こんにちは。さくらインターネットの武田と申します。「さくらのユーザ通信(サービスをご利用中のお客さま向けに配信しているメールマガジン)」や、さくマガの編集などをしています。

最近、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響で、「在宅勤務(リモートワーク)」を取り入れる企業が増えてきました。弊社でも、3月2日から各オフィスで「原則在宅勤務」となりました。

今回は、私が在宅勤務を続けてみて感じた「良かったこと」や、「つらかったこと」などについて思いつくままに書いてみようと思います。

在宅勤務で良かったこと①「通勤しなくていい」

通勤のために時間と体力をロスしなくていいというのは、単純ですがこんなに良いことだとは思いませんでした。

私にはもうすぐ2歳になる息子がいまして、保育園に通っていますが、とりあえず手を離すととんでもない方向に走り出してしまうお年頃です。

手をつないでいても興味がある方向にぐいぐい引っ張られることもありますし、もうどうしようもないときは抱きかかえて連れて行きます。

そんなことをしていますと、登園だけでも体力と精神を消耗するんですよね(こっちが急いでいるときほどいらんことをするっていう……子どもって不思議)。

やっと保育園に送って、さらに満員電車に乗って会社に着くころには、大きな声じゃ言えないですけど正直仕事したくないな~と思う日もあります(しますけどね)。

その点でいうと、在宅勤務なら登園後に自宅に戻るだけですので、もちろん時間的に余裕もあります。業務開始まで少しの間休憩することができるので、思った以上に楽でした。

とはいえ、時間が空きすぎるのもなんだかそわそわしてしまうので、さぶりこフレックス(※)で業務開始時間を早め、その分終業時間も前倒ししています。

在宅勤務で良かったこと②「ちょっとした家事ができる」

食器を洗ったり、洗濯物を片付けたりなど、ちょっとした家事ができるのも良いですね。一つひとつは時間がかかるものではありませんが、こういうのって放っておくと後々面倒なことになります。

子どもがいるとなかなか思い通りのスケジュールで動けなかったりして、気が付いたら家が荒れていたりするので……。

そういうのをちょっと空いた時間にささっとやってしまえば効率もいいし、仕事の合間の気分転換にもなります。あらためて書いてみると、これは意外とめちゃくちゃ良い気がします。

そして、なんか「できる人」っぽい……!

在宅勤務で良かったこと③「集中できる」

他人の目がないことで仕事に集中できていると感じます。会社にいると緊張しちゃう……ということではないんですけれど、私の場合はまわりに人がいないほうが集中できるタイプのようです。

自宅のダイニングで適度にリラックスした状態で仕事ができますし、仕事とはいえ、自宅でひとりで過ごせるというのも贅沢な感じがして気分が良いですね。

子育てしながら在宅勤務(リモートワーク) 2歳の子どもがいるお母さん社員
(画像=私の作業環境。椅子に掛けてあるのはひざ掛けです。足が冷えますので。、『さくマガ』より引用)

自宅にいると仕事モードにならないという方もいるかもしれないので、これは人によって向き・不向きがあるかもしれません。

確かに、自分の中で仕事モードとプライベートモードを切り替えるのがなかなか難しい部分もあるかと思います。

私の場合は保育園の送迎のために必ず外出しなければならないので、一応、服を着替えて軽くメイクもしますが、それがスイッチになっているかもしれません。

外に出る必要がなければ部屋着ですっぴんでも良いかなと思いますが、何らかの方法でONとOFFのメリハリをつけたほうが良さそうです。

まわりに人がいないほうが……などと書きましたが、同僚とコミュニケーションをとりにくい、ということは今のところありません。

社内で使っているチャットツール(Slack)できちんと情報共有していますし、テレビ会議のシステム(Zoom)もあるので、顔を見ながらミーティングもできています。

そもそも、普段から拠点が離れているために直接会う機会がない方もたくさんいますしね。

ただし、やはり通常会社で顔を合わせるよりは、お互い何をしているのかわかりにくくはなりますので、意識してこまめに連絡をとるようにすることが大事かなと思います。

このように、インターネット環境がないと在宅勤務は成り立ちません。弊社では今回の全社在宅勤務の支援として、臨時の通信手当や特別手当が支給されており、大変助かっています。