お宮参りでは初穂料や赤ちゃんの祝い着代などさまざまなお金がかかります。どんなお金がいくらぐらいかかるのか、初穂料のマナーなど解説していきます。赤ちゃんの初めてのイベントを気持ちよく迎えるために、事前に準備しておくと安心ですよ。

お宮参りの初穂料とは?

初穂料とは、お宮参りのご祈祷を受ける時の謝礼です。「初穂」とは1年ではじめて収穫した稲穂のことを指し、昔はそれを神様に収める習慣がありました。現代では、お宮参りのようにご祈祷やお祓いを受ける際、神社へ納めるお金を「初穂料」と呼びます。

初穂料の金額はいくら?

初穂料で納める金額は、一般的に5000円~10000円です。神社によって金額が異なるので、事前に問い合わせをしたり、神社のHPを確認すると金額が記載している場合もありますよ。「お気持ち程度」と言われる場合もありますが、その際は5000円~10000円を納めるといいですね。

初穂料の封筒の書き方・渡し方

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

初穂料を納める際にはのし袋に包んでお渡しします。こののし袋にも、のし袋の種類、入れるお金について、表書きの書き方などの決まりごとがありますので、詳しくご紹介していきます。

初穂料に適したのし袋

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

初穂料を包むのし袋は、水引が紅白で蝶結びのものを使用します。蝶結びには何度も結べるという意味があるので、何度繰り返してもよい祭事の時に使います。コンビニや100均でも購入できますが、選ぶ際には無地の白いものを選びましょう。

包むお金は新札でなくてもOK

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

初穂料は神社の神様に捧げるものなので、出来るだけ状態のきれいなものを選びましょう。新札でなくても大丈夫ですが、あまりにシワが目立つ場合はアイロンをかけてお札をきれいにするという方法もあります。

表書き・中袋・裏面の書き方

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

文字は筆書きしましょう。苦手な方でも書きやすいペンタイプのものもたくさん販売されています。

【表書き】
上段には「初穂料」「御初穂料」もしくは、「玉串料」「御玉串料」のいずれかを書きます。神様にお納めするお金を一般的に玉串料と言いますが、初穂料の方がおめでたい感じがするので「初穂料」と書く方が多いです。下段には赤ちゃんのフルネームを書きます。

【中袋の表書き】
包んだお金の金額を中央に書きますが、この時の金額の数字は「大字(だいじ)」で書きます。一は壱、二は弐、三は参、五は伍、十は拾、千は仟、万は萬に書き換えましょう。例えば10,000円を包む場合は「金 壱萬円」、5,000円を包む場合は「金 伍仟円」です。

【中袋の裏書き】
左下の部分に「住所」と「赤ちゃんのフルネーム」を書きましょう。 

【中袋がないタイプの裏書き】
左下の部分に、右側から「金額」「住所」を書きましょう。この場合も金額は大字です。

初穂料の渡し方

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

初穂料を渡す場所は神社によって異なります。規模の大きな神社の場合は社務所などで受付を行い、申込書と一緒に初穂料を渡します。一般的な神社であれば、御祈祷の最初か終わりに神主さんに直接渡す場合も多いです。いずれの場合も、渡す時には「どうぞ、お納めください。」といったような一言を添えるとよいでしょう。

お宮参りでかかるお金の種類と金額

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

お宮参りとは、赤ちゃんが生まれて初めて氏神様に参拝に行く行事のことで、生後1ヶ月頃に行います。お宮参りはお参りをするだけではなく、祝い着を着せて記念写真を撮ったり、その後会食をしたりと準備することもたくさんあります。平均的に何にどのくらいの金額が必要なのかをご紹介します。

種類相場概要
初穂料 5,000円~10000 神社によっては金額が指定されている
写真代 20,000円~ 現像の枚数、衣装レンタルにより金額が違う
祝い着 10,000円〜 購入するかレンタルかで金額に差がある
会食費 3,000円~(1人) 飲食店のお宮参りプランは5,000円〜

初穂料

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

神社でご祈祷をしてもらった時に、お納めするお金のことを初穂料(はつほりょう)、または玉串料(たまぐしりょう)といいます。一般的に神社には金額提示がなく「どうぞ、気持ちでお納めください。」といったところが多く、困惑してしまうこともあります。神社によっては金額があらかじめ決まっているところもありますが、決められていない神社での金額は5,000円〜10000円が相場です。のし袋の用意も必要ですので、あらかじめ準備をしておきましょう。

写真代

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

お宮参りをしたら、写真館などで記念写真を撮るご家庭も多いです。最近の写真館では衣装のレンタルでき、さまざまなプランがありますが、写真代は現像する枚数で金額が決まります。注文する枚数により金額は大きく異なりますが、平均的には20,000円〜30,000円です。表情豊かな赤ちゃんの写真を見ると、何枚でも買ってしまいそうになるので、何枚くらいにするか決めておくのがおすすめです。

赤ちゃんの祝い着

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

最近では、お宮参りにベビードレスを着せて行くパパママも増えていますが、一般的に赤ちゃんは「祝い着」という着物を着ます。祝い着の他に必要なものは、祝い着用のよだれかけ、お守り、帽子です。正絹などの高級品であれば上に限りがない値段のものもありますが、販売されているものは一般的には30,000円〜です。レンタルだと10,000円〜が多いです。ただし、撮影料とセットで衣装代は無料レンタルという写真館もありますので、選択肢は多くあります。

会食費

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

お宮参りは午前中に行われるのが一般的で、参拝後に昼食をかねて会食を行うことが多くなっています。自宅でテイクアウトなどで行なった場合1人あたり3,000円〜、お店で懐石などのコース料理の場合は1人あたり5,000円からが平均的な金額です。