次のチャレンジ応援します!
Another Action Starter

日々の暮らしの中で、ちょっとしたチャレンジをすること。それが、Woman typeが提案する「Another Action」。今をときめく女性たちへのインタビューから、挑戦の種を見つけよう!

【高野麻里佳】「声優、辞めようか」悩みの時期を乗り越え辿り着いた“胸を張れる”新境地
(画像=『Woman type』より引用)

『デジモンアドベンチャー:』の太刀川ミミや、『ウマ娘 プリティーダービー』のサイレンススズカを演じ、2021年2月にはアーティストデビューも果たした声優・高野麻里佳さん。

5月27日配信開始のNetflixオリジナルアニメシリーズ『エデン』では、主人公・サラの吹き替えを務める。高野さんにとって、初の主演作だ。

27歳、声優としてますます活躍の場を広げている高野さんだが、「初主演」というビックチャレジにどう挑んだのだろうか。

初主演でもプレッシャーはなし。仕事の姿勢は常に崩さず

SFファンタジーアニメ『エデン』は、“人間は悪”とされるロボットの世界に突如現れた人間の女の子・サラと、彼女を取り巻くロボットたちの絆を描く物語だ。

制作陣には、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』を手掛けた入江泰浩監督をはじめ、豪華スタッフが集結している。

そんな中、主演を務めた高野さんだが、意外にも「プレッシャーはなかった」と笑顔で話す。

「これまで声優として7年間、サブキャラクターや準レギュラー、レギュラーなどを演じてきましたが、どの作品においても『私は、作品をつくる一員なのだ』という意識を大切にしてきました。

『エデン』ではありがたいことに主演を任せていただきましたが、仕事に臨むスタンスはいつもと同じです。主演でも、サブキャラクターでも、声優は『作品をつくる一員』であることに変わりはありませんから」

【高野麻里佳】「声優、辞めようか」悩みの時期を乗り越え辿り着いた“胸を張れる”新境地
(画像=『Woman type』より引用)

高野さんが演じたのは、ロボットだけが暮らす世界「エデン」に生きる唯一の人間サラ。“人間味”あふれる声で、キャラクターを表現する難しさがあったという。

「最初に台本を読んで驚いたのは、ロボットに育てられたのに、サラがごく普通の女の子だったこと。大人への階段を上る一歩手前にいる、人間らしくて、純粋で無敵な女の子。そんなキャラクターです。

私は役づくりの際に過去の実体験を反映することが多いのですが、今回も、自分が幼い頃に持っていた『自分は何だってできる』という万能感を思い起こしながら演じました」

一流から学んだ、固定観念に縛られない演技手法

今回、主演ということ以外にも初挑戦があったという高野さん。それは「一人の人間が赤ちゃんから大人になるまでの過程」を演じたことだ。

「赤ちゃんを演じたのも初めてでしたし、少女から大人の女性へと成長していくキャラクターを演じさせていただくのも初挑戦。とても貴重な経験をさせていただきました。

声優はいろいろな役柄を演じる機会がありますが、赤ちゃん役に関しては、できる人も限られていると思います。だからこそ、しっかり勉強して臨まなくては、と責任を感じましたね。

そこで、親戚の赤ちゃんを観察して、どんな声を出すのか、どんな息遣いなのか、真似て研究しました(笑)」

【高野麻里佳】「声優、辞めようか」悩みの時期を乗り越え辿り着いた“胸を張れる”新境地
(画像=『Woman type』より引用)

今作には、日本を代表するベテラン声優の山寺宏一さんも出演している。初共演だったという高野さんは、山寺さんの“プロの仕事”に胸を打たれたという。

「山寺さんが水を飲むシーンで、ご自身の水筒にお水を入れて実際に飲んで演じられたんです。普通はアフレコ中に水を飲むことはないのですが、そんなふうに演じることもできるのかと驚き、感動しました。 自分が『演技はこうすべき』という固定観念にいかにとらわれていたか気付くことができたんです。

演技の場以外でも、現場のスタッフや周囲への配慮を忘れない方で、そのお人柄からも学ぶことがとても多くて。『一流の背中』を見せていただきました」