櫻本 真理(さくらもと まり)さん

1982年広島県生まれ。2005年に京都大学教育学部卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社。2006年ゴールドマン・サックス証券の株式調査部にてテクノロジー業界のアナリストとして勤務。2010年に同社退社後、複数のスタートアップやプロジェクトに携わる。

2014年5月に、IT x メンタルヘルス領域でサービス開発を行う株式会社cotreeを設立、代表取締役に就任(現任)。

2020年1月、人を生かしチームを育てるリーダーを育てるマンツーマンプログラムの株式会社コーチェットを設立、代表取締役に就任(現任)。NPO法人soar理事。株式会社CAMPFIRE社外取締役。起業家向けのエグゼクティブコーチ・システムコーチとしても活動。

Twitter:@marisakura

note:@marisakura

 さくマガでは、各界の著名人から仕事のヒントを得ようということで、さまざまな方にインタビューをしています。今回は、株式会社cotree、株式会社コーチェットの創業者で代表取締役の櫻本真理さんに、起業をしたきっかけやcotreeグループが目指す世界について語っていただきました。

自分の人生を自分で選ばなければならなくなった

ーー本日はよろしくお願いします。櫻本さんは2014年に起業されていますが、起業をしたきっかけについて教えてください。

 人の心・生き方に関わる領域には、できることがたくさんあると感じていました。今までの日本は「自分たちがそれぞれで解決しなさい」という世界でしたが、生き方が決まっていた時代はそれで良かったと思うんですよ。

例えば親の後を継ぐとか、医者になるのがかっこいいとか、そういう画一的な価値感があった頃には、それほど自分と向き合わなくてもやるべきことは明確だったと思うんです。ただ、時代が変わってきました。2011年に東日本大震災などもあって、価値観が多様化するきっかけになったと思います。

それによって、自分の人生を自分で選ばなければならなくなったと思うんです。そうしたときに、自分が選びたい人生と実際の人生にギャップがあるとメンタル不調になったり、不安が大きくなったりするわけです。そこと向き合っていく必要があると思いました。

そうしたものと向き合うための場として思い当たったのが「カウンセリング」でした。ですが、カウンセリングのサービスが日本ではまったく普及していなかったので、普及させることに意義がある、という想いで起業をしました。

ーーありがとうございます。コロナ禍の今ならオンラインのほうが逆に良いと思うのですが、当時(2014年)はそれほどオンラインでのカウンセリングなどは受け入れられにくい状況だったと思います。受け入れられるまでにおこなったことを教えてください。

 魔法のようなことがあればいいんですけどね……。そうしたものはないので、いろいろなことを地道にやってきました。発信もそうですし、学会にも参加したりして理解してくださる専門家の方を増やしたり、ユーザーさんにもコンテンツを配信して、カウンセリングについて知っていただく活動ですね。

各方面に知っていただく努力をしたと思います。2年前くらいからはTwitterやnoteなどのSNSで拡散していただけることも増えてきて、ちょっと空気が変わってきたかな、と感じていますね。

それまではカウンセリングって受けるのがはずかしい、というイメージもあったと思うんですよ。だから受けても人には言わない。だけど、最近はSNS上で「cotreeでカウンセリングを受けました」といった投稿が増えています。

そういう意味でも、カウンセリングやコーチングに対する世間一般のイメージが変わってきているな、と思いますね。

コーチングについてはこちらの記事でも解説していますので、あわせてご覧ください。

コーチングとは? ティーチングとの違いや効果について解説

cotreeのビジョンに込められた想い

cotreeグループの目指す世界について代表取締役 櫻本 真理さんに聞く
(画像=(▲出典:cotreeホームページ)、『さくマガ』より引用)

ーー確かに周りでもカウンセリングやコーチングを受けている人が多いです。cotreeのビジョンが「やさしさでつながる社会をつくる」、ミッションが「ひとりひとりが自分の物語をよりよく生きるための支えとなる」、バリューが「信じる、やさしくある、しなやかである、頼りになる、遊び心を持つ、希望を持つ」ですが、ミッション・ビジョン・バリューを決めた理由や背景をお聞かせください。

 メンタルの不調や生き方に対する不安があるときって、だいたい孤立しているときなんですよね。人って悲しいことを誰かに話すと気持ちが楽になる時があるじゃないですか。

ひとりで苦しみを抱え続けることは、不調に陥るほどメンタルに問題を抱えてしまう原因になると思いました。孤独を解消する、人とつながることがメンタル不調をケアしていくうえで非常に重要なことだと思っています。

cotreeでは、何かあったときや苦しいときに、つながることができる専門家が存在していることを「やさしいつながり」と呼んでいます。お互いが思いあって育める関わり方を増やしていけば、そもそもメンタル不調は起こらないのではないかと思い、cotreeのミッション・ビジョン・バリューを設定しました。

ーーお話を聞いていると「やさしさ」がキーワードだと思うのですが、やさしさにもいろいろな種類があると思います。櫻本さんが考える「やさしさ」がどういうものか教えてください。

 「やさしさ」の意味は「人の力を活かすこと」だと思います。「やさしさ=甘やかす」ではありません。甘やかすと結局、その人の力を奪ってしまうことになります。力を奪うのではなく、与えるような関わり方、その人の可能性を引き出すような関わり方がやさしさだと思います。