランスの乱れにより、食欲や体重がコントロールしにくくなるのです。

生理によるホルモンバランスの乱れ

生理前1週間はホルモンバランスが乱れやすい時期。プロゲステロンの分泌が急激に増え、エストロゲンとのバランスが崩れてしまいます。体重増加しやすいだけでなく、体の不調(疲れやすい、イライラ、肌荒れ、乳房痛、むくみ、頭痛、腹痛など)も起こりやすい時期です。ストレスや睡眠不足がたまっていると、ホルモンバランスが乱れやすいため、産後はこういった不調が出やすいです。

子育てのストレスも食欲が止まらない原因

『はいチーズ!clip』より
(画像=『はいチーズ!clip』より)

「ストレスが溜まるとやけ食いしたくなる」というママも多いことでしょう。これは脳のホルモンと関係しています。ストレスが溜まると、脳からドーパミンというホルモンが多く分泌されます。ドーパミンは食欲をアップさせる働きも持っています。さらに、ストレスを感じると、満腹中枢を刺激して食欲を抑えるレプチンというホルモンの働きが鈍くなります。このダブル効果で食欲が止まらなくなります。

食欲が止まらないときにできる対処法

『はいチーズ!clip』より
(画像=『はいチーズ!clip』より)

ホルモンバランスの乱れによって食欲が止まらない場合は、意識的に食事をコントロールしていく必要があります。具体的な対処法を見てみましょう。

一日に必要なカロリーを知る

1日に必要なカロリーは年齢で変化する基礎代謝と活動レベルによって決まってきます。30代40代の女性で活動量が普通の場合、1日約2000kcalが必要なカロリーとなります。もし授乳中であれば、さらに約500kcalは消費されるので1日約2500kcalが目安となります。

  • 朝食:トースト120g・ポテトサラダ・目玉焼き・牛乳200g・オレンジ
  • 昼食:ごはん280g・豚肉のしょうが炒め・きゅうりとしらすのおろし和え・ひじきの煮物・りんご
  • 夕食:ごはん280g・シーフードフライ・小松菜のごま和え・煮物・あさりのすまし汁

1日に必要な食事量目安を把握しましょう。

日常にダイエットを取り入れることを意識

基準摂取カロリー以上のエネルギーを摂取している人は日々のダイエットを意識しましょう。例えば、カロリーの高いスナック菓子や甘いケーキをおやつにするのではなく、カロリーの少なめのゼリーや子供用おやつに変えてみたり、少しつまめるナッツなどにしてみるのも手です。また、子供とのお散歩や外遊びを増やして活動量をあげることも一つの対策です。

子供との食事では量に気を付ける

子供と一緒に食事をしていると、自分の食事だけでなく残した子供の食事ももったいないと食べてしまうことも。すると、気づかないうちにママがカロリーオーバーしてしまうことがあります。子供の食事は少量をお皿に盛ってあげて、食べられたらおかわりスタイルにするといいでしょう。