「いまの仕事って、自分に向いていると思いますか?

向いているあるいは向いていないと思うなら、その理由って何ですか?」

……これ。私が仕事をしているすべてのみなさまに聞いてみたい質問である。

たとえば就職活動や転職活動を始める時。早い人なら進路を決める時から。みんなどこかで「自分に向いている仕事って何だろう」と考えるんじゃないだろうか。

天職。というとちょっと大げさかもしれないが。向いている職種。合ってそうな業界。自分が得意そうな分野。みんな多かれ少なかれそんなことを考えて仕事を選んだのではないだろうか、と。

もちろん、やりたいことが先にあり、向いているかどうかなんて考えたこともない人もいるだろう。あるいは給料や残業時間などの条件が先に立って、向いているかどうかは二の次、という人も。

しかし一方で、じゃあ実際にその仕事をやっていて、向いていると思うかどうか、を私はちょっと聞いてみたい。単純に、みんなどう思っているんだろう? 気になる。

就職活動の際は、自己分析して向いている職種を見つけましょう、という言葉をしばしば見かけた気がする。でもこれ、けっこう難しい問いだと思うのだ。だって何が向いていて何が向いていないなんて、仕事をちょっとかじってみても、まだよくわからないから。

承認のありかた

私はといえば、会社と個人事業主、どちらもやってみて、どちらが向いているかを日々考えている。そしてその差がわりと面白いな、と思っている。

けっこう仕事をしていて、向き不向きを決めるなと私が感じるのは、承認のありかたである。

もっと沢山ほめられなさい そして自信をつけなさい 自信のある子だけが次へ行けるの それが一番女の子をきれいにするの 私たちはそのために仕事してるんでしょう?

出展:おかざき真理『サプリ』2巻

……とは、広告代理店と漫画家を兼業しながら大ヒットを飛ばした、おかざき真里先生の漫画の御言葉ですが。『サプリ』、いい漫画なのです、大好き。

仕事をしてきれいになるかはともかく、仕事をしてちゃんと承認されたと感じるかどうかって、けっこう大切な話じゃないかと私は思う。

ただでさえ大変な仕事だ。ちゃんとやったぶん、承認を感じられるかどうかは、けっこう死活問題だと思う。

……というと、「会社の人に仕事ほめられたって何とも思わんわ!」と言いたくなるかもしれないけれど。

私は、承認のかたちは、世間で語られているよりもけっこう多様だと思っている。あくまで私の考えるかたちなので、ひとつの考え方、くらいのテンションで読んでほしい。