楽しい仕事、やりがいのある仕事をランキングで紹介します。なんとなく仕事をして毎日が過ぎ去っていくよりも、やりがいを感じる仕事をしたほうが自分も成長することができますね。今回は、楽しくてやりがいがあると言われている仕事を集めました♡

楽しくてやりがいのある仕事に就きたい!

【2021年最新】楽しい・やりがいのある仕事ランキング25選!
(画像=unsplash.com/photos/Oalh2MojUuk、『Lovely』より引用)

仕事をするのなら、楽しくてやりがいがある仕事が良いと思いませんか?仕事が楽しいとか、やりがいがあると言っている人は、生き生きした毎日を過ごしています。

どんな仕事が楽しい仕事なのか、やりがいがある仕事なのかについて紹介します。仕事は自分に合う合わないもあるので、一概にここで紹介する全ての仕事を誰もが楽しめるとは言えません。

しかし、あなたが自分にとって良い仕事を探すヒントにはなるのではないでしょうか。

楽しい&やりがいのある仕事ランキング25選

【2021年最新】楽しい・やりがいのある仕事ランキング25選!
(画像=unsplash.com/photos/nD0VfKX_8-g、『Lovely』より引用)

一般的に楽しくてやりがいがあると言われている仕事をランキング形式で紹介します。

25位:事務職

事務職というと、毎日同じ仕事をしているとか、変わりばえがなくて飽きる仕事と思う人もいるでしょう。しかし、毎日同じ仕事をこなすからこそ、「今日はどれだけの時間で片付けられるか?」や「タスクを1つずつこなしていくことが面白い」と感じることができます。

同じ仕事ばかりをすることで、事務職のプロフェッショナルになる人もいるでしょう。とことん極めることができる仕事なので、向いている人にとっては楽しさもやりがいも感じることができるのです。

溜まった書類整理をどんどんこなしてみたり、数字をたたき出したときにきちんと一致したときの爽快感は最高のものでしょう。

24位:保育士

大変な労働の割には対価が少ないと言われている保育士ですが、やはり楽しさややりがいという面から見ると、辞められない仕事だと感じる人も多くいます。

保育士になるということは、もともと小さな子どもが好きなのでしょう。純粋な子どもと毎日関わることが楽しく、子どもの成長を見たり保護者との関わりを持つ中で大きなやりがいを感じるものです。

保育士は、保育園でのイベントもあるので、そのイベントが無事に終わるごとに達成感を得られる仕事でもあるでしょう。

23位:美容師

おしゃれが好きな人や、独特のセンスが自慢の人にとっては、美容師は天職にもなるでしょう。今はカリスマ美容師などもどんどん出てきて、テレビで紹介されたりと美容師の社会的地位も上がっています。

お客様を満足させる仕事なので、お客様の笑顔を見たり、リピーターになってくれることで大きなやりがいを感じることができるでしょう。

22位:接客業

アパレルなどの接客や販売業が楽しくて、やりがいを感じる人も多くいます。最先端のおしゃれに囲まれた世界は、一見とても華やかです。

しかし、実はヒールを履いての立ち仕事で足が痛かったり、数字に追われてしまったりと大変な部分も多々あります。それでも、接客中にお客様と関わっている時間は辛いことも忘れて楽しい時間を過ごすことができると言われています。

自分がおすすめしたものに、お客様が感動してくれて、接客態度を褒められることがあればやりがいもそれだけ大きくなるでしょう。

21位:製造業

製造業は、何かを造る仕事です。もくもくと作業をすることが好きな人にとっては、集中できる楽しい仕事になるでしょう。

自分が造ったものが若い人や世の中で流行り、街中で目にすることがあればとても誇らしい気持ちにもなります。

何よりも、自分が造ったもので社会に貢献することができたら、やりがいを感じずにはいられないでしょう。

20位:芸能関係

ネット社会になっている今、芸能関係の仕事も大変なことが多くなっています。しかし、努力が認められる仕事でもあり、ファンが支えてくれる仕事でもあるため、やりがいを人一倍感じることができるでしょう。

一般的な仕事をするよりも、精神的にも体力的にも大変なことをしているのが芸能関係です。生き残るのも大変な世界ではありますが、多くの人を喜ばせ幸せにする仕事でもあります。そこにやりがいを感じる人が多いでしょう。

19位:コピーライター

CMや広告などのキャッチコピーを考えるのがコピーライターです。キャッチコピーというのは、そのCMや広告の顔にもなることなので、誰もが覚えやすくインパクトがあるものを考える必要があるでしょう。

様々な知識とともに、ひらめき力も必要な仕事です。何もひらめかないときは、多くの苦労もするでしょうが、自分が考えたキャッチコピーが使われたり流行ったりしたら、やりがいを感じずにはいられないものです。

18位:ITエンジニア

情報技術に携わるのがITエンジニアです。未来に向けて、とても必要な仕事であり、人手不足であることも指摘されています。

多くの知識が必要で、変わりゆく時代の中で覚えることもたくさんあるでしょう。しかし、IT関係のプロとして頼られることが多くなります。

貴重な存在として、幅広く活躍でき認められる仕事になるのではないでしょうか。

17位:研究開発

医薬品の研究もあれば、化粧品の研究もあったりと、研究開発にも様々なジャンルがあります。共通して言えることは、自分たちが研究して開発したものが世に出ることで社会に貢献できる可能性があるということです。

研究開発には、とてつもない時間がかかるでしょう。何度も失敗を繰り返して上手くいく方法にたどり着くこともあります。努力なしではできない仕事だからこそ、やりがいが大きいのです。

また、研究がうまくいって喜ぶ人の顔を見ていると、この仕事の楽しさも感じることでしょう。

16位:インテリア関係

インテリア関係とは、インテリアコーディネーターや、インテリアショップで働く人を意味しています。時には、建築系に関わる人もいるでしょう。

インテリアは、暮らしの中に必要不可欠なものです。自分が提案したものを購入する人がいたり、自分の提案で幸せに暮らす人がいたりすると思ったら楽しくて仕方がない仕事になるでしょう。

15位:教師

子どもに勉強や社会のことを教えていくのが教師です。子どもだけでなく保護者との関わりもあり、時には問題にぶつかることもあったりと大変な思いをすることも多いでしょう。

しかし、子どもの笑顔と成長に触れることができるため、とてもやりがいがあります。教師になることで、自分も成長できると感じる人もいますよ!

14位:投資家

世界の景気に左右される投資家は、実は物事の最先端にいるのではないでしょうか。世界情勢を見たり、日本経済のことに詳しくなったりと知識が多くなる仕事でもあります。

自分が知識を磨き、深め、実践することでお金を増やすことができるので、やりがい抜群の仕事です。チャート分析などの分析力も必要ですが、勉強するだけ身になるものでしょう。

13位:人事

人を見抜く仕事でもあるのが人事です。人事の行動1つで会社の雰囲気を変えることができるでしょう。最も社員のことをよく把握しておかなければならない部署でもあります。

良い人材を見つけるための採用活動、社員教育、会社内の人事異動など様々なことに関わっていくのが人事です。

自分が提案した人事で会社の雰囲気が良くなったり、業績が上がったりすると、最高にやりがいを感じることでしょう。

12位:営業

とても大変なイメージが強い営業職。会社からのノルマに追われ、お客様に頭を下げなければならない日も多いでしょう。

しかし、大変だからこそやりがいがあるものです。営業職は、歩合で給料に差が出ることもあるので、まさに自分が評価される仕事。色んな数字に自分の能力が現れるためやりがいを感じることができるでしょう。

また、営業ということは、人との出会いが豊富に訪れます。その中に楽しさを感じることもできるため、営業職が天職だと感じている人も多いのです。

11位:バイヤー

洋服などの買い付けの仕事ですが、トレンドを先に把握して、どんなものが売れるのかを知る必要があります。抜群のセンスと、トレンドに関する知識が必要な仕事ですね。

いつもアンテナを張っていないといけないため、心が休まる暇もなさそうと感じられますが、実際は流行る商品を見つけ出したときのワクワク感がすごいとも言われています。

街中で、自分が買い付けたものがヒットしたときは、最高に嬉しいことでしょう。