シルエットを意識して個性の良さを活かすコーデへ

コーディネートを考える時にどんなことを意識しますか?アイテム自体の色やデザインはもちろん重要ですが、おしゃれな人が一番意識しているのは“シルエット”です。

自分に似合うシルエットを知ってコーディネートのポイントを抑えることで、グッとおしゃれに、自分の魅力を惹き立てることができます。さっそく代表的なシルエットの特徴や着こなしのポイントを紹介していきます。

ポイントをおさえれば簡単なので苦手意識を持たずにチャレンジしてみてください♪

・Yラインシルエットの特徴とは?こんな人にピッタリ

yiaimage1-1.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

Yラインの特徴は、上半身にボリュームを持たせること。逆に下半身はタイトなシルエットのものを合わせ、アルファベットの“Y”の字のように仕上がるようにまとめます。

例えば、トレンドのゆったりシルエットのトップスに細身のパンツを合わせるだけで、自然なYラインシルエットに仕上げることができます。上半身をナチュラルにカバーできるので、ウエストやお腹まわり、上半身のボリューム感が気になる方におすすめ。 ボトムスはできるだけタイトなものを選び、メリハリに効いたスタイルに仕上げるのがポイントです。

・Iラインシルエットの特徴とは?こんな人にピッタリ

putiken-995-3-768x1024.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

Iラインとは、縦長のシルエットを意識したスタイルのこと。アルファベットの“I”のように、上半身・下半身共にほっそりとしたシルエットになるようなアイテム選びをすることが重要です。 縦長のラインを強調してスラっと見せることができるので、小柄な方にもおすすめ。その場合は、足元にヒールを合わせることで、よりスタイル良く仕上げることができますよ。

Iラインだからと言ってピッタリとフィットするアイテムを選ぶ必要はなく、あくまでも自分の体に合ったサイズを選ぶようにすればOK。ストンとしたシルエットの膝下丈やロング丈のスカートをウエストインで着こなせば、簡単に大人っぽいIラインシルエットに仕上げることができますよ。

・Aラインシルエットの特徴とは?こんな人にピッタリ

putiken-963.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

Aラインとは、上半身のボリュームが控えめで下半身は裾に向かって広がる、アルファベットの“A”のようなシルエットを指します。下半身を自然にカバーしながら女性らしいスタイルに仕上げることができるので、太腿やレッグラインなど下半身が気になる方におすすめ。

フィット&フレア型のワンピースや、コンパクトなトップスとふんわりとしたスカートの組み合わせで簡単に手に入れることができます。フェミニンスタイルやきれい目のスタイルが苦手な方でも、カジュアルなトップスやシューズでボトムスの甘さを調節すれば、カジュアルなスタイリングにも取り入れることができますよ。

【Yラインコーデ】シルエットを上手く利用して好バランスコーデへ

半袖オーバーシャツ×チノパンできれい目カジュアルスタイル

putiken-977-2-768x1024.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考シャツ:オーバーサイズシャツ/titivate(ティティベイト) 参考パンツ:ベイカーパンツ/Pierrot(ピエロ) 参考サンダル:メニーベルトフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ) 参考バッグ:マルチカラーストライプトートバッグ/Pierrot(ピエロ) きれい色シャツ×チノパンツの清潔感触れるカジュアルスタイルは、今年らしいオーバーサイズのシャツをセレクトし、自然なYラインシルエットに。ボトムスはすっきりとしたテーパードシルエットをチョイスするのがポイントです。

オーバーシャツはタックインし、軽くブラウジングしてあげると女性らしさをプラスできます。また、ベルトやサンダルにブラックカラーを差し込むことで、さりげなく引き締めポイントに。 ヘアはすっきりとまとめ、バランスの良い着こなしを目指しましょう。

ストライプ柄ロングシャツ×白スキニーでメリハリの効いたシンプルカジュアルスタイル

image8-1-1-1.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考シャツ:スキッパーストライプシャツ/Pierrot(ピエロ) 参考パンツ:ストレッチスキニーデニム/Pierrot(ピエロ) 参考シューズ:機能性パンプス/Pierrot(ピエロ) 参考バッグ:チェーンデザイン トートバッグ/Pierrot(ピエロ) 清涼感たっぷりのストライプ柄ロングシャツにはクリーンな白スキニーを合わせ、Yラインシルエットにまとめつつ清々しいカジュアルスタイルに。ロング丈のシャツ×細身のパンツのコーディネートは、細ベルトでウエストマークしてあげると、メリハリの効いたスタイリングに仕上げることができます。

ベルトは着こなし全体を引き締めてくれる黒をセレクトするのがおすすめ。バッグも黒で統一すれば、まとまりのあるスタイリングが完成します。 足元の白パンプスで女性らしいきちんと感をプラスして、好感度抜群の大人スタイルに仕上げましょう。

白ボリュームスリーブブラウス×ブルースキニーデニムで大人フェミニンなデニムスタイル

putiken-974-768x1024.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考ブラウス:フロントボタンチュニックブラウス/titivate(ティティベイト) 参考パンツ:大人のためのゆるテーパードデニム/Pierrot(ピエロ) 参考サンダル:編み込みフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ) 参考バッグ:ラタンサークルバッグ/Re:EDIT(リエディ) ふんわりとしたボリュームスリーブが大人フェミニンな印象の白ブラウスは、ブルーデニムを合わせて爽やかさのあるMIXスタイルに。スキニーデニムで下半身をすっきりとまとめることでYラインシルエットに仕上げます。

レザー素材のサンダルやカゴバッグなど、シーズンライクな小物を合わせれば、グッと垢抜けたスタイリングに仕上げることができます。デニムの裾をロールアップして足首を覗かせることで、さりげなく抜け感をプラスするのがおしゃれ見えのポイント。

黒シャツブラウス×センタープレスパンツでスタイリッシュなオールブラックスタイル

putiken-968-768x1024.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考ブラウス:フレンチスリーブシャツブラウス/titivate(ティティベイト) 参考パンツ:リネンライクテーパードパンツ/titivate(ティティベイト) 参考シューズ:サイドカット Vデザインパンプス/Pierrot(ピエロ) 参考バッグ:シリンドリカルショルダーバッグ/Re:EDIT(リエディ) フロントポケットがポイントの黒シャツには、同色のすっきりとしたセンタープレスパンツを合わせてオールインワン風の着こなしに。ウエストは自然にふんわりとブラウジングさせることで、ナチュラルなYラインシルエットに仕上げます。

スタイリッシュなオールブラックコーデのアクセントには、クールなパイソン柄シューズがぴったり。さらに、クリアバッグなどシーズンムード漂う小物で黒の重さを調節すれば、洒落感を底上げすることができます。