「ガラスの天井」という言葉をご存じだろうか。女性が組織内でのキャリアアップを目指すときに、一定よりも先に進めなくなる状況を「目に見えない障壁に阻まれている」と表した言葉だ。

近年、結婚・出産後の女性が働き続けることが当たり前となりつつある。女性活躍というフレーズもよく耳にするようになった。それでも、2021年3月31日に発表されたジェンダー・ギャップ指数2021では、日本は153カ国中120位。G7の中では最下位となった。

「ガラスの天井は、今もまだ確かに存在します」

そう話すのは、『国際女性ビジネス会議』を主催する株式会社イー・ウーマン代表取締役社長・佐々木かをりさん。過去25年間の『国際女性ビジネス会議』開催を通じ、世の中の確かな変化を感じる一方で、それでもまだ日本には男女不平等が蔓延していると佐々木さんは断言する。

それはなぜか? 今の日本で女性が理想のキャリアを実現するためにはどうすべきなのか? 詳しく聞いた。

ガラスの天井の残る日本で、私たちにできること「“女性だから”と諦めないで。毎日学び、前進を」
(画像=株式会社イー・ウーマン
代表取締役社長 佐々木かをりさん
大学卒業後、株式会社ユニカルインターナショナルを設立。70言語対応の通訳・翻訳、トレーニングなどを行う。96年より毎夏「国際女性ビジネス会議」開催。2000年、株式会社イー・ウーマンを設立し、コミュニティサイト「イー・ウーマン」を開設。働く女性の声を発信する場や「ダイバーシティインデックス」の提供など、企業へのダイバーシティコンサルティング、「表参道カレッジ」などを行っている。テレビ朝日「ニュースステーション」リポーター、「CBSドキュメント」キャスター、フジテレビ「とくダネ!」コメンテーターなどを歴任。国際女性ビジネス会議総合プロデューサー兼実行委員長。内閣府・男女共同参画会議議員ほか、政府審議会委員、大手企業の社外取締役などもつとめる。土日のあるバーチカル手帳「アクションプランナー」を発明し日本に時間管理ブームも作った。2児の母であり、09年ベストマザー賞<経済部門>、21年ブルガリ・アウローラアワードを受賞。ブログ、Facebookなども人気。
公式サイト:kaorisasaki.com/
公式Facebook:facebook.com/kaorisasakicom
公式Twitter:@kaorisasaki、『Woman type』より引用)

「ガラスの天井」は、まだ女性の上にある

ジェンダー・ギャップ指数について、私はこのランキングは“当然”の結果だと思っています。むしろ順位が上がらなくて良かったと感じたほどです。

なぜなら、日本は男女格差の解消のためにまだ何も動いていない状況。順位が上がれば、動きもそこで止まってしまいます。

世界の中で今どの位置にいるのか。順位を突きつけられることが、「今、もっと変わらなければ」という社会へのメッセージにつながると思います。

近年、ジェンダーの問題が各所で話題に上がることが増えてきました。私がキャリアを歩み始めた頃、日本の政治・経済・メディアといった表舞台に立つのは男性が中心。そこで取り上げられるテーマも、男性目線のものばかりでした。

ガラスの天井の残る日本で、私たちにできること「“女性だから”と諦めないで。毎日学び、前進を」
(画像=『Woman type』より引用)

しかし#MeToo運動に始まり、選択的夫婦別姓についての議論や、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長だった森喜朗氏による女性蔑視発言などがメディアで大きく報道されていた様子は、皆さんの記憶にも新しいかと思います。

これはつまり、女性の権利を無視できない時代が日本にも訪れたということ。日本の過去を見れば、大きな変化であり、機会であることは事実です。

今から30~40年前、女性のキャリアは大学を卒業した瞬間で閉ざされていました。大学でどんなに優秀な成績を修めても、履歴書に「女性」と書かれているだけで会社説明会にも参加できないことが多かったのです。

そんな時代と比較すれば、今は男女共に活躍できる社会になったように見えるでしょう。もしかしたら、20~30代の女性の中には、日常の中で深刻な男女格差を感じるシーンが少ない方もいるかもしれませんね。

ですが、ぜひ覚えておいてください。平等に見える世の中でも、男女格差は無くなっていません。女性のキャリアを阻む「ガラスの天井」が、いまだに存在しています。

だから世界で120位。日本では女性の経営者や会社役員が少ない状況が続いていますし、政界においても女性閣僚はわずか2名。こうした現状を見れば「ガラスの天井」は存在するということが分かるはずです。

「女性枠」を敬遠しないで。ポジションは取ったもの勝ち

ガラスの天井の残る日本で、私たちにできること「“女性だから”と諦めないで。毎日学び、前進を」
(画像=『Woman type』より引用)

男女間の不平等を無くし、女性も活躍できる社会にするためには、政治・経済の世界にいる男性たちに働き掛けていくことが重要です。

そのためには、二つのアプローチがあります。

一つは人権問題であることを明確に語り、格差を無くす必要があることを伝える方法。女性も男性も、同じ権利を持つことができるという基本を守ることを推進していく大切な道です。

もう一つは、男性たちにとっても女性活用はプラスになることだと「実利」があることを伝える方法です。

近年、女性活躍や人種など、多様な人が活躍している企業の方が、企業の利益が高いというデータが出ていることをご存知でしょうか。

「女性活用によって、企業が利益を上げられる」というデータを示し、実利につながることが伝われば、人権問題と言われても動かなかった人からも関心が得られる可能性があります。結果、女性の管理職・役員を増やそうと取り組む企業も増えてきました。国が女性活躍推進に舵きりしたことも影響として大きいでしょう。

ガラスの天井の残る日本で、私たちにできること「“女性だから”と諦めないで。毎日学び、前進を」
(画像=『Woman type』より引用)

そんな中、「女性枠」でポジションを与えられることに抵抗のある女性もいるかと思います。けれど、視点を変えてみれば、これまでは男性たちが「男性枠」を与えられてきただけのこと。それを嫌がる男性はいませんよね?

現在、内閣府の男女共同参画基本計画では、社会におけるさまざまな分野の指導的地位に対し、女性が占める割合の具体的な数値目標を掲げています。しかし、それがそもそもおかしなことなのです。

私は男女共同参画会議の議員を務めているので、先日の会議で、「この数値を男性にしてごらんなさい」とコメントしました。女性比率15%を目指すということは、言い変えれば「男性枠として85%を死守する」ということ。いかにいびつな状況であるかが分かりますよね。

ですから女性の皆さんには、何枠であろうと取れるポジションは取ってほしいと思います。「女性だから」と気負ったり、諦めたりする必要はありません。その役にあなたがついて、成果をあげればいいのですから。