今注目のノンホールピアスとは、どのようなものかご存じですか?ノンホールピアスは痛くないので、ピアスやイヤリングに苦手意識のある方におすすめです。今回は、ノンホールピアスとはどんなものかをお伝えするとともに、選ぶときの注意点や人気のデザインも併せてご紹介します。

ノンホールピアスとは?

ノンホールピアスとは、耳に穴を開けずにつけられるアクセサリーです。イヤリングの一種で、ピアスのように見えるのが特徴です。金属アレルギーでピアスができない方や、イヤリングでは耳が痛くなる方に人気があります。

ノンホールピアスを選ぶときのポイント・注意点

ノンホールピアスはピアスのように耳に開けた穴に通すわけでもなく、イヤリングのようにコンバーターできつく留めるわけでもありません。ノンホールピアスは、落ちにくいものを選び、正しく装着する必要があります。

樹脂製で金属アレルギーの人も安心

ピアスを付けると耳たぶが赤くなったり痒みが出たりと、アレルギー症状が出る人がいます。金属アレルギーですね。そんな方でも安心なのが、樹脂製のノンホールピアスです。

ノンホールピアスの多くは、耳を挟む部分が樹脂で作られています。樹脂タイプが多いといっても金属を使ったノンホールピアスもあるので、購入前にしっかりチェックすることが大切です。

サイズが合っているか確認

耳たぶが薄い人の場合、ノンホールピアスはゆるすぎてすぐに落ちてしまう危険性があります。試着できるようなら、自分に合うサイズかどうか確認してみましょう。

試着できない場合、きつい場合はノンホールピアスを指で広げれば少しずつゆるくなります。ゆるい場合は、モチーフ部分を避けてドライヤーをあててから指で押さえることできつくすることができます。

落ちないように装着する

ノンホールピアスの装着方法は、ピアスとも通常のイヤリングとも違います。正しく装着しなければ、気付かない間に落としてしまう危険性があります。もともとが痛くないように作られているノンホールピアスなので、外れたときに気付きにくいのです。

落とさないようにするためには、正しく装着したあとで少し引っ張ってみて、落ちないかどうか確認する必要があります。

耳の横からフープを入れる

もともと耳たぶが薄い方、動くことが多く振動で落としそうな方は、ノンホールピアスを正しく装着し、落とさないように気を付けましょう。

ノンホールピアスの正しい装着法をお伝えします。まず、片方の手で耳たぶをつまみ、薄くなっている箇所を確認します。その薄くなっているところ、あるいは耳の付け根からノンホールピアスをすべり込ませます。

耳たぶにスライドさせる

次に耳たぶにスライドさせるのですが、このとき、ノンホールピアスの底部分が耳たぶの形にフィットさせることが大切です。位置を間違えなければ、耳たぶの厚みがノンホールピアスをホールドしてくれます。

他にも、着替えがある日は装着しない、引っ掛かりやすい髪型は避ける、ストールやマフラーをする日は装着しない、運動する際は外すなどして気を付けましょう。

耳たぶにそのまま付けるのは壊れる原因

正しい装着方法を守り、引っ掛からないように気を付ける、ときどき鏡を見て確認するなどの注意をしていれば、落ちることはほとんどないでしょう。

気を付けたいのが、急いでいるときや慣れてきて扱いが雑になってきた頃です。焦ってノンホールピアスを耳たぶに直接付けようとしてフープを開いてしまうと、壊れやすくなってしまいます。

人気!花モチーフは種類が豊富

ノンホールピアスは、デザインも豊富です。どれを選んだらよいのかわからない方へ、おすすめのデザインをお伝えします。まずは、女性らしさを引き出す人気の花モチーフのノンホールピアスからご紹介します。

大ぶりの花びら

ノンホールピアスとはどんなタイプのピアス?選ぶときのポイントと注意点
(画像=a.r10.to/hVgwj0、『Lovely』より引用)

大ぶりの花びらを模したノンホールピアスは、華やかさと存在感が抜群で、人目を引くこと間違いなしです。大ぶりながらも花びらモチーフなので、上品に映ります。

髪をアップにしてノンホールピアスをしっかり見せても良いですし、髪を下ろしているときにチラリと覗かせるのも良いですね。爽やかな春夏におすすめのノンホールピアスです。

ガラスドーム+ドライフラワー

ノンホールピアスとはどんなタイプのピアス?選ぶときのポイントと注意点
(画像=a.r10.to/hyiCrv、『Lovely』より引用)

ガラスドームにドライフラワーを閉じ込めたデザインのノンホールピアスは、華やかさと可憐さを併せ持つアクセサリーです。小さいブーケのようにも見えるため、プレゼントにもおすすめです。桜やアジサイ、マーガレットなど、季節を感じられるものもあります。

顔を動かす度にドライフラワーが細かく動き、見る人をうっとりさせるデザインです。

天然石ビーズ×フラワー

ノンホールピアスとはどんなタイプのピアス?選ぶときのポイントと注意点
(画像=a.r10.to/hD2j0g、『Lovely』より引用)

ノンホールピアスをカジュアルに楽しみたい方には、天然石やビーズとフラワーを組み合わせたデザインがおすすめです。フラワーが小ぶりで揺れるデザインのノンホールピアスを選べば、子供っぽくなりません。

天然石やビーズは、外で見ると陽の光を反射してキラキラと輝くので、小ぶりなデザインでも注目を集めることができますよ。

パール×透かしフラワー

ノンホールピアスとはどんなタイプのピアス?選ぶときのポイントと注意点
(画像=a.r10.to/h6k4kr、『Lovely』より引用)

パールの付いたノンホールピアスは、上品さと高級感を与えてくれるため大人の女性に人気があります。パールのみだと華やかさに欠ける、あるいは遊び心が欠けると思う方におすすめなのが、パールと透かしフラワーを組み合わせたノンホールピアスです。

フラワーの存在感が強くないため大人っぽい雰囲気がありますし、揺れるデザインは女性らしさを感じさせてくれます。

パステルカラー×フラワー

ノンホールピアスとはどんなタイプのピアス?選ぶときのポイントと注意点
(画像=a.r10.to/hDZ6Jt、『Lovely』より引用)

パステルカラーのファッションに合わせるなら、同じカラーのノンホールピアスを合わせて上品にまとめましょう。パステルカラーとフラワーの組み合わせはとても可愛らしく、小ぶりなものなら、子供っぽくなりすぎません。

パステルカラーは身につける人の気分を明るくしてくれるので、ピンクやイエロー、ラベンダーなどいくつか揃えておきたいですね。

エレガントなノンホールピアス

可愛らしい雰囲気のフラワーモチーフの次は、上品さや高級感を与えるエレガントな雰囲気のノンホールピアスをご紹介します。エレガントなアクセサリーは年齢を問わず身につけられ、フォーマルな場でも活躍しますよ。

ウェーブバー×チェーン

ノンホールピアスとはどんなタイプのピアス?選ぶときのポイントと注意点
(画像=a.r10.to/hVgwbQ、『Lovely』より引用)

チェーンのみでもシンプルでおしゃれですが、ウェーブ形のバーが下がっているタイプなら、上品な印象がプラスされます。職場でもフォーマルな場でも浮くことなく、さりげないおしゃれが楽しめるノンホールピアスです。

あまりごちゃごちゃとモチーフが付いているとカジュアルになってしまうので、できるだけシンプルな縦ラインが美しいデザインがおすすめです。

パール

ノンホールピアスとはどんなタイプのピアス?選ぶときのポイントと注意点
(画像=a.r10.to/hyFEdb、『Lovely』より引用)

冠婚葬祭で使いたいのなら、パールのノンホールピアスがおすすめです。大粒のパール一粒が付いたノンホールピアスでも良いですが、大小のパールを組み合わせたデザインのノンホールピアスなら、上品さの中に可愛らしさも見え、普段使いもできます。

パールは光が当たると輝くため、顔周りを明るく見せてくれるというのもポイントが高いですよね。

ツイストフープ

ノンホールピアスとはどんなタイプのピアス?選ぶときのポイントと注意点
(画像=a.r10.to/h5SSYE、『Lovely』より引用)

一見シンプルでも、さりげない個性が光るデザインがお好みの方には、ツイストフープモチーフのノンホールピアスがおすすめです。ひねりが加えられているため、陽が当たるとキラキラと反射して綺麗ですよ。上品でありながら、人目を引きつけるデザインです。

フープデザインは、あまり大ぶりのものを選んでしまうとカジュアルになってしまうので気を付けてくださいね。

ティアドロップ

ノンホールピアスとはどんなタイプのピアス?選ぶときのポイントと注意点
(画像=a.r10.to/hwArKO、『Lovely』より引用)

繊細な印象を与えるティアドロップモチーフのノンホールピアスには、エレガントでありながらどこか儚げな美しさがあります。揺れるデザインのノンホールピアスなら、ティアドロップが光を集めてキラキラと輝きを放ちますよ。

上品さを求めるなら、ティアドロップモチーフが小ぶりのものを選ぶと大人っぽい印象でおすすめです。

パヴェボール

ノンホールピアスとはどんなタイプのピアス?選ぶときのポイントと注意点
(画像=a.r10.to/huAucu、『Lovely』より引用)

ビジューを敷きつめたボール型デザインのノンホールピアスは、上品さだけでなく存在感もあるアクセサリーです。小ぶりなデザインのノンホールピアスを選べば、どんなファッションにも合います。

小さくてもミラーボールのように光を反射するので、人が集まる場で注目を集めることができますよ。合コンやパーティーでも大活躍でしょう。