「やりたい仕事に挑戦したいけど、後悔するのが怖くて踏み出せない……」
「そもそも、やりたい仕事が分からない」

働き方や生き方がますます多様化し、自ら「選択」を重ねていかなければいけない今の時代。働く女性たちの、仕事やキャリアに関する悩みはなかなか尽きない。

そこで今回は、生命の原理原則に立ち返って、“後悔しない”キャリアの歩み方を考えてみたい。

お話を聞いたのは、著書『ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考』(NewsPicksパブリッシング)が話題のジーンクエスト代表・高橋祥子さん。

2014年に日本初の個人向け大規模遺伝子解析サービスを始めた当初は、あまりの新しさから批判されることもあったが、「今は自分の選択を後悔することもないし、迷うこともほとんどない」と語る。

ではなぜ、高橋さんは「悔いのない道」を歩めるようになったのだろうか。

キャリア選択に不安や迷いを感じる私たちは、どうすれば良い選択ができるのか。そのヒントを、高橋さんの「生命化学的思考」から紐解いてみよう。

20~30代は「想像がつかないこと」「難しそうなこと」をやってみる

--20~30代女性の中には、「やりたい仕事」を見つけたいけれど、考えても「やりたい仕事が分からない」という人も多いです。そんなときはどうすれば?

人の脳は経験から学習するので、経験したことのない仕事はよく分からないんです。もしも世界中の職業について書いてある本があり、それを全ページ読んだとしても、自分の適職は分かりません。

私がお勧めするのは、「未経験リスト」を作り、それを一つずつ消していく方法です。特に20代のうちは食わず嫌いをせずに、できるだけ想像がつかない仕事や、難しそうな仕事を選択してみるといい。

30代になっても、一時的に自分が知らないことに取り組む期間を設けてみると、自分を知り、やりたい仕事を知るきっかけを得られやすいと思います。

--確かに、頭で考えているだけではやりたい仕事は分からないですよね。

変化の時代に意識すべきは、変わらない軸。「生命科学的思考」で考える“後悔しないキャリア”の歩み方
(画像=『Woman type』より引用)

はい。これまでやってきた仕事が性に合わなくて「やりたいことを仕事にしたい」と嘆いている人たちが、「とはいえ、やりたい仕事が何なのか分からない」という状態に陥るのは、当然なんです。

過去の経験値にないことは、誰にも分からない。それだけのことです。やりたい仕事を見つけたいなら、選り好みせずに自分の経験を増やしていく他ないのではないでしょうか。

--なるほど。高橋さんは、研究者と起業家の顔をお持ちですが、なぜ研究だけでなく経営も行おうと思ったのですか?

研究成果を社会実装するには、大学の中だけで研究を続けるよりも起業するべきだと考えました。それに加えて、一個人のキャリアの観点からも、起業はした方がいいと思ったんです。

最初は大学に残って研究職につきたいと思っていましたが、私にとっては大学だけのキャリアは想像ができてしまいました。何年で何本論文を書けると何歳ぐらいで准教授になって……というように。

自分の努力次第で変えられる幅は比較的狭く、私はそれをリスクだと考えました。

--全て分かっている世界にいた方が安心という見方もありますが、むしろその逆だと。

はい。自分の視野も狭くなりますし、自分にとって予測可能な世界だけに身を置いていると経験の数が圧倒的に少なくなると感じました。

逆に、起業は自分にとって未知だったので、無数の経験する価値があるとも思いました。

起業に不安はなかったかとよく聞かれますが、当時学生だったのでもし失敗してもただの学生に戻るだけ。死ぬわけでもなし、何とかなるという思いはありました。

「後悔しない」と覚悟を決めれば、今の行動が変わる

--ジーンクエストを創業した際は、周囲から否定的な意見もあったそうですね。

ええ。遺伝子解析自体の理解もまだまだ浸透していなかったので、遺伝子を調べるなんて危ないとか怖いと言われることがよくありましたし、よく分からないから怖いという理由で頭ごなしに否定する人もいました。

批判された時は、すごく悲しかったです。社会のために良いことをしたいと思ってるのに、どうしてそんな風に言われなきゃいけないんだろうって。

でも新しいテクノロジーに対する人々の反応を冷静に考えてみると、私みたいに新しいチャレンジが好きな人と、慎重になる人が両方存在するのは当たり前なんですよ。

どちらが良いという話ではなく、遺伝子にはそうした新しいものに対する性格の多様性の存在自体が刻み込まれているので。

--意見が多様であることは当たり前だ、と。

変化の時代に意識すべきは、変わらない軸。「生命科学的思考」で考える“後悔しないキャリア”の歩み方
(画像=『Woman type』より引用)

ええ。みんながみんな、私みたいな性格だったら、生物のシステムとしては成り立ちません(笑)。

新しいものに対する開拓性についての個人差の遺伝子多型も明らかになっていて、さまざまな性格の人がいるから生物が集団として成り立つんです。それが生命の原理原則。

例えば、保守的なタイプの人もいることで、種全体としての生存可能性を高めています。リスクをとって何かに挑戦したりする人しかいなければ、それはそれで危険ですし、個の多様性がないと生存の可能性も下がりますからね。

それに気づいてからは、自分と違うタイプの人を否定するのではなく、むしろその存在に感謝しなければいけないと思うようになりました。
  

--生物として、自然な反応が出ているだけだと思えばいいわけですね。

はい。また、起業に際して批判を受けて学んだのが、「覚悟」の大切さでした。

--覚悟、ですか?

はい。起業後さまざまな困難に遭い葛藤を抱えた時にユーグレナ社長の出雲や経営者の先輩たちの姿を観察していると、「覚悟を決めている人は自分の選んだ道に葛藤しない」と学びました。

覚悟とは、「自分との約束」と言い換えられると思っています。

私は、「やってみないと何が起こるか分からない」という気持ちでサクッと起業してしまったので、後から起業の道が良かったのかどうか考えましたが、もし最初に「何があっても絶対に後悔しないことを決めておく」という覚悟を持っていれば、批判されても何の迷いも生じなかったはずです。

それに気づいてからは、「覚悟すること」そのものを習慣にしているので、自分の選択に対してこれでよかったのかと悩んだり、葛藤したりすることはほとんどないですね。