淡グリーンカラーのゆったりブラウス×白スキニーで旬見えカジュアルスタイル

yiasilhouettecoordinateyuuha1.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考ブラウス:バックボタン袖ギャザーデザインブラウス/titivate(ティティベイト) 参考パンツ:ストレッチスキニーデニム/Pierrot(ピエロ) 参考シューズ:スクエアトゥ細ベルトローヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ) 参考バッグ:巾着型ショルダーバッグ/Re:EDIT(リエディ) 参考帽子:サマーキャスケット/Re:EDIT(リエディ) 注目のグリーンカラーのトップスは、ゆるっとしたシルエットをセレクトすることでさらに旬の着こなしが叶います。ボトムスには、白スキニーを合わせ、クリーンにまとめつつYラインシルエットに仕上げましょう。

フロント部分だけタックインしてあげると、ウエスト位置が強調されてバランスUPが狙えます。さらに足元にヒールサンダルを合わせれば、脚長効果も◎。 黒の巾着バッグやキャスケットでモダンなアクセントをプラスすれば、着こなしがキュッと引き締まります。

【Iラインコーデ】万能縦長シルエットで低身長にもおすすめコーデ

白レースノースリーブトップス×黒Iラインスカートで辛口大人フェミニンスタイル

putiken-920.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考ブラウス:フラワーレースノースリーブブラウス/Re:EDIT(リエディ) 参考スカートカットジョーゼットラップ風セミタイトスカート/Re:EDIT(リエディ) 参考シューズ:スクエアトゥアンクルストラップヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ) 参考バッグ:ラウンドショルダーミニバッグ/Re:EDIT(リエディ) ロング丈のタイトスカートを取り入れれば、簡単にIラインシルエットを作ることができます。その場合、トップスもミニマルなシルエットに仕上げることが重要。

コンパクトなシルエットのカットソーや、モデルさんのようなノースリーブトップスをセレクトし、タックインスタイルですっきりと着こなすのがおすすめです。足元にはヒールを合わせてあげると、より縦長のシルエットを強調することができますよ。

Ⅴネックトップス×デニムに白ロングシャツワンピースを羽織ったカジュアルレイヤードスタイル

yiasilhouettecoordinateyuuha4.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考インナー:Vネックリブニットインナー/Pierrot(ピエロ) 参考シャツ:ポケット付きスキッパーロングシャツ/Pierrot(ピエロ) 参考パンツブリーチ加工ボーイフレンドデニム/Pierrot(ピエロ) 参考シューズ:スクエアトゥ細ベルトローヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ) 参考バッグ:ラタンサークルバッグ/Re:EDIT(リエディ) シンプルなカットソー×ブルーデニムのカジュアルスタイルをIラインシルエットに仕上げたいなら、ロング丈のワンピースやカーディガンを羽織るのが一番の近道です。シャツワンピースを羽織る場合は、ボリューム感控えめですっきりとしたシルエットのものをセレクトするのがポイント。

インナーは首元を綺麗に見せてくれるVネックデザインが◎。また、ウエストインスタイルで着こなすことでスタイルアップ効果も狙えます。

白ロゴTシャツ×オフホワイトワイドパンツに黒シースルーロングシャツを羽織った大人モノトーンスタイル

yiasilhouettecoordinateyuuha3.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考Tシャツ:ロゴTシャツ/Pierrot(ピエロ) 参考スカート:ハイウエストワイドパンツ/Pierrot(ピエロ) 参考シャツ:バンドカラーシャツ/titivate(ティティベイト) 参考サンダル:スクエアトゥ細ベルトローヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ) 参考バッグ:ウッドハンドルかごバッグ/Pierrot(ピエロ) 膨張して見えがちなホワイトコーデでも、Iラインを意識すればすっきりとした着こなしに仕上げることができます。Tシャツ×ワイドパンツのシンプルコーデにブラックカラーのロング丈シャツをさらりと羽織って、引き締め効果を狙いつつ縦のラインを強調しましょう。

シャツはすっきりとしたシルエットでほんのり透け感のあるものをセレクトすれば、全体をIラインにまとめつつ軽やかさのあるスタイリングに仕上げることができます。足元に合わせたサンダルで抜け感をプラスし、シーズンライクに着こなすのが◎。

チャコールグレーTシャツ×ニュアンスグリーン透かし編みロングスカートでトレンドライクな大人フェミニンスタイル

putiken-950.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考Tシャツ:半袖Tシャツ/titivate(ティティベイト) 参考スカート:透かし編みロングスカート/Pierrot(ピエロ) 参考サンダル:ワンバンドセパレートフラットサンダル/titivate(ティティベイト) 参考バッグ:異素材切り替えハンドバッグ/Pierrot(ピエロ) 表情豊かな着こなしを叶えてくれる透かし編みのロングスカートなら、大人フェミニンなIラインコーデにぴったり。スカートの存在感を惹き立てるシンプルなトップスを合わせるのがおすすめです。

ウエストはタックイン軽くしてブラウジングすることで、すっきりとしたフォルムをキープしつつ女性らしいシルエットに仕上げましょう。トップにシニヨンを作った大人キュートなヘアスタイルで縦ラインを強調すれば、さらにスタイルUPが狙えます。

淡グリーンシアーシャツ×ベージュミモレ丈タイトスカートでニュアンスカラーコーデ

putiken-948.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考インナー:Vネックリブニットインナー/Pierrot(ピエロ) 参考シャツ:バンドカラーシアーロングシャツ/titivate(ティティベイト) 参考スカート:麻混ナロースカート/Pierrot(ピエロ) 参考サンダル:スクエアトゥ細ベルトローヒールサンダル/titivate(ティティベイト) 参考バッグ:2wayコンパクト巾着バッグ/Re:EDIT(リエディ) トレンドライクなニュアンスカラーコーデは、すっきりとしたIラインシルエットに仕上げることで大人っぽい着こなしに。ベージュカラーの膝下丈タイトスカートは、きれい目スタイルはもちろん、旬の着こなしにも活躍してくれる万能アイテムです。

シンプルなVネックトップスをタックインしてミニマルに着こなしたら、淡グリーンのシャツをさらっと羽織って旬のエッセンスをプラス。シャツは落ち感のある素材をセレクトすることで、Iラインシルエットをしっかりキープするのがポイントです。 インナーや小物はダークカラーをセレクトしてメリハリをつけてあげると、引き締まった着こなしに。

【Aラインコーデ】ナチュラルな華やかさを表現するイイ女コーデ

白レースノースリーブトップス×ベージュワイドスカンツでほんのりフェミニンなリラックスカジュアルスタイル

putiken-951.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考ブラウス:フラワーレースノースリーブブラウス/titivate(ティティベイト) 参考パンツ:ウエストロープ付き楊柳ワイドスカンツ/Re:EDIT(リエディ) 参考サンダル:ワンバンドセパレートフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ) 参考バッグ:ウッドハンドルかごバッグ/Pierrot(ピエロ) スカートスタイルのイメージが強いAラインコーデですが、ボリューム感のあるスカンツを使えばAラインシルエットを作ることができます。トップスをできるだけコンパクトにまとめて裾広がりのシルエットを強調しましょう。

スカートよりもこなれたカジュアル感をプラスできるので、甘めのトップスを合わせてカジュアルフェミニンスタイルに仕上げるのもおすすめ。フラットサンダルでラフに着こなせば、リラックス感漂う大人スタイルが完成します。

フレアシルエットの花柄ワンピースをさらっと着こなした華やかフェミニンスタイル

putiken-961.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考ワンピース:ウエストシャーリングワンピース/titivate(ティティベイト) 参考サンダル:切替ソールワンベルト厚底ウェッジサンダル/Re:EDIT(リエディ) 参考バッグ:ウッドハンドルかごバッグ/Pierrot(ピエロ) 裾に向かって広がるフレアシルエットのロングワンピースは、纏うだけで美しいAラインシルエットに仕上げてくれる優秀アイテム。気になる下半身を自然にカバーしつつ、動きに合わせて揺れるフォルムが、表情豊かな着こなしへと導いてくれます。

モデルさんのような華やかなフラワープリントをセレクトすれば、パット目を惹くフェミニンスタイルが完成します。ウェッジサンダルでさりげなくスタイルUPしながらカジュアルな抜け感をプラスすれば、おしゃれ見えもバッチリ。

白ノースリーブトップス×ダークブラウンワイドパンツでシンプルカジュアルスタイル

yiasilhouettecoordinateyuuha2.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考トップス:ノースリーブトップス/Pierrot(ピエロ) 参考パンツ:タックロングガウチョパンツ/titivate(ティティベイト) 参考サンダル:クロスデザインウェッジソールサンダル/Re:EDIT(リエディ) 参考バッグ:マクラメ編みメッシュバッグ/titivate(ティティベイト) ワイドパンツでAラインコーデに仕上げるなら、太めのシルエットのものをセレクトするのがポイント。また、トップスはできるだけコンパクトにまとめて、綺麗なAラインを作りましょう。

トップスはノースリーブデザインをチョイスすれば、簡単にミニマルなシルエットに仕上げることができます。ウエストはタックインで腰の位置を高く見せ、よりスタイルUPを狙うのがGOOD。

シンプルなスタイリングなので、メッシュバッグなど小物でアクセントをプラスするのがおしゃれ見えのコツです。顔周りにアクセサリーを加えてクラス感も纏わせるのも素敵ですね。