さくマガでは仕事のヒントを得るために、さまざまな方にインタビューをしています。本記事では、女子プロレス団体「スターダム」で活躍する女子プロレスラー・白川未奈さんに、異色の経歴やプロレスラーになろうと思ったきっかけ、骨折しても心が折れなかったエピソードなどについて語っていただきました。

スターダムさんのホームページは、さくらインターネットのサーバーを利用してくれています。ぜひ、ご覧ください。

白川 未奈(しらかわ みな)さん プロフィール

1987年生まれ。青山学院大学英米文学科を卒業後、ブライダル会社に就職。25歳でグラビアアイドルに転身。ミスFLASHセミファイナリストや小学館ビジュアルウェブS準グランプリを獲得する。 “プ女子部長”というニックネームを持つほどのプロレスファンだったが、それが高じて2018年8月のベストボディ・ジャパンプロレスでプロレスデビュー。2020年10月からスターダムにレギュラー参戦。

Twitter:@MinaShirakawa

ブライダル業界からグラビアアイドル、そしてプロレスラーへ

「鼻は折れても心は折れない」プロレスラー白川未奈は人の3倍努力する
(画像=(オンラインでお話をうかがいました)、『さくマガ』より引用)

ーーどのような活動をしているのか、白川さんのことを知らない人向けに自己紹介をお願いします。

 「あなたのハートにパワーボム、白川未奈です!」

という感じで、いつもご挨拶させていただいています。プロレスラーとして活動しています。現在、第25代アーティスト・オブ・スターダムチャンピオンです。

ーーありがとうございます。白川さんはブライダル業界で会社員を経験したあと、グラビアアイドルとして芸能活動を開始し、2018年8月5日にプロレスデビューしました。異色のキャリアだと思うのですが、プロレスラーになろうと思ったきっかけを教えてください。

 グラビアアイドルとして芸能界デビューしたのは2013年、25歳のときですが、同じくらいのタイミングで、たまたまプロレスを観戦する機会があったんです。会社員からグラビアアイドルになって、それまでは人前に出ることもそこまで多くなかったですし、慣れない仕事で気分が落ち込むこともありました。そんなときにプロレスに出会ったんです。

身体ひとつで命を懸けて戦うプロレスラーの姿にとても勇気をもらいました。それでプロレスにのめり込みました。自分の悩んでいる感情と、プロレスラーがもがき苦しみながらリングで戦う姿に、自分を重ねたんです。そこから、すっかりプロレスオタクになりました。

 プロレスデビューしたのは、30歳を迎えるときになって「なにか大きなことをやらなければ」と思ったからです。それまではファンとしてプロレスを見ていましたが、自分の好きなこと、やり残したことを考えたら「やっぱりプロレスだな」と強く思ったので、この世界に飛び込みました。

人の3倍努力する

ーープロレスラーになるには相当な努力が必要だと思います。どのような努力をしたのか教えてください。

 プロレスデビューが決まるまで、本格的なスポーツをした経験がなかったんです。プロレスラーは体操、バレエ、柔道、格闘技などの柔道経験者が多いのですが、そういったバックボーンはまったくありません。練習生は、前転や倒立などのベーシックなマット運動からはじめるのですが、最初は前転も後転もきれいにできないし、倒立もできるようになるまでめちゃくちゃ時間がかかりました。

厳しい世界であることはわかっていましたが、「こんなに大変なんだ!」と実感しましたね。周りの人が1回でできても、私は何回も反復しないとできなかったので、同じ練習生よりも「3倍は練習する」と決めていました。

マット運動もそうですが、道場を使える時間が限られているので、アクロバティック教室に通ってひたすらマットだけ借りて練習していましたね。

これまでの経験上、私は決して天才肌ではないことはわかっていたので、人の3倍やってようやく普通のレベルなんです。これは自分の頭の中で、一番大事にしていたことです。

 それ以外は、ウェイトトレーニングですね。プロレスラーは、みんなで一斉にウェイトトレーニングする機会が意外とないんですよ。なので、道場以外のところで毎日、自主的にやりました。

グラビア時代はボディメイクする程度に軽い重量でトレーニングしていましたが、プロレスラーになってからは重さを扱うようトレーニング方法を変えました。きちんと戦える筋肉をつける努力をしましたね。

 あとは、プロレスの動画を見続けていました。プロレスがすごく盛り上がっていた昭和のころの試合もかなり見ましたね。なにか自分に活かせることやヒントが見つかるのではないかと思ったんです。とにかく、プロレスのことしか考えない生活をしていました。

獣神サンダーライガーさんが好きで、活躍されていた大会の映像をよく見ていました。すごく背が高いわけではないのですが、スピードもパワーも表現力もあるんです。私が理想とするプロレスラーです。

なりたかったプロレスラーになって感じたこと

「鼻は折れても心は折れない」プロレスラー白川未奈は人の3倍努力する
(画像=(写真提供:スターダム)、『さくマガ』より引用)

ーーなりたかったプロレスラーになってみて、ご自身が思い描いていた姿と比べてどうですか?

 自分が思っていたよりも厳しい世界だったな、と感じます。

デビューしてから、プロレスラーとしてまだ満足したことがないんですよ。悔しいと思うことが多いです。上にはまだまだたくさんの人たちがいますし。

外から見たらキラキラして見えるかもしれませんが、いざそこに飛び込んでみると、死ぬ気で努力しないと良いパフォーマンスはできないし、意外と泥臭い世界ですね。

ーー昨年末に試合で鼻を骨折しましたよね。痛々しい写真が印象に残っています。

 そうなんです。しかも骨折した日が誕生日だったんですよ!(笑)。 

私、これまで骨折はおろか、捻挫もしたことがなかったので、本当にびっくりしました。試合欠場を告げられて、プロレスができないことがすごくショックで「そんなの無理!」って思いましたね。メンタルのコントロールが大変でした。

本当に、忘れられない誕生日になりました。

ーー「鼻は折れても心は折れない」とツイートされていましたね。

 プロレスラーをしている以上、ケガは仕方ないことだし、それを覚悟でやっていますから。鼻のケガなんて、突き指したくらいのものだと思わないとやっていけないです。

個人的には、ケガしたことをプラスにとらえているんです。というのは、プロレスができない期間があったことで、自分はこんなにプロレスが好きなんだと再確認できたので。

ただ、ケガした直後、会場から病院に行くまでの間は「うわぁ、やっちゃった」って思いましたけどね。欠場期間を告げられてプロレスができないとわかってから、すぐ気持ちを切り替えました。

欠場中にできるトレーニングは最大限やって、欠場期間が明けたらブランクを感じない動きができるようにしようと考えました。落ち込むよりも、復帰戦に向けてできることを全部やろうと。

 とはいえ、やはりつらかったですね。プロレスは年始に試合が多いんです。たくさんの方に見ていただける時期なので……そのときにケガしてしまったのはタイミングが悪かったですね。

あと、鼻の手術をして詰め物をしていたので、マスクをすると息ができないんです。見た目はそこまで重症に見えないのですが、死ぬかと思いました(笑)。

麻酔が切れてから痛みも出てきて「骨折ってこんなに痛いんだ!」と本当にびっくりしたんですよ。鼻呼吸ができないので、寝てる間は口呼吸になってしまって、そのせいで喉もカラカラになりました。鼻も喉も痛くて、つらかったです。