自殺は日本の社会問題にもなっていますが、芸能人にも自殺や事故死とされている人がいます。芸能人の自殺と聞くと、韓国を思い浮かべる人が多いでしょう。実は、日本の芸能人にも自殺者がいるのです。なぜ自殺や事故死をしてしまったのかについてまとめました。

ミュージシャンやアイドルも!自殺&事故死とされている芸能人衝撃ランキングTOP30!

自殺&事故死とされている芸能人衝撃ランキングTOP30!その真相は?
(画像= unsplash.com/photos/SO_GRDf3sTo、『Lovely』より引用)

芸能人や有名人の自殺や事故死というのは、とても衝撃的です。その芸能人や有名人のファンの人にとっては、悲しくて辛い事実を叩きつけられることでしょう。

今回は、衝撃的な理由を持つ自殺や事故死の芸能人について紹介します。なぜ亡くなったのかを知り、今ある自分の命を大切にしましょう。

第30位:伊丹十三

生年月日:1933年5月15日
亡くなった日:1997年12月20日
享年:64歳
職業:映画監督、俳優、エッセイスト

様々な才能を持つ人物で、俳優としてもマルチタレントとしても成功していました。しかし、1997年の12月、プロダクションがあるマンションから飛び降り自殺をしたのでは?と思われる形で遺体として発見されています。

伊丹十三さんの自殺の原因は様々なことが言われています。1つは不倫報道で記者に追われたこと、さらには暴力団関与の疑いがあったことなどです。遺書には「身をもって潔白を証明する」と書かれていたとのことですが、この遺書が本物かどうかも怪しまれています。

結果的に警察は自殺と判断していますが、自殺を否定する声も出ているのが事実です。

第29位:又野誠治

生年月日:1960年11月25日
亡くなった日:2004年3月23日
享年:43歳
職業:俳優

「太陽にほえろ!」シリーズに出演し、人気があった俳優です。飲食店「Aサイン」を経営していたのですが、お店で布を首に巻き付けたまま倒れているところを発見され亡くなりました。

警察が現場検証をしたところ、争った形跡もなかったとのことで自殺と言われています。前年に結婚して子供もいたのですが、自分に仕事がないことに悩んでいたようですね。

第28位:伊良部秀輝

生年月日:1969年5月5日
亡くなった日:2011年7月27日
享年:42歳
職業:プロ野球選手

メジャーで活躍する人気のある選手でした。自殺したのは、ロサンゼルスの自宅です。首を吊った状態で発見されています。自殺の理由は、事業に失敗したことや妻や子供と別居していたこと、仕事が思うようにいかなかったことが挙げられています。

第27位:後藤浩輝

生年月日:1974年3月19日
亡くなった日:2015年2月26日
享年:騎手
職業:40歳

首の怪我に悩まされながらも競馬ファンから人気がある騎手でした。亡くなる前に馬から落馬し頸椎をねんざしています。その後、リハビリなどをしていたのですが、自宅で首を吊って自殺をしていたところを妻に発見されました。

自殺前には子供をお風呂に入れたとのことです。また、ねんざした怪我も順調に回復しており、遺書もないことから、なぜ自殺したのか謎に包まれています。

第26位:井上大輔

生年月日:1941年9月13日
亡くなった日:2000年5月30日
享年:58歳
職業:ミュージシャン

作曲家としても活動したミュージシャンです。2000年に自殺してしまいましたが、原因は網膜剥離の手術がうまくいかなかったことや、病気の妻の介護疲れと言われています。

翌年には、妻も自宅で自殺していたところが発見されています。

第25位:高田真理

生年月日:1947年5月7日
亡くなった日:2006年9月26日
享年:59歳
職業:歌手

青い三角定規のメンバーです。ヒット曲をどんどん出したのですが、一時期は音楽活動から離れ無職になったこともあります。しかし、青い三角定規を再結成することになり精力的に活動しようとしていました。

その直後に原付バイクで人身事故を起こしたことで、強いバッシングを受け、青い三角定規の再結成も見送られることになりました。それらのことが重なって、埼玉県の団地から飛び降り自殺をしたのです。

第24位:伊藤隆大

生年月日:1987年6月25日
亡くなった日:2009年3月8日
享年:21歳
職業:声優、俳優

伊藤淳史さんの弟である伊藤隆大さんは、車の中で練炭自殺をして命を落としています。まだ21歳でした。遺書も見つかっているのですが、内容は公開されていません。ただ、亡くなる前もとても明るかったとのことです。

第23位:青木達之

生年月日:1966年8月15日
亡くなった日:1999年5月2日
享年:32歳
職業:ミュージシャン

東京スカパラダイスオーケストラのドラマーとして活躍した人物です。なんと、線路上に横たわっているところを、電車に轢かれて亡くなったとのことです。

生活で悩みがあり、ホームから自殺を図ったと言われています。

第22位:清水由貴子

生年月日:1959年9月7日
亡くなった日:2009年4月20日
享年:49歳
職業:歌手、女優、タレント

「ユッコ」の愛称でとても人気があった人物です。2009年に介護をしていた母親と亡くなった父親のお墓に行くと家を出て、いつまでも帰ってこなかったために家族が霊園に探してもらったところ亡くなっていました。

父親のお墓の前で硫化水素を使った自殺をしたのです。母親も意識が一時なくなっていたため、心中だったのではないでしょうか。遺書もあったとのことです。亡くなった後に妹が本を出版したことで、介護うつで自殺したことが分かっています。

第21位:大佑

生年月日:1978年7月30日
亡くなった日:2010年7月15日
享年:31歳
職業:歌手、ドラマー

自分のやりたい音楽をやりたいように表現することで有名でした。しかし、精神薬とアルコールの大量摂取をして自殺しています。自殺理由は明らかではありませんが、インタビューで「心の支えを失った」と言っていたと言われています。

第20位:可愛かずみ

生年月日:1964年7月9日
亡くなった日:1997年5月9日
享年:32歳
職業:女優

かわいらしさと人柄の良さで、芸能界にも様々な知り合いがいたと言われています。亡くなる数年前に交際していたヤクルトの川崎憲次郎さんと結婚すると言われていましたが、怪我をした川崎憲次郎さんが治療に集中したいことから結婚がなくなりました。

その後、精神的に不安定になり何度も自殺未遂をしています。亡くなった1997年5月9日にも手首を切っているのですが、一命はとりとめました。しかし、その後マンションから飛び降りて自殺しているのです。

実は、違う男性と結婚が決まっていたため棺桶にはウェディングドレスが入れられたと言われています。

第19位:南条あや

生年月日:1980年8月13日
亡くなった日:1999年3月30日
享年:18歳
職業:ネットアイドル

精神的に不安定なところがあり、中学1年生のときからリストカットを繰り返していました。死に至るようなことはしなかったのですが、ある日カラオケボックスで向精神薬の大量服薬をし昏睡状態で病院に運ばれ、そのまま亡くなっています。

亡くなった原因は、自傷行為を日常的にしていたことで心臓に疾患ができていたためです。

第18位:ポール牧

生年月日:1941年8月2日
亡くなった日:2005年4月22日
享年:63歳
職業:コメディアン、タレント

指パッチンでとっても有名になった芸能人です。人を笑わせるのが仕事だった人物ですが、投身自殺により命を失っています。実は、出家してお寺の住職にまでなっていた人です。それなのになぜ自殺をしたのでしょうか。

その頃使っていた携帯電話のメールが全て消されていたり遺書がなかったことで自殺の理由は明らかになっていません。しかし、仕事が減少したことで、うつ病になっていたと言われています。

第17位:河合義隆

生年月日:1947年1月18日
亡くなった日:1990年4月30日
享年:43歳
職業:映画監督、演出家

映画監督である河合義隆さんは、配偶者がありながら不倫していました。不倫相手は、女優の荻野目慶子さんです。その荻野目慶子さんのマンションで首つり自殺をしています。

荻野目慶子さんが別れ話を持ち出すと、「死にたい」と言っていたとのことですが、結果的にマフラーを使って自殺しています。世間では、「不倫自殺」と呼ばれました。

第16位:ねこぢる

生年月日:1967年1月1日
亡くなった日:1998年5月10日
享年:31歳
職業:漫画家

「ねこぢるうどん」などで知られる漫画家ですが、かなりヒットしたことで仕事が多忙になりとても精神が追い詰められた結果自殺しています。首つり自殺でした。自殺する前にも何度も自殺未遂を繰り返したとのことです。

うつ病で病院通いをしていたこともあり、多忙になったことで精神が崩壊し、もう仕事をするのも嫌になっていたと言われています。自宅トイレのドアノブにタオルをかけて自殺しました。