Waffle×Woman type
ITをカラフルにする現場から

現在、日本のIT業界における女性技術者の割合は15%以下。日本で理系分野の学部に所属する男女比は、OECDワースト1位。この、テクノロジー分野のジェンダーギャップを解消するには…?一般社団法人Waffleの二人が「ITと女子」を取り巻く問題や、課題解決に向けての取り組みを発信していきます。

こんにちは。一般社団法人Waffleの田中沙弥果です。私たちはIT分野のジェンダーギャップを解消するために女子中高生向けのIT教育と政策提言を実施している非営利法人です。

今回は、私の過去の経験から、女性が「自分らしい」生き方を実現するために必要なことについて、私なりの考えをお伝えしたいと思います。

「らしさ」という呪縛

普段、女子中高生たちにIT教育プログラムを提供していると、さまざまな「らしさ」という呪縛があるなと感じることがあります。

「女の子なんだから文系でいい」など、性別役割分業の考え方によって、自分の興味・関心よりも、社会的な理想に当てはめるようなメッセージを発してしまっている大人もいるでしょう。

特に、中高生の段階は、文理や進路という将来の大きな方向性を選択する時期でもあります。平成30年度内閣府委託調査“働く上でのイメージや進路選択において影響をうけたもの”によると、女性の場合、中高生の時期及び大学等進学時に最も影響を受けるのは母親という結果が出ています。

実際にWaffleの活動に参加する女子高生から「データサイエンティストに興味があるのに、親から勧められている医療系の学部に行かないと学費を出してもらえない」という相談を受けたこともあります。

思い返せば、私も女子高生時代、父親よりも母親のたった一言にとても影響されてきました。

私はもともと「他人軸」で生きてきた

今でこそ私は一般社団法人Waffleを立ち上げ、自分らしく生きていると自負していますが、20代前半までは他人軸で生きてきた人間です。

親からの“らしさ”という呪縛。自分軸の人生を生きるために必要なこと
(画像=『Woman type』より引用)

例えば、高校受験では母親からの「●●高校は進学校で自由な校風でいいらしいよ」という一言でその学校を第一志望校と決めたり、高校進学した後の部活も、中学生の頃から仲が良かった友達に「一緒の部活に入ろう!」と言われ、あまり興味のなかったバトントワリング部に入部したりしました(部活に関しては、その友達はバレー部に入部していて、私の聞き間違いだったことが後ほど判明しました(笑))。

その他にも、母親に「高収入で食いっぱぐれなくて、ライフイベントがあっても職場復帰しやすい薬剤師になったら?」と言われ、薬剤師を目指した過去もあります。

まるで自分の人生は他人が決めているといっても過言ではないほどの10代でしたが、私が徐々に自分軸で生きられるようになったのは、就職活動の時期でした。