”引きこもること”の原動力

インターネットは「引きこもり行為」と相性がよいです。パソコンがあれば部屋からでなくていいし、スマホさえあればお布団の中からもでなくてよいですよね。

では、引きこもって、延々とネットしていたことはありますか?

私はあります。10年ぐらい前になりますが、毎日10時間ぐらいインターネットし続け、自分の殻に閉じこもっていました。

一般に、”引きこもり”は、怒りが原動力で起こります。

社会への怒り、周りへの怒り、親への怒り・・・そうした怒りの感情が、心と外側を隔ててしまうのですね。大昔から、「イリアス」(ホメロス)でも、英雄アキレウスは戦争の理不尽に大激怒してひきこもり体制にはいります。

私の場合は、ふがいない自分への怒りでした。

どうしてこんなにうまくいかないのだろう、どうして上手に生きられないのだろう、どうしてこんなに生きているのがつらいのだろう・・・。

そういう感情でコチコチになって、一人暮らしのアパートに引きこもって、ぼーっとパソコンを眺めていました。

1日10時間インターネットしてたころ

そこで、1日10時間ぐらいインターネットをしていたのです。インターネットで何をみていたか、それは、芸能人のゴシップ掲示板です。当時30歳前後で、働き出して10年がたち、ろくにバラエティ番組すら観られない生活をしていた私には楽しかったのです。朝に放送しているテレビの情報番組が面白すぎ、その流れでゴシップ掲示板に入り浸っていました。

きらびやかな芸能人が織りなす、成功の輝かしさや、失敗の人間くささ。

売れている芸能人が持っている、不思議な「運」や突出した「自己管理能力」。語りのうまさ。

そうした人間の営みや息吹に夢中になっていました。

掲示板中をうろうろし、「誰か次の書き込みしないかなあ」とばかりに、リロードを繰り返していました。

今となっては、とんでもなく恥ずかしい趣味です。しかし、それが思いもよらない展開を呼んだのでした。

さすがに飽きて、体作りに舵を切った

そんな生活が1年近く過ぎて、芸能界中の人に詳しくなってきました。

友達とも連絡を取らず、引きこもってインターネットで芸能人のゴシップをひたすら読んで痛すぎる人・・・それが私です。ではどうやってその状態から脱したのかというと、単に私がインターネットに投じる時間が長すぎて、新規の書き込みを待っていられなくなったのです。ようするに、飽きました。

そして、「また働きたいな」と思ったのです。といっても当時はリーマンショックの直後で不景気ですから、まずは体力をつけようと考え、毎日トレーニングに精を出すことにしました。掲示板でとある芸人さんのラジオ番組を全録している方に、録音した音源を譲ってもらい、プレイヤーにいれて毎日毎日ウォーキングをして、20キロ歩き続けました。

すると、なんだか体調もよくなってきたのです。

芸人さんのラジオを聞きながら歩いているので、笑いをこらえるのが大変でした。笑うので精神的にも弾けるような感覚で、体力作りをして、さすがに毎日20キロも歩き続けると体が丈夫になってきたのです。どんよりした気分も吹き飛んでいきました。

心と体が整って、さあ再出発!

と思っても、世の中はそう甘くありません。引きこもって掲示板をみて暮らしていた私に、そうそう仕事は見つからなかったのです。