くらしマグネットから、デザインが可愛すぎる!赤ちゃんのスタイ専用ハンガーができました。

スタイとは?使用時期と役割

『カワコレメディア』より引用
(画像=『カワコレメディア』より引用)

赤ちゃんのスタイとは、「よだれかけ」のこと。「ビブ」とも呼ばれます。主によだれや、ミルクの吐き戻し、食べこぼしなどで洋服を汚さないように付けるものです。

赤ちゃんは、首が座って離乳食を食べ始める、生後4~6か月ごろからよだれが増え始めます。そのころからスタイを使い始める親御さんが多いのではないでしょうか。

1歳~2歳ごろになると、唾液を飲み込む力もついてきますが、食事で服が汚れなくなるまで使うことが多いため、使わなくなる時期には個人差があります。

よだれの量や食事で汚れる頻度は一人ひとり個人差があるため、一日に何回も取り替える子もいれば、ほとんど使わないという子もいます。

デザインがかわいいものが多く販売されているため、コーディネートのワンポイトとして取り入れている方も多いようです。付け襟や、天使の羽の形をしたものなど、ちょっと変わったデザインのものでも気軽に取り入れることができます。

スタイはギフトとしても人気で、出産祝いやベビーギフトでもらうことも多く、かわいいデザインのものはついつい取っておきたくなります。

続きはこちら

提供・カワコレメディア(女の子による女の子のためのガールズメディアです)



【こちらの記事も読まれています】
【おうち時間を快適に】おうちが"カフェ"に大変身!
子供部屋をおしゃれに可愛く大変身!おすすめインテリア5選
夏本番!「レモンフレーバー×炭酸」で爽やかにいこう!
お出かけに便利♪トラベルバッグ4選
今から徹底UVケア!人気日焼け止め5選