お財布の中に入っている小銭。基本的には額面通りですが、モノによっては予想外の値段で売れるかもしれません。最近は電子マネーしか使わないという方も、お財布の中を覗いてみてはいかがでしょうか。

1円玉:製造枚数の少ない年は高値が付く

まずは1円玉。財布がかさばるので早く使いたいという方も多いでしょう。しかし、1円玉は3,000円の高値がつくモノもあるようです。

高値が付くのは古いものではなく、平成23年~25年、平成28年~31年、そして令和元年の1円玉です。

下記は造幣局の資料から抜粋した年別の1円玉の製造枚数。平成23年ごろから、一気に減少したことが見て取れるでしょう。

キャッシュレスの普及に伴い1円玉の使用頻度が減ったことにより製造枚数も激減したのです。

年別 1円玉の製造枚数
平成元年 2,366,970
平成10年 452,612
平成15年 117,406
平成20年 134,811
平成22年 7,905
平成23年 456
平成24年 659
平成25年 554
出典:独立行政法人造幣局

5円玉:やはり製造枚数の少ないものは高値に

5円玉に高値が付くのはやはり製造枚数の少ない年で、平成22年~25年のものです。5円玉は平成22年からの4年間製造枚数が激減しました。1円玉同様に、キャッシュレスの普及により流通量が減ったためと考えられます。

50円玉:昭和62年を境に製造枚数が減少

50円玉は昭和62年を境に製造枚数が減少していきます。この年の発行枚数は77万5,000枚。昭和49年が4億7,000万枚だったことを考えると、いかに少ないかわかるでしょう。また、昭和64年は製造されず、他の硬貨同様、平成22~25年には製造枚数がガクンと落ちています。