ラインを消してみよう【TouchRetouch(タッチリタッチ)】

続いて、ライン消しの機能を試してみます。

【ラインリムーバー】の使い方【TouchRetouch(タッチリタッチ)】

『APPTOPI』より引用
(画像=『APPTOPI』より引用)

画像を選択したら、【ライン除去】をタップします。

『APPTOPI』より引用
(画像=『APPTOPI』より引用)

消したいラインを大まかで大丈夫なのでなぞります。

すると、自動でラインを認識し、除去してくれます(緑色に表示されているのが、認識されたラインです)。

上の画像のように、わざと雑になぞってみたのですが、しっかり認識してくれました!

【セグメントリムーバー】の使い方【TouchRetouch(タッチリタッチ)】

セグメントリムーバーは、自分で消したいラインの長さを調節できます。

ラインが短かったり、ラインの一部分を消したい場合などに便利です。

『APPTOPI』より引用
(画像=『APPTOPI』より引用)

今回は、光の線の一部分だけ消してみました。

やり方は先ほどと同じで、消したい部分をなぞるだけです。

なぞったところの長さはそのまま反映されるので、そこだけ気を付けてください。

ラインの上側は消さずに、なぞった部分だけ消すことができました!

『APPTOPI』より引用
(画像=『APPTOPI』より引用)

消したいラインが太い時は、画面右下の【設定】で太さを変えることができます。

『APPTOPI』より引用
(画像=『APPTOPI』より引用)

完成形はこのような感じです!

コピースタンプを使ってみよう【TouchRetouch(タッチリタッチ)】

最後は、【コピースタンプ】です。

コピースタンプを使うと、画像内で選択した部分のペンが作成されるので、そのペンで消したいものを消したり、空いた隙間を埋めたりできます!

『APPTOPI』より引用
(画像=『APPTOPI』より引用)

【コピースタンプ】を選択したら、【ブラシ】をタップします。

『APPTOPI』より引用
(画像=『APPTOPI』より引用)

今回は、木目のペンを作って、白の文字を消してみようと思います。

左側の画像のように木目のところを選択します。

一度指を離したら、木目がコピーされます。あとは塗りたい部分を塗るだけです!

『APPTOPI』より引用
(画像=『APPTOPI』より引用)

仕上がりはこのような感じです!

私が今回は使った画像だったら他の機能でも可能ですが、レンガや森など複雑な背景の時や、消したいオブジェクトがかなり大きいとき、画像の隙間を埋めたいときなどにおすすめです。

いかがでしたか?TouchRetouch(タッチリタッチ)、ぜひ使ってみてくださいね!

提供・APPTOPI(女子の間で話題のcafeやグルメ情報などをご紹介します。)



【こちらの記事も読まれています】
BeautyPlus(ビューティープラス)の使い方を徹底解説!盛れるカメラアプリの決定版!
ダイエットの強い味方!「#オートミール 」を使ったメニューでヘルシーを極めよう♡
お花を可愛く写真に収める撮り方を伝授!意外なテクニックでさらにお洒落な一枚に♡
どんな曇り空もきれいな青空に加工できるアプリ『PICNIC』自然な仕上がりで操作もカンタン!!
【Remini(リミニ)】ぼけた写真を鮮明に!写真を高画質にする加工アプリ