次世代音声SNSとして注目されたClubhouse(クラブハウス)が連日話題になっていた時点から2か月くらいはたったでしょうか。

いわゆるインフルエンサーと呼ばれる流行感度が高い人たちから火がついて、芸能人、著名人の参入もあり一気にバッと認知が広がりました。テレビのワイドショーでも取り上げられて、一時はTwitter、インスタグラムに追随するようなSNSになるのではと思うほどの勢いがあったように感じます。

招待制SNSということで、参加しているだけで得ることができる特別感、優越感もあり、いわゆるマウントを取りやすい構造でした。しかし広がるにつれ、誰でも参加できるようになると、その特典を享受することが難しくなっていきます。アプリの中身もラジオやYouTubeと比較されると及ばない部分があり、継続して使いたいと思えるものでなかったようで、もうほとんどの人が話題にすらしなくなった印象を受けます。

なぜ私が今更Clubhouseの話題をするのかというと、流行りに完全に乗り遅れて、お祭り騒ぎを外から羨ましく眺めていたからなのです。

Twitterのフォロワーが約3万人弱いる私。ネット系に強そうなアカウント名。初期に誘われてもおかしくなかったと思うのですが、ビックリするほど招待が来ませんでした。理由は明確で、友達が少ないからでしょう。

「アンドロイドだからClubhouseの招待が来ないのか……。」と招待されるのを期待して渾身のアンドロイドギャグを呟いたりもしましたが(クラブハウスのアプリはiOS版のみでAndroidユーザーは使うことができませんでした。ちなみに私はiPhoneとAndroidのスマホ2台持っています)ややウケしただけで、その後も招待は全く来ませんでした。

しかし、あれだけ人気だったものが一気に飽きられて、忘れ去られていく姿を見ていると、これはむやみやたらと新しいSNSとやらに飛びつかなくて良かったのではないかと思えてくるのです。

一時は参加できないことに疎外感を抱いたりもしましたが、結果的に流行りに左右されず自分を持っている「ネットリテラシーが高いやつ」という見られ方もされるのではないかと、ダウンロードしなかったことへの誇りを今では少し感じていたりするのです。(試合に負けて勝負に勝つ的な? 違うかな……。)

「ネットリテラシー」という言葉の意味

ところで、近年よく聞く「ネットリテラシー」という言葉ですが、調べてみると千葉県警察のサイトがこのように書いていました。

ネットリテラシーとは、インターネット・リテラシーを短縮した言葉で、インターネットの情報や事象を正しく理解し、それを適切に判断、運用できる能力を意味します。

(引用:千葉県警察 ネットリテラシーの基本)

私自身もネット上で発信することを仕事にしているので、絶対に身につけなければならない能力だと思っていますし、実際に出所が不明の情報や人のプライバシーに関する情報の取扱いには気をつけているつもりです。

ネットリテラシー欠如から炎上に繋がったりもするので、情報をちゃんと正しく見極める力が必要だなと思っているのですが、炎上というのは表に出る活動しているかぎり避けては通れないような気もしています。

仕事で用意されたセリフや演出が不適切なものだったから炎上。スタッフさんや共演者への態度が悪くみえたから炎上。最近だと、緊急事態宣言のさなかにもかかわらず出歩いていたから炎上。

もしかしたら一瞬の場面を切り取られただけなのかもしれませんが、どんなに些細な火種からでも火が着くと燃えるのは一瞬で、芸能人やYouTuerが謝罪に追われている姿を見るたびに明日は我が身かもしれないと、恐ろしく感じています。「炎上 対処法」というページをお気に入りフォルダに入れて、いつでも見返せるようにしているくらいには恐れています。

不用意なことはしないように日常生活を送るうえでも気をつけようと思っていますが、最近は過去の出来事までさかのぼって炎上してしまうケースもあるみたいなのです。