第3回目となりました、自称ライター・シマヅの「クソほども役に立たないライター養成講座」。

これまで「こういうことばかりしていると仕事がこなくなる」「仕事に際してカネの話が曖昧な案件は要注意」などのお話をご紹介させていただきました。 今回は、仁義なき戦いの繰り広げられるライター界隈で成り上がるため、より具体的なお話をしたいと思います。

ただし!

私はライターとして大成した人物ではないので、基本的に「いま思えば、このようにしておけばよかった…」などの後悔を軸に記します。皆さまの反面教師としてお役立てください。

【高単価でオシャレな“うらやましい仕事”は都心の不動産と同じ】

シマヅ流・こうすればライターになれるよ講座 第3回「いざ、デビュー!」
(画像=『さくマガ』より引用)

世界的大企業の協賛がつき、オシャレかつイメージの良い媒体で、著名人と素敵なトークを繰り広げて記事にすれば世に絶賛され、1回の仕事で破格のギャランティがもらえる……そんな夢のような世界があります。私も足を踏み入れたことが無いのですが、あるらしいです。

しかし、そんな案件は都心の不動産と同じで、普通、デビューしたてのライターには入手できません。いまそこに居住している住人が出ていくこともありません。どれだけ羨んでいても無駄なので、考えることをやめましょう。芥川賞かピューリッツァー賞を取ってから、あらためてチャレンジすれば良いのです。

そして、もし貴方がきらびやかな世界に入ることができたなら、ぜひ私を引っ張り上げてください……ワイも、クラッカーにキャビア乗せたの食べながらシャンパン飲んで有名人と小粋な会話をして記事書いて銀行口座にドーン!みたいな世界に行きたいんや……。  

ともかく、最初から「条件の良すぎる仕事」ばかり探すのは無駄です。

私は、相当探しました。毎日毎日「ライター 高単価」「豪華パーティ 取材 好待遇」「有名人 インタビュアー 募集」など検索しましたが、Googleの性能が悪すぎるせいで一件も見当たらず。Siriにも「すみません よくわかりません」と言われました。石油王と結婚する方法を聞いた時も同じでした。 結局、夢のような世界を求めても無駄なのです……。

【三本の矢】

シマヅ流・こうすればライターになれるよ講座 第3回「いざ、デビュー!」
(画像=『さくマガ』より引用)

「収入がほしい。名前も売りたい。腕も上げたい。だけどなかなか良い条件の仕事が無い」

職業としてのライターに挑戦し、誰もが最初に悩む部分です。以前は筆者もライターとしての先行きが見えないことに焦り、手元の酒が、日ごろのビールから鬼ころしに変わってしまいました。嗚呼、悩みが多くて頭痛が……と悲劇のヒロインを気取っていましたが、いま思えば単に飲みすぎだった気がします。

しかし、「収入」「名前」「腕(訓練)」の3つを同時に満たすお仕事は無くても、どれか1つを満たす物は、なくもありません。まずは、それに着手しましょう。

「あれだけ時間のかかった記事で、この金額か……だが、いい仕事をした気がする!」「納期も短すぎるし、正直、私自身が評価された感じもしないが、少なくとも生活費の足しになる!ありがたい!」などなど。

ライター稼業という戦場で討ち死にする時は、収入なのか、名前を売るのか、経験なのか、常に「なにか1つ」を握りしめた上で、前向きに倒れていきましょう。

いつか、「収入」「名前」「腕」の三要素が揃うはず。当初の、頼りない一本の矢ではヘニャヘニャと折れてしまいますが、三本の矢が一つになれば、ボキッと良い音を立てて折れることができます。

うん、まあ、三本の矢が揃おうとも、ライターなんて媒体にお仕事いただいてナンボの世界ですので、か弱い存在ですけどね。多少は折れにくくなるかな、と。

【ベースとなる収入源】  

私が知っているだけでも、専業、兼業、学生、主婦、さまざまな立場でライターをしている人がいます。どんな立場であれ、とにかく重要なのは「最低限の収入を得ること」。親の仕送りやコンビニでのアルバイト代が中心でも構いませんが、とにかく食っていくことが真っ先に重要です。

もしライター稼業一本で生活していくのなら、たとえば、単価が安くて名前の出ない仕事でも量をこなすなど、まずは最低限の収入を確保しましょう(とはいえ、1文字0.03円でデータベースを文に直すキーパンチャーのような仕事の場合、今や、文章を書いているのは人間ではなくAIだったり、「これは商品が品質が良いだから安く嬉しい。最高のよろこび」「品質が良いだから日本顧客のよろこび。安く最高のよろこび」と若干怪しい言葉で★5つのレビューを何件も書くようなグローバルなお仕事だったりするみたいなので、流石に「いちおうライター志望者にふさわしい仕事」を選びましょう)。

新人ライターでも参入できる仕事、それは、いつでも替えが効く仕事だということ。黙々とPCに向かい、記事に名前は掲載されず、発注主の指示のまま、ひたすら文字を連ねる……腐ってはいけません。食っていくためですし、なんだかんだで、文章で稼げるようになったのですから。

兼業ライターや主婦、学生さんなどの場合、ライター仕事の他に収入源があれば、このタイプの仕事は少な目にする、もしくは省略しても良いので、参入しやすいかと思います。

一番危険なのは「収入の見通しが立っていないのに、ライター一本でやっていくため仕事辞めました」みたいな事例。だめです!死にます!私がそうでした!なぜ駆け出しの時期を乗り切れたのか、今でもわかっていません。

若干の貯金があったことと、家から一歩も出ず、モヤシと豆腐で生きていたから、資金が尽きる前の数か月で「どうにか家賃と光熱費と最低限の食費ぐらいは補えるようになった」という奇跡が起きたのですが、ゴリゴリ減っていく預金通帳を眺め、再来月ごろには餓死するかもと怯えながら薄暗くて寒い自宅(光熱費削減のため)でPCに向かうのは、精神衛生上も非常に良くないのでおすすめしません。

まずは土日だけでも良いので、兼業としてライター仕事をやってみて、「もはや兼業では仕事こなせないな」というほどに受注が溜まってから、あるいは、当面は暮らしていける程度の預貯金が出来てから独立してください。