モデルさんを見て、直感的に「おしゃれ!」と思ってメガネを購入したものの、自分でかけてみたら全く似合わなかったということはありませんか?自分に似合うメガネの選び方の基本と法則を押さえて、自分に似合うおしゃれメガネをゲットしましょう!

メガネはおしゃれアイテムという時代に

近年、メガネをおしゃれとしてかけるメガネ女子が増えています!

メガネと言うと度入りメガネがあたり前。ですが今ではメガネはおしゃれなファッションの1つの形として受け入れられ、「おしゃれメガネ」「伊達メガネ」という呼び名で多くの人がメガネとファッションや髪型・メイクとのコーディネートを楽しんでいます。

メガネがおしゃれなファッションの1つの形として受け入れられるようになったことで、おしゃれを諦めていたメガネ女子は、度入りのメガネ姿でもおしゃれを諦めなくても良くなりました。どうせなら自分に似合うおしゃれなメガネをかけていたいというのが女子心というもの。

ここではおしゃれにメガネをかけたい女性におすすめの、おしゃれメガネの選び方やおすすめのブランドをご紹介していきます。

おしゃれメガネと言えばこの形!

メガネのフレームの形はたくさんありますが、メガネ女子がかけるおしゃれメガネには、定番の形というものがあります。メガネなら何でも良いというわけではないようなので、おしゃれ見えするようなメガネを選びましょう。

おしゃれメガネの3大定番フォルム

  • ダサ可愛さがトレンドのウェリントンタイプ
  • レトロ可愛いラウンドタイプ
  • きれい目にも合わせやすいボストンタイプ

今トレンドのおしゃれメガネのフォルムと言うと以上の3つ。その3つのフォルム別に特徴や似合う人を紹介していきます。

おしゃれメガネを気兼ねなく楽しむなら、おしゃれメガネの定番の中から自分に似合う形・色のものをじっくり吟味して選ぶようにしましょう。

1.ダサ可愛さがトレンドのウェリントンタイプ

やや丸みのある台形のフレームが特徴です。レンズが大きく、メガネが顔面積を多く占めるため、小顔効果があります。一時はダサいメガネの代表格でしたが、近年はそのダサさが逆におしゃれだという見方をされるようになりました。

ウェリントンタイプのメガネレンズは面積が広いため、度入りレンズにすると、輪郭の抉れ具合・盛り上がり具合が分かりやすくなってしまいます。それでも度入りのウェリントンタイプにしたいという方は、出来る限りレンズを薄型にするようにしましょう。

ウェリントンタイプのおしゃれメガネは基本的に、「色」と「リムの形状」にこだわってみましょう。ウェリントンタイプのメガネは四角形寄りのフレームなので、丸顔や面長顔の人が似合いやすいです。

ベース顔の人がウェリントンタイプのメガネをかけたい場合は、メイクや髪型で丸顔・面長顔に見えるように補正をするか、少し丸みが強いウェンリントンやハーフリムのフレームを選ぶと、比較的違和感がなくなります。

ウェンリントンの王道!クラシックな太めの黒縁フレーム

ウェリントンと言えば、太い黒縁フレーム。太い黒縁フレームのウェリントンはとても存在感があるので、ナチュラルなメイクやシンプルなファッションによく合います。黒縁のウェリントンはハンサムな印象に。

リムやテンプル全てが真っ黒だと、髪型や服装次第では重くなりすぎることがあるので、顔周りはサッパリさせるか、ブリッジやテンプルだけ華奢になっているデザインを選ぶと良いでしょう。

肌馴染み抜群!優しい印象の茶系やべっ甲のウェンリントン

男前になりすぎないようにしたいのなら、茶系のウェリントンはいがかでしょうか?

茶系のウェリントンは、黒系フレームよりも肌馴染みが良く、女性的で優し気な印象になります。ラフ・リラックス感のあるな髪型や服装との相性も良いので、すっぴん隠しにもピッタリです。

個性派!ベース顔女子もOKなハーフリムタイプ

少し変わった形が良いと思う方は、ハーフリムタイプもおすすめ。ウェリントンと言うと太縁メガネをイメージしますが、ハーフリムタイプのウェリントンもおしゃれで素敵です。

このタイプのウェリントンならウェリントン特有の台形感が薄れるため、ウェリントンは似合わないとされているベース顔の方にも比較的似合いやすいデザインになっています。

2.レトロ可愛いラウンドタイプ

真ん丸のレンズと、レンズの真横にブリッジ・テンプルがあるのが特徴です。いわゆる丸メガネの1つで、おしゃれメガネの中でも人気の高いデザインです。

ラウンドは、ベース顔や逆三角形顔、面長顔、また堀が深く小顔の方によく似合います。一方、ラウンドのレンズは良くも悪くも真ん丸なため、丸顔の方との相性はよくありません。

もう1つの丸メガネである「ボストン」やボストンとウェリントンの中間の「ボスリントン」なら、丸メガネチックなのに丸顔の方も挑戦しやすいデザインになっています。

ラウンドやボストンなどの丸メガネはレンズの面積は狭いので、度入りレンズにしても輪郭の抉れ具合・盛り上がり具合はあまり目立ちません。

しかし、凸レンズ特有の目が小さく・大きくなってしまう現象は避けられませんので、ノーズパッドを控えめにしたり、度入りレンズを薄型にしたりする工夫は必要でしょう。

華奢なラウンドメガネはメイクが楽しくなる!

ラウンドメガネと言えば、ゴールドかシルバーの華奢なフレームですよね。素材感に品があるため、安価なフレームでも高見えします。また、シンプルなフレームなので、アイメイクやリップメイクが映えるのも良い点です。おしゃれが楽しくなりそうです。

個性派!太めの縁があるラウンドは難易度高し

難易度が高いですし似合う人も限られますが、太めの縁があるラウンドメガネも個性的で素敵です。

こういったラウンドメガネをかけるときは、顔周りの髪をスッキリとさせ、面長顔や眉とメガネとのバランスが完璧であることを前面に押し出すと、おしゃれ見えします。本当に似合う人にしかかけこなせないメガネだと思います。

3.きれい目にも合わせやすいボストンタイプ

ラウンドと良く似ています。ボストンは、限りなく丸に近い逆三角形のレンズと、やや上の方にテンプル・ブリッジが付いているのが特徴です。

一般的に丸メガネと言うとラウンドタイプのメガネを指しますが、このボストンタイプのメガネも丸メガネと言われることがあります。キレイ目・レトロ・カジュアル、様々なファッションに合わせやすいデザインです。

ラウンドほどレンズが真ん丸ではないため、丸顔の方にも似合いやすいものが多いです。テンプルやブリッジがやや上にあるのも顔を長く見せる効果があり、丸顔の方向けです。

華奢なボストンメガネは簡単にレトロスタイルになれる

ラウンドと同様、丸メガネと言えばシルバーやゴールドの華奢なフレームです。初心者でも挑戦しやすく簡単にレトロな雰囲気になれます。

メガネの印象が薄い分、全体的にメイクは濃い目にして引き締めると良いでしょう。たれ目気味のレンズなので、面長顔の方は小顔効果も期待できます。

縁アリのボストンは初心者向け!メガネの印象もUP

縁アリのボストンメガネは初心者向けです。縁アリの丸メガネに挑戦したいときには、ラウンドよりも誰にでも似合いやすいボストンがおすすめです。ボストンメガネの場合は、なるべく並行眉になるようにメイクしましょう。

せっかくのメガネの印象が薄いのは嫌という方には、縁フレーム以外にもコンビネーションデザインのボストンメガネもおすすめ。コンビネーションフレームとは、主にリムとテンプルの素材が違うフレームのことを指します。

おしゃれメガネの場合、フレームは茶色やべっ甲のプラスチックフレームで、テンプルはシルバーやゴールドのメタルフレームということが多いです。

おしゃれメガネの選び方

雑貨屋さんやインターネットで良いと思って購入したメガネが全く似合わなかった、モデルさんのようにおしゃれにかけこなせなかったなどの失敗はありませんか?もしかすると選び方に問題があるかもしれません。

おしゃれメガネを選び方以外での失敗原因は、裸眼の時のメイクのままメガネをかけている・髪型を変えないなどがあります。

メガネをかけるときは、目元の印象が変わるため、必要に応じて足し算・引き算メイクをしたり、輪郭とメガネのバランスを考えて髪型をスッキリとさせたりする工夫も必要です。

では自分に似合うメガネを見つけるためにはどんなポイントに注意すれば良いのでしょうか。

メガネ選びで注意するポイント4つ

メガネが似合わない原因は以下の4つです。

メガネが似合わなくなる原因

  • サイズ感が合っていない
  • 輪郭とフレームの形が合っていない
  • 眉の形とリム上部が合っていない
  • 肌の色とフレームの色が合っていない

以上の4つの選び方の問題を解決するために、メガネの選び方の段階で注意するポイント4つを解説しています。メガネの選び方で同じ失敗を繰り返さないためにも、押さえておきたいポイントです。

サイズ感を合わせる

おしゃれメガネの選び方においてまず注意したいのが、メガネのサイズ感です。メガネのサイズ感を合わせるというのは、メガネの選び方の基本中の基本になります。

・メガネの横幅と顔の幅を合わせる
・メガネの縦幅と顔面積を比べる
・メガネのブリッジ幅と瞳孔同士の幅のバランスを考える
・レディースかユニセックスか

以上の4つのポイントに分けて解説します。

メガネの横幅と顔の幅を合わせる

メガネの横幅と顔の幅を比べてみてください。メガネの横幅と顔の幅が同じか、メガネの横幅の方がやや小さめになるメガネが最も違和感のないバランスだと言われています。

試着して比べるのが最も良いですが、もしインターネットで購入する場合には、メジャーで自分の顔の幅を測り、商品詳細でメガネの横幅と比較してみると、1つの目安になるでしょう。

メガネの縦幅と顔面積を比べる

次にメガネの縦幅です。リム上部が眉下~目の上であることは最低条件です。眉とリムがくっついたり、リムが目の上に来たりするメガネはサイズが合っていないということです。

リム下部は自分の顔面積に合わせてください。大体メガネが眉下~顎の三分の1以内が良いバランスであると言われています。

例えば縦幅が広いウェリントンタイプのメガネは、面長の方にとっては小顔に見えて良いですが、丸顔の方にとってはメガネが顔面積を占める割合が多すぎて幼く見えてしまうというようなことが生じます。

メガネのブリッジ幅と瞳孔同士の幅のバランスを考える

ブリッジ幅とは、レンズとレンズをつなぐ鼻の上の横棒のこと。瞳孔がレンズの中心にくるようなメガネを選べば、間の抜けた印象になることは防げます。

瞳孔同士が離れている遠心顔の方はブリッジ幅が広め、瞳孔同士が近い求心顔の方はブリッジ幅は短めのものを選ぶと似合いやすくなります。

日本で流通しているメガネの平均的なブリッジ幅は、16~20㎜程度です。もし既に何らかのメガネを持っているのなら、そのメガネをベースにメガネのブリッジ幅と瞳孔同士の幅のバランスを確認してみても良いと思います。

実店舗で購入する場合、ブリッジ幅は微調整してもらえますので、深く考える必要はありません。

レディースかユニセックスか

メガネで言うユニセックスとは、男性でも女性でもかけられるメガネという意味で使われます。多くのブランド物のメガネは、基本的に男性にも合うようユニセックスとして作られています。

レディースという概念はメガネチェーン店的な考え方であることを念頭に入れておきましょう。ブランド物のメガネは、実店舗でフィッティングをしながらブリッジ幅を調整して、レディースサイズに直してもらえます。

それゆえにメンズ・レディースの違いが必要ないのです。自分で購入する場合は、数値を見たり試着してみたりしてサイズ感には特に注意してください。

メガネのサイズ感に関してだけはメイクや髪型の補正でどうにかなるものではありません。明らかにサイズ感のあっていないメガネは、いくらメガネ自体がおしゃれであっても、身に着けている人を間抜けな印象にさせてしまいます。

自分の輪郭に合う形に絞る

顔の形、つまり輪郭は主に4つに分類されます。「丸顔」「三角顔」「四角顔(ベース顔)」「面長顔(卵顔)」の4つです。

輪郭を基準にしてメガネを選ぶ場合は、輪郭のフォルムと逆の形をしたフレームを選ぶと似合いやすいと言われています。丸顔・面長顔といった輪郭が曲線の人は四角形系統のフレーム、四角顔・三角顔といった輪郭に角がある人は丸系統のフレームが似合いやすいです。

あくまで似合いやすいというだけで、中にはウェリントンタイプのメガネのように、四角形系統のフレームでありながら丸みの強いメガネ、ボストンタイプのメガネのように、丸系統のフレームでありながら逆三角感の強いメガネなどもあります。

膨大な種類のあるメガネですので、その中から1つ自分の似合うメガネを自分で選び抜くといのは至難の業です。自分の輪郭を基準にすれば、いくつか「いいな」と思ったメガネの中から自分に似合いやすいメガネに絞ることができるかと思います。

眉の形とリム上部を合わせる

自眉の形は、メガネのフレームを選ぶ際に関係します。ただし、眉毛は比較的気軽にメイクで変えられるので、自眉を生かしたメイクをする方向けの情報と考えておきましょう。

自眉の形の分類の仕方は色々ありますが、メガネとの相性を考えた時にポイントとなるのは、眉頭から眉山まで・眉山から眉尻までの角度、眉山の高さの2つです。眉の太さや眉毛の量、眉山の位置などはあまり関係ありません。

自眉の形を基準にしてメガネを選ぶ場合は、メガネ上部のリムと眉がなるべく平行になるようなメガネを選ぶと似合いやすいと言われています。

つまり、眉頭から眉山、眉山から眉尻の角度が大きく、眉山が高めのアーチ眉やストレート眉などの眉毛には、丸型寄りのフレームのメガネと相性が良いです。逆にはっきりとした眉山がない平行眉やナチュラル眉などの眉毛には、四角形寄りのフレームのメガネが相性が良いということになります。

眉毛がない・眉毛が薄く、眉は常にメイクで書き足しているという方であれば、メガネをかけるときは、メガネの上部のリムと並行になるように意識して眉メイクをすると、違和感がなく、おしゃれにメガネをかけられるでしょう。

肌の色とフレームの色の相性

おしゃれメガネのフレームの色は、黒・茶・シルバー・ゴールドのいずれかになるかと思います。黄色肌さんは茶色やゴールドなどの暖かい色が似合い、色白さんは黒やシルバーなどの涼し気な色が似合います。

肌の色に合わせて、オレンジ系のメイクをしたり、ピンク系のメイクをしたりするような感覚で、メガネのフレームの色の選び方にもこだわりましょう。

度入りレンズになると印象が変わる

度入りレンズは凸レンズになっているため、目の大きさや輪郭の形も実物とは変わることがあります。度入りレンズにする場合は覚悟しておきましょう。

わざわざコンタクトで試着をしたのに、度入りレンズでメガネを作ったら顔が違った、ということも起こり得ます。近視用の度入りレンズなら目や輪郭が小さく、遠視用の度入りレンズなら目や輪郭が大きく見えてしまいます。

そうならないようにできるだけレンズと目の距離が近くなるようなノーズパッドの小さいフレームを選んだり、オプションで極薄にできる度入りレンズを選んだりする必要があります。

カラーレンズという選択肢も

紫外線が気になる日中には、カラーレンズを入れたおしゃれメガネをかけて出かけるのも良いかもしれませんね。眼鏡屋さんへ行けば、カラーレンズに度を入れて仕上げてもらうこともできます。

ギラッとしたサングラスよりも優しい雰囲気になるため、誰でも挑戦しやすいと思います。

似合うメガネを選んでくれるサービスを利用するのも◎

なんと最近では人工知能が自分の顔のパーツや輪郭を判別して似合うメガネを選んでくれるサービスも開発されました。その名も「JINS BRAIN」。人気のアイウェアブランドJINSが開発したサービスで、用意するものはスマホとメガネを外した自分の写真だけ。

最初に簡単な問題に答えた後、自分の写真にJINSのメガネを合わせることで、人工知能が0〜100%でそのメガネが似合うかどうかを判別してくれます。

自分のメガネは見慣れないことも相まって似合うかどうか判断することが難しいです。だからこそ、似合うかどうかを人工知能に委ねてみる、というのも良いですね。

似合わないメガネ…でも処分するのはちょっと待って!

直感的な選び方でメガネを買ってしまい、さらに似合わなかったという方向けです。サイズ感さえ合っているのであれば、髪型やメイク次第で似合わなかったメガネが似合うようになるかもしれません。

直感的な選び方をして失敗しやすいメガネと失敗しやすいタイプの女子を例に、髪型やメイクの工夫の仕方を解説します。

例① 丸顔が丸メガネ(ラウンド・ボストン)を購入してしまった

この失敗を挽回するためには、丸顔が面長顔に見えるような髪型・メイクをする必要があります。丸メガネがよく似合い、顔型も割と似通っている面長顔に寄せていきましょう。

・髪は下して丸い輪郭を隠す。もしくは目の錯覚狙いでボリュームを出す。
・シェーディングで輪郭全体に影を入れて、丸顔の印象を減らす。
・チークを頬骨からこめかみにかけて斜めに入れて、縦長な印象にする。

これらを意識した髪型・メイクをすると良いでしょう。

例② ベース顔が角々しいウェリントンを購入してしまった

この失敗を挽回するためには、四角顔が丸顔・面長顔に見えるような髪型・メイクをする必要があります。

四角形系統のフレームがよく似合う丸い顔に寄せていきます。四角顔の中でも正方形寄りの方は丸顔に、長方形寄りの方は面長顔を目指しましょう。

・髪は下して、四角い輪郭を隠す。
・チークは頬の中心に楕円に入れて、印象を上の方に持ってくる。
・シェーディングで輪郭のとがっている部分を隠す。

これらを意識して髪型・メイクをすると良いでしょう。