「短歌のすみっこを伝えるWebマガジン」

このコンセプトで運営されているのが「TANKANESS」です。運営しているのは、なべとびすこさん。会社員として働きながら、Webマガジンの運営をされています。そんななべとびすこさんにTANKANESSをはじめた理由や短歌についてうかがいました。

TANKANESSは、さくらインターネットのサーバーをご利用いただいています。ぜひ、ご覧ください。

なべとびすこさん プロフィール
歌人。短歌の魅力を伝えるために幅広く活動中。
「短歌の『すみっこ』を伝えるwebマガジン TANKANESS」編集長。
「短歌カードゲーム ミソヒトサジ〈定食〉」制作者。
その他、留学生や日本語教師、求職者など、様々な方を対象に短歌のワークショップを行っている。最近はオンラインでの短歌ワークショップも精力的に開催中。

Webを使って多くの人の短歌を届ける

ーーはじめに、なべとびすこさんが運営している「TANKANESS」がどのようなサイトか教えてください。

TANKANESSは短歌の情報を発信するwebマガジンです。コンセプトは短歌の「すみっこ」を伝えるwebマガジンとなります。

短歌の世界は広いので、どこかを中心と考えるのではなく「自分の立ち位置から見えにくい場所=すみっこ」として、それぞれが自分の立ち位置から書ける情報を発信しています。

メインターゲットは「これから短歌を始めたい人」「短歌をはじめたばかりの人」です。

  • 短歌に興味がない→少し興味がある
  • 短歌に興味があるけど作ったことがない→ひとつ作ってみる
  • 短歌を作っているけど発表したことがない→発表してみる

など、短歌の階段をひとつ上がるきっかけになるサイトを目指しています。

具体的なコンテンツは、読者が短歌を投稿できる投稿欄、歌人の紹介コラム、短歌のイベントのレポート、短歌に関する思い出エッセイ、短歌に関するおもしろ系の記事など、短歌に関する情報ならなんでも発信しています。

ライターは短歌を詠んでいる方が半数、短歌初心者のライターさんが半数です。

TANKANESS 短歌の良さを 伝えたい 編集長に インタビュー
(画像=『さくマガ』より引用)

ーーありがとうございます。なぜ「TANKANESS」を作ろうと思ったのでしょうか?

もともとwebメディアを見るのが好きでした。TANKANESSをはじめる1年くらい前に、朝日新聞社さんが運営しているwebメディア「withnews」に取り上げていただきました。

仕事ない 「社内ニート」の日常を 詠んだらひらけた 新たな世界

この記事をきっかけに私の活動を知ってくれる方が増えたので、webで発信することで多くの人に情報を届けられるのでは? と思いました。

それまでの私の活動は、学校や就労支援施設、書店やボードゲームショップなど、いろいろなリアルの場で短歌のワークショップやイベントをおこなうことでした。しかしほとんどは、私が住んでいる関西での開催になるため、それ以外の地方の方にお会いすることはできません。

さらに活動していくうちに気づいたことがあります。育児や介護で外出の時間が取れない方や、病気や障害で外出が難しい方など、いろいろな理由で対面の場に来れない方がたくさんいるんです。

私も過去にメンタル的に落ち込んでいたり、土日にも仕事があったりしたときは、そういった対面の場に行く気力はありませんでした。それでもスキマの時間でなんとなくスマホを見ることはある。というか、スマホしか見られないような体力、気力のときがあります。

webマガジンという形であれば、そんな人にもインターネットを通して短歌の魅力を届けられると思いました。いまコロナ禍で、これまで外出していた方も以前より外出しにくい時代になってきたので、より多くの方に届くとうれしいです。

ーー会社員をしながら、TANKANESSの運営をされていますが、いわゆるパラレルワークをしてみてメリットに感じたことはなんでしょうか?

趣味の延長ではじめたことなので、パラレルワークという意識はなかったですね。でも、本業に良い影響がありました。会社の社内報作成やホームページの文章作成をすることがあるのですが、TANKANESSの運営経験やライター経験が非常に役立っています。

本業にもいままで以上に本気で取り組めるようになったので、とても良かったです。

ーーオリジナルのアナログゲームを作られているのも、短歌の魅力を届ける方法なのでしょうか?

TANKANESS 短歌の良さを 伝えたい 編集長に インタビュー
(画像=(短歌カードゲーム ミソヒトサジ<定食>)、『さくマガ』より引用)

そうです。ゲームにすれば、短歌のことが楽しく伝わるのではないかと思いました。このゲームは5文字と7文字のカードを組み合わせることで、誰でも短歌を作れます。

このゲームを通じて、短歌に馴染みがなかった方でも、短歌に興味を持ってもらえたらうれしいです。