苺やキウイ、巨峰に柿など、美味しい果物が溢れるフルーツ王国「山梨県」。そんな山梨県が誇る高品質なフルーツたちをふんだんに使用した新スイーツブランドが誕生しました!

その瞬間に、一番美味しい果物を…!

今回ご紹介するのは、新スイーツブランド、「和乃果(WANOKA)」。

その時一番美味しい果物を使用することにこだわるだけでなく、"生"のまま使ったり、フリーズドライにしたり、ピューレにしたりと、色々形を変えて、余すところなくまるごと使っているのが特徴です。

『カワコレメディア』より引用
(画像=『カワコレメディア』より引用)

コロナ禍で大打撃を受けた、山梨県内の農家と提携することで、地元の農業の活性化にも繋げたいという想いも。美味しいもので、農家さんを救えるって、嬉しいですよね!

ラインナップもたくさん!

さて、そんな旬のフルーツを使ったスイーツたちは、種類も豊富で悩ましいほど!果実のバターサンド「はさむ」は、ドライ仕立の果物それぞれの個性をワインでやさしく引き出して、発酵バターで練り上げたサブレサンドです。

『カワコレメディア』より引用
(画像=『カワコレメディア』より引用)

サブレからとろけだす果実の旨味は、とっても濃厚でドライとは思えないほど!ミルキーなバタークリームとのハーモニーが絶妙です♡

果物はもちろん、ワインも山梨県の勝沼醸造のものだそう。

次にご紹介するのは土・日曜日、牧丘本店限定で、しかも1日10本しかいただけない、プレミアムなメニューは、真っ白なロールケーキ、「まく」。

『カワコレメディア』より引用
(画像=『カワコレメディア』より引用)

果実本来の美味しさを引き立たせるため、生地はどこまでも薄く。

主役は間違いなくフルーツながら、生クリームは、タカナシ乳業(株)の生乳100%、生地は、山梨県産北杜米の米粉を使用するこだわりが光っています!

同じく牧丘本店限定で販売されるのが、果物干菓子「おす」。こちらはフリーズドライされた四季折々の果実を、パウダーにして贅沢に使った干菓子です。

『カワコレメディア』より引用
(画像=『カワコレメディア』より引用)

口に入れた瞬間にほろりと溶ける口溶けは、熟練の技で極めたひと押しのおかげなんだとか。フルーツの甘酸っぱさと共に、どこか和を感じられるスイーツです。

そして、果実ショコラ「つつむ」は、日本の果実とフランスのチョコレートが融合した逸品でした。

『カワコレメディア』より引用
(画像=『カワコレメディア』より引用)

ワインを濃縮したジュレや苺のジュレ、黒七味のアクセントを効かせた荏胡麻(えごま)など、山梨の美味を、フランス産の高級チョコレートで包んだ贅沢な一粒です。

スパークリングキャンディーの弾ける食感は、是非食べてみてほしい驚きですよ!