さくらインターネット非公式キャラクター「VPSちゃん」。このキャラクターと一緒に、データセンター内でさまざまな人を手助けするゲームを、2021年4月1日エイプリルフールに公開しました。

その名も「VPSちゃんのお仕事大作戦!どきどきわくわく内緒のデータセンター」。今回はそんな不思議なゲームがなぜ作られたのか、そもそもVPSちゃんって何者?そんな謎だらけのゲーム制作の舞台裏を取材してきました。

このエイプリルフール企画を推進した、さくらインターネットの社員3人に話を聞きました。

【取材を受けてくれた社員】

さくらインターネット クラウド事業本部 クラウドサービス部 鈴木 雅広(すずき まさひろ)

さくらインターネット クラウド事業本部 クラウドサービス部 妹尾 邦陽(せのお くにあき)

さくらインターネット クラウド事業本部 クラウドサービス部 山田 望(やまだ のぞむ)

「非公式キャラクター」VPSちゃんとは?

ーーよろしくお願いします。早速ですが、そもそもVPSちゃんってなんなんですか? なんで「非公式」なんですか?

エイプリルフール企画「VPSちゃんのお仕事大作戦!」ができるまで
(画像=(VPSちゃん)、『さくマガ』より引用)

山田:VPSちゃんは「さくらのVPS」の非公式キャラクターです。VPS”ちゃん”といってますが、特に性別設定はありません。

もともと、さくらのVPSにはキャラクターがいませんでした。他社にはキャラクターがいて、売り方がうまいなと思っていたんです。それもあって、昔からキャラクターを作ってみたかったんです。

ただ、すでにさくらインターネットには「まりな」ちゃんや「桜葉愛(さくらは あい)」ちゃんなどの、公式キャラクターがいます。

エイプリルフール企画「VPSちゃんのお仕事大作戦!」ができるまで
(画像=『さくマガ』より引用)

愛ちゃんたちには、さくらインターネットとしてそれぞれ重要な仕事があるので、さくらのVPSとして、小回りがきくキャラクターがいると、さくらのVPSというサービスを売り出しやすいと思ったんです。

その頃ちょうどチーム内でも「キャラクターを作りたい」という話があったので、冗談でキャラを作成してVPSチームのSlackチャンネルに送ったら、妹尾さんがいつのまにか3Dモデル化してくれました。作ってくれたものがすごかったので「これでなにかやりたい」となりました。

エイプリルフール企画「VPSちゃんのお仕事大作戦!」ができるまで
(画像=チーム内で生まれたVPSちゃん 左:超初期案 右:よく見るやつ、『さくマガ』より引用)
エイプリルフール企画「VPSちゃんのお仕事大作戦!」ができるまで
(画像=VPSちゃん powered by VRoid、『さくマガ』より引用)

このモデルを使って実現したのが昨年のエイプリルフール企画です。

VPSちゃんは当初、さくらVPSというサービスに親しみを持ってもらえるよう、自由に立ち回ることを期待されていたので、このあたりがVPSちゃんの自由奔放な性格に反映されました。とはいえ、VPSちゃんはキャラクターとしてちょっと危ういところもあるし、まだブランディングもできていないので、いまのところ非公式扱いです。

ーーいつか公式になれるといいですね。今回のエイプリルフール企画は、どうしてはじめようと思ったのでしょうか?

鈴木:2020年、VPSちゃんの記事がさくマガに出て、VPSちゃんを取り上げた企画をなにかやりたいと思っていました。そんなときに、2021年の2月頭くらいにエイプリルフール企画の話が動き出したんです。そこで、VPSちゃんを使ってなにかやろうと話が進みました。

エイプリルフール企画で気をつけたこと

ーー炎上したり、埋もれてしまったりで、企業にとってエイプリルフール企画は年々難しくなっていると感じます。企画するうえで気をつけたことはなんでしょうか?

鈴木:気をつけたことは炎上対策ですね。時期も時期ですし、おふざけとの加減が難しかったです。チーム内では「面白いからやってみよう」という温度感ですが、世間一般のエイプリルフールへの認識や熱量みたいなものも考えました。VPSちゃんというキャラクターをどう活かすか? も課題でしたね。

あと、炎上しないように広報担当者へ事前に相談もしました。

「こんな感じでやりたいんですけど、大丈夫でしょうか?」とお話して、打ち合わせをしましたね。エイプリルフール企画をするうえで、広報との連携は大切だと思います。

ーーエイプリルフール企画のバナークリック数が、通常よりもかなり多かったそうですが、普段のバナーと比べてどのくらいクリック数が多かったのでしょうか?

鈴木:通常の約9倍クリックされました。新しいサービスなどを差し置いて、ここ最近ではダントツにクリックされましたね……。バナーのVPSちゃんは、美大出身の社内デザイナーに描いてもらいました。それをもとに山田さんにバナーを制作してもらいました。

エイプリルフール企画「VPSちゃんのお仕事大作戦!」ができるまで
(画像=(通常の約9倍クリックされたバナー)、『さくマガ』より引用)

山田:バナーについては、とにかく興味を持ってもらえるように、ゲームのパッケージや本の装丁などをイメージして作りました。描いてもらったVPSちゃんの画像がとても可愛くて素敵だったので、それを生かしたデザインにしました。

キャッチはどこか意味ありげですが、よく考えるとそれほど意味がないような言葉が面白そうだと思って、SFのタイトルみたいなイメージにしました。

一方、精巧なVPSちゃんとの対比で、コミカルなバージョンのVPSちゃんがいるとおもしろいと思って、別のバナーではギャップのあるVPSちゃんを描きました。

SNSによってはバナーが正方形に切り取られるので、左右のVPSちゃんがいなくなるのも、それはそれでVPSちゃんらしくてよいかなと思いました。

エイプリルフール企画「VPSちゃんのお仕事大作戦!」ができるまで
(画像=(SNS等にリンクが貼られたときに表示されるバナー)、『さくマガ』より引用)