長く働き続けるために、「学び直し」の必要性が言われるようなって久しい。しかし、実際どのぐらいキャリアにプラスなのかイメージできず、いざ何か勉強しようと思っても、重い腰が上がらない……という人もいるのでは?

そんな迷いを抱えている人に、「女優・タレント」に加え、今や「研究者」や「ロボット開発者」の顔を併せ持ついとうまい子さんの物語を届けたい。

40代で早大入学。女優・いとうまい子の人生を変えた“流れのままに”学ぶスタンス
(画像=『Woman type』より引用)

80年代に芸能界デビューし、現在もタレント活動を続けているいとうさんは、44歳で早稲田大学に進学。修士課程でのロボット工学研究を経て、現在は博士課程で予防医学の研究をしている。さらには、AIを利活用したサービスを提供するエクサウィザーズのフェローとしてロボット開発にも取り組んでいる真っ最中だ。

芸能界でのキャリアを順調に積んでいたように見えるいとうさんは、なぜ今までのキャリアと全く異なる領域で「学び直し」へと踏み出したのか? その選択は、いとうさんの人生にどのような影響をもたらしたのか?

「今も人生の満足度は上がりっぱなしです」と生き生きと語るいとうさんに、これからの時代に長く幸せに働き続けていくためのヒントを聞いた。

自分を見失った20代は、「つらくて、光の見えない毎日だった」

「右も左も分からないまま、気付けばアイドルになっていた」というのが、私のキャリアのスタート。高校を卒業してすぐにデビューしてからというもの、若いころはさまざまなことに悩みました。

実は私、デビュー前はアイドルよりも役者になりたかったんです。ですが当時の芸能界は、女性の場合まずはアイドルとしてデビューするのが一般的な時代。歌のお仕事もたくさんいただきましたが、なかなかうまくいかなくて……。

レコーディングスタジオの近くに東京タワーがあったんですが、側を車で通るたびにお腹が痛くなっていたことが懐かしいです(笑)

40代で早大入学。女優・いとうまい子の人生を変えた“流れのままに”学ぶスタンス
(画像=『Woman type』より引用)

役者のお仕事をいただけるようになってからも、うまくいくことばかりではありませんでした。監督が思い描く役のイメージに合わないことが多かったようで、次のお仕事につながらない、なんてことが20代後半はよくあったんです。

つらかったですね。当時は、「認められないのは、自分のこの童顔のせいだ。どうすれば他人から認められる年相応の顔になれるのか」とばかり思っていました。

役者として求められたい、役に見合うようになりたいという一心で、パーマをあてたり濃い化粧をしたり、ダークな服を着たりして、気付けば自分らしさを失っていく……。そんな20代を過ごしました。

転機が訪れたのは、30歳の時。兄の飼っていたゴールデンレトリバーを預かったことがきっかけです。

その子は犬ですからね、お世辞も言わなければ、高価な洋服も着ていない。ありのままの姿で存在していました。私はその佇まいを見て、唐突に思い知らされたんです。「生きるってこういうことなんだ」って。

40代で早大入学。女優・いとうまい子の人生を変えた“流れのままに”学ぶスタンス
(画像=『Woman type』より引用)

大人っぽくなりたい一心でやってきたことは、間違いだらけだった。そう気付いてからは、しがみつくのをやめました。ありのままの自分を表現して気に入ってもらえないのだとしたら、そこは私の居場所じゃない。そのときは違う場所にいけばいい。そんな覚悟すらできました。

それからしばらくして、ドラマ『中学生日記』の先生役を務めていた時のこと。ディレクターさんが「あなたは話が面白いから、コメンテーターの仕事もやってみたら?」って言ってくださって。いざ挑戦してみると、それ以降も自然と話すお仕事をいただけるようになっていきました。

デビューしたての頃だったら、「こんな仕事が向いてるよ」と言われても、「私はそんなタイプじゃない」って突っぱねていたかもしれません。でもこの時に感じた、流れに身を任せて運ばれていく感覚は、決して悪いものではありませんでした。

意地を張るのではなく、人の評価を素直に受け取ってみてもいいのかもしれない。次第に、そう考えるようになっていったんです。

二十歳の同級生の助言に導かれ、40代でロボット工学の道へ

これから先の人生では、周りの評価をフラットに受け入れよう。もし何か提案されたら、素直にその道を歩もう。そう意思決定の基準を切り替えたのは、40代になってからでした。

40代で早大入学。女優・いとうまい子の人生を変えた“流れのままに”学ぶスタンス
(画像=『Woman type』より引用)

44歳の時、早稲田大学の通信課程(e-school)に入学し、学び直しへの第一歩を踏み出しました。きっかけは「ずっと芸能界でお仕事をさせてもらってきたことへの恩返しがしたい」という気持ちです。

今も、「まい子さんの活動から元気をもらえました」と言ってくださる方がたくさんいます。昔からのファンの方はもちろん、中には最近私を知った方も。

そんな声を聞くと、私の方が元気をもらっちゃうんですよね(笑)。結局もらってばかりで、その繰り返し。ありがたいからお返しがしたいのに、感謝してもし足りないんです。

恩返しのためにも、人の役に立つことがしたい。そう思って大学へ入学した時に、心に強く決めました。これまで失敗してきたことは、もうしない。昔は意地を張ってばかりだったけど、これからは周囲の提案を受け入れていこう、って。

40代で早大入学。女優・いとうまい子の人生を変えた“流れのままに”学ぶスタンス
(画像=お写真提供:いとうまい子さん、『Woman type』より引用)

それを実践できるようになったと感じたのは、学部3年生になる前のゼミ選択でした。

入学時から授業を取り続けていた予防医学のゼミに進むつもりだったのですが、担当の先生が退官することになってしまい、途方に暮れて二十歳の同級生に相談したんです。そしたら、「ロボット工学のゼミがおすすめです」って言うんですよ。

それまでプログラミングの授業は取ってこなかったし、ロボットに関する知識も全然ない。そんな私に、ロボット工学を提案するの? って驚きました(笑)

でもその子は、何となく私に合うだろうな、と思って勧めてくれたはず。そう思って、提案を受け入れることにしたんです。