年上の魅力的な人に出会うと素敵だなぁ...と憧れてしまう気持ちは分かるけれど、恋愛対象とは思えない、ましてや年の差婚となると気持ち悪いと思ってしまう人が結構いるけれど、どうして年の差婚を気持ち悪いと思うのか?年の差婚のイメージを調査します。

年の差婚は気持ち悪いと思いますか?

会社の先輩、会社の上司、学校の先生や家庭教師。
年上の人に憧れた経験って誰でもあると思うのです。
でもその人たちがリアルな恋愛対象になるとは限りません。

確かに年上で素敵な人はいるけれど、恋愛対象としては考えられない人もいるでしょう。

また、10代のころに20代の人に憧れるのと、20代・30代で40代50代に憧れる心理はちょっとまた違う気がします。

逆もまた同じ。
年下すぎると子供に見えてしまって恋愛の対象には入らない、付き合うのは気持ち悪いと思ってしまう人もいます。
結婚になるとその考えはなおさら顕著になります。

でも年の差婚って気持ち悪い事なのでしょうか?
どうして年の差婚が気持ち悪いと思ってしまうのか、その心理と理由を考えてみましょう。

【年の差婚は気持ち悪い】年の差婚の定義とは?

さて、年の差婚と聞いて何歳差を指すのか分かりますか?

実は年の差婚って、何歳からが年の差婚になるのかはっきりとした定義はありません。
したがって年の差婚って何歳から?となるとと人それぞれの主観になってしまいます。

結局は自分が何歳までなら付き合えるか?という基準の元、それより年が離れているのなら、それがその人にとっての「年の差婚」となるわけです。

そこでアンケート調査を取ってみると、5歳以上でもう年の差婚だ!
と思う人もいれば、一回り以上という人も。

調査では10歳以上からが年の差婚と答えた人が一番多かったので、ここでは10歳を基準に考えていきたいと思います。

【年の差婚は気持ち悪い】気持ち悪いと思う心理と理由は何?

さて、年の差婚カップルは周囲の好奇心の目にさらされることがよくあります。
10歳以上年が離れていると、出会ったきっかけや、どうして付き合う事になったのか...など人のうわさに上るものです。

仕方のない事かもしれませんが、中には心無い人もいます。

男性が年上でも、女性が年上でも、10歳以上年が離れていると

「ほかにいい人いるんじゃないの?」

と余計な事を言う人もいるし、そもそもそんな年上の人と付き合う事自体気持ち悪いと思う人もいます。
特に女性が年上の場合は奇異の目で見る人が多いようです。

ではどうして年の差婚のカップルを見て気持ち悪いと思うのでしょうか?
その心理と理由に迫ってみましょう。

【年の差婚は気持ち悪い】心理と理由①年上経験がない

人の事を批判する人は、年の差婚の事にかからわず、経験が少ない事が往々にしてあります。
自分が経験をしたことがない事に対して、不安や違和感を感じ。他人を批判してしまうのです。

年の差婚を気持ち悪いと思ってしまう心理もまさにそこからでています。

年の差婚が気持ち悪いと思ってしまうのは自分が10歳も年上の人と付き合ったことがないから。
これが大きな理由でしょう。
自分がいつも年下、もしくは年の近い人ばかりと付き合っているとそれが当たり前で、10歳も年上の人と付き合う事自体、想像がつきません。
像がつかないということは、ありえないと思ってしまう事です。

自分はそんなに年上の人と付き合う事はできない
         ↓
  付き合う事を想像したら気持ち悪い
         ↓
    年の差婚って気持ち悪いなぁ

となってしまうのです。

【年の差婚は気持ち悪い】心理と理由②性行為を想像できない

年の差カップルを気持ち悪いと思う心理には、その状況を自分に置き換えて考えてしまうところにあります。
そこには経験がないからという理由ももちろんあるのですが、

もし自分が10歳も年上の人と付き合うとして...
付き合うってことはあんなことも、こんな事もするってことですよね?
その行為の事を考えるから気持ち悪いのです。

例えばすごく年上の人と付き合う事を想像してみます。
人間は身近な事に置き換えないと、なかなか具体的にそうぞうすることはできませんから、まず10歳以上年上の身近な人を想像するでしょう。

すると、その人とハグしたりキスするところを考えて、「ムリムリ!気持ち悪い!」となるのです。

これはうんと年下の人でも同じことです。
すごく年下で身近な人の事を考えて、自分がその人と「寝る」ことができるか?と考えて

「ムリムリ!子供じゃん」と思ってしまう。
愛撫や性行為を想像して気持ち悪いと思うのなら、気持ち悪いと言う心理になってしまっても仕方ありません。

【年の差紺は気持ち悪い】心理と理由③子供の事を考える

年の差カップルを見て否定的な考えを持つ人の中には、その年の差カップルの子供の事を考えてしまうから。
まだ年の差カップルに子供がいないケースも同じこと。
余計なお世話だけどつい

「子供が二十歳になったらお父さんは/お母さんは○○さいかぁ」とか
「年取ったパパ/ママが授業参観に来るのは辛い」なんて。

勝手に想像して嫌な気分になるのです。

また、もし自分が年を取ったときに子供ができたら大変だなぁ...
いつまで仕事しないといけないんだろう?
体力が持つかなぁ...

なんて。
結局自分が無理だから、年の差カップルをみて顔をしかめてしまうのでしょう。

【年の差は気持ち悪い】心理と理由④老後を考える

年の差カップルを見て違和感を覚えるのは、その関係に否定的だからです。
どうして否定的なのか?
それは現実的な事を考えて、年上のパートナーが先に年をとって、介護が始まるのではないか?
もしも痴呆が始まったら?

と気になってしまうから。

自分が介護する側になる事が考えられないから、年の差カップルを見て違和感を覚えるのでしょう。
年の差カップルを見て、

「今は楽しいかもしれないけど、10年後、20年後の事考えてるのかなぁ?」

余計なおせっかいなんだけど、どうしても「今楽しいだけで後で苦労するのが分からない可哀想な人」っていうイメージを押し付けてしまうのです。

【年の差婚は気持ち悪い】心理と理由⑤親と年が近い

年の差カップルを見て気持ち悪いと思う心理には

「年上の人が自分の親の年と近いから」

というものがあります。
自分の親と同じ年くらいの人が、自分の恋愛対象になるか?と言えばそれは人それぞれですが、嫌悪感を抱く人がいてもおかしくはありません。

付き合うという事はプラトニックではないでしょう。

子供から見て親って性行為とは一番遠いところにいる存在。
だから親の世代の人が性行為をしているという事実がもはや気持ち悪いと思ってしまう、そんな心理が隠されています。
親はもうそんな事しない...と信じているのに、親の世代の人が...!?

そんな想像は親と重なってしまって、気持ち悪いと思ってしまうのです。

【年の差婚は気持ち悪い】心理と理由⑥肉食系に見える

自分よりうんと年上の人が自分と同じ年くらいの子と付き合っている。

それってすごく肉食系に見えてしまいます。
最近の人はそれでなくても草食系の人が多くて、恋愛に対して淡泊なのに、ぐっと年上の人がガツガツうんと年下の子を狙っている...と思うと気持ち悪いと思っても仕方がないのかも。

若い子たちにしてみれば、年上の人がギラギラしているとちょっと嫌悪感を持ってしまうと言うのが正直な所でしょう。
会社で仕事をしていれば、若い女性が年上の男性からセクハラを受けることもあるし、性的な言葉をかけられることもあります。

それはすべて嫌悪感につながるでしょう。
かっこいい素敵な上司というのは、性的なところがなくスマートで仕事ができる人。
だから憧れてしまうのです。
それなのにすごく年下の人と付き合っていると思うとなんだか生々しくて嫌なのです。

【年の差婚は気持ち悪い】心理と理由⑦世代間ギャップが怖い

年の差カップルは嫌だなぁと思っている人って自分が付き合う時の基準として、

「話が合う人」

というものがあるはずです。
お笑いの話、好きな音楽の話、ドラマの話。
自然とそんな話をして2人で笑いあう...そんなところに理想の恋愛を見ているのではないでしょうか?

でも、年が離れていると世代間ギャップは否めません。
世代間ギャップってちょっと違うだけでも感じてしまうんですよね。

2-3歳違いでも「年の差感じるー!」
という人もいるくらい。
だから10歳も違うと全然話は合わないし、自分の好きな物を共有できないから物足りない。

そんな人とよく付き合えるなぁ。
なんの話をしているんだろう?

と意味が分からないのです。
付き合っていく中で、お互いの好きな物、経験してきたことをコミュニケーションを通じて共有していけばいいだけの話なのですが、好奇心が少ないのかもしれません。

【年の差婚は気持ち悪い】心理と理由⑧対象だと思われたくない

年の差カップルを気持ち悪いと思ってしまうのはつまるところ

「私くらいの年齢の子と付き合えるってことは、私も恋愛対象になるってこと!?」

と引き気味に見てしまうから。
このケースは気持ち悪いと思ってしまう人が年下の場合に限りますが、自分から見てすごく年上だからいくら素敵な人でもあくまで

「素敵な上司」
「お父さんみたいな人」
「頼りになる人」

という感じで、それ以上でもそれ以下でもないのです。

一方的な好意って、当事者にとってはあまり嬉しいものではない事が多いですよね?
だから自分が信頼している人が、もしかして自分の事を恋愛の対象として見ていると思ったら

「ゾっ」

としてしまうのも理解できませんか?
気持ち悪いと思ってしまうのは、突き詰めていけば子の場合「自己防衛」になります。
そんな年上の人から好意を持たれるのは嫌だ。
そういう気持ちが「気持ち悪い」という率直な感情につながるのでしょう。

【年の差婚は気持ち悪い】心理と理由⑨犯罪っぽく見える

年の差婚を気持ち悪い!と思ってしまう最後の理由は

「どうしても犯罪っぽく見えてしまう」

というところ。
今の年齢で考えると、そうでもないかな?
と思ってしまっても、嫌悪感を抱く人って

「彼女が10歳の時、彼氏が23歳でしょ?犯罪じゃん」

なんて考えてしまいます。

年上の人からも、つい

「ロリコンなのかなぁ?」

と変な目で見られてしまうこともあります。
例え、たまたま好きになったのが年の離れた人だった...というケースでも、「すごく若い子が好きな人」というレッテルを貼られてしまうのです。
偏見って怖いけど、年の差婚→変態という図式を頭の中で作ってしまっている人もいるのだと知っておくのも必要かもしれません。