体型カバーする際に抑えたいポイントって?

ぽっこりお腹やウエスト&ヒップライン、脚のシルエットや太さなど、体型の悩みは人それぞれ。気にしないよう努めていても、ふとした時に人と比べてしまい、どうしても気になってしまうのが女心ですよね。

でも、体型ばかりを気にしておしゃれを楽しめないというのでは勿体ない!体型に合わせた洋服選びを心掛けたりちょっとした着こなしのコツを掴むだけで、驚くほど自然に体型カバーすることができます。

今回は、体型別に自然にカバーしながらおしゃれ見えが叶うコツを紹介していきます♪

着痩せコーデの考え方

file1.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

さほど細いわけではないのに痩せて見える…周りにこんな友達はいませんか?それはきっと、着痩せのコツを掴んだコーディネートをしているからかもしれません。

着痩せして見えるコツは、ただ隠すだけでなく、自分の細い部分を強調してあげることにあります。つまり、自分の美しいポイントを上手く惹き立てることによって、気になる部分を自然にカバーすることができるのです。

自分の体の中で見せるべきところと隠すところをきちんと見極め、体型に合ったコーディネートをすることによって、グッと魅力的な着こなしに仕上げることができます。

色や柄の選び方のポイント

file2.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

気になる部分をできるだけ細く見せたい時には、着やせして見える引き締めカラーを選ぶのが常套手段です。ブラックやネイビー、チャコールグレーやブラウンなどの濃色が有効。

また、暖色よりも寒色を選んだ方が、引き締まった印象を与えると言われています。もし暖色をセレクトするなら、なるべく濃い目の色調を選ぶようにするといいですよ。

他には、縦のラインを強調できるストライプ柄やリブ素材などもおすすめ。柄物を選ぶ時は、なるべく地色が濃い目のものを選ぶのが無難です。

サイズ選びのポイント

file3.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

気になる部分を自然にカバーしたい時には、身体にフィットするジャストサイズよりも、ほどよくゆとりがあるものを選ぶのが正解です。ルーズな印象にならないためには、手首や足首など細い部分を見せることが重要。

また、ゆるっとしたサイズでも落ち感のあるとろみ素材をセレクトするなど、女性らしい華奢見えポイントを作ってあげることもスタイルアップに繋がります。

【ウエスト】 メリハリをつけてすっきりシルエットに

ノースリーブフレアトップス×ホワイトスキニーパンツでメリハリカジュアルスタイル

file4.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

参考トップス:ボックスシルエットTシャツ/Pierrot(ピエロ) 参考パンツ:アンクル丈スキニーデニムパンツ/Pierrot(ピエロ) 参考シューズ:アンクルストラップサンダル/Pierrot(ピエロ) 参考バッグ:ショルダー付きマルチカラーストライプトートバッグ/Pierrot(ピエロ) ウエストを自然に隠すことができる長めシルエットのトップス。さらにフレアシルエットのものをセレクトすれば、よりふんわりとナチュラルにウエストラインをカバーすることができます。

この場合、ボトムスにボリュームのあるアイテムを合わせてしまうと全体がルーズなシルエットになってしまうので、すっきりとした細身のパンツを合わせてメリハリの効いたスタイリングに仕上げるのが正解です。さらにヒールのあるシューズを合わせれば、脚長効果も◎。

きれい色トップスで着映えを狙うのもいいですね。

リブニット×ウエストリボンパンツできれい目パンツスタイル

file5.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

着用トップス:選べるネック綿混リブニット/Pierrot(ピエロ) 着用パンツ:サイドベルトボックスパンツ/Pierrot(ピエロ) 着用シューズ:プリーツバッグ/Pierrot(ピエロ) 参考バッグ:ポインテッドトゥサイドジップショートブーツ/Re:EDIT(リエディ) ウエスト周り全体を隠してしまうコーディネート以外にも、気になるウエストを上手くカバーする方法があります。ウエストリボンなど逆に目を惹くディテールを取り入れれば、太さよりもデザインが惹き立つので、自然にスタイルUPが可能に。

トップスは、リブデザインなど縦のラインを強調できるものがおすすめです。ダークカラーや寒色のパンツをセレクトすることで、すっきりとした印象に仕上げることができますよ。

ドット柄ボウタイブラウス×IラインスカートでオフィスにもOKなきれい目スカートスタイル

file6.jpg
(画像=『プチ研』より引用)

着用トップス:ドット柄タイ付きボリュームブラウス/Pierrot(ピエロ) 着用スカート:カットスエードタイトスカート/Pierrot(ピエロ) 参考シューズ:ポインテッドトゥサイドジップショートブーツ/Re:EDIT(リエディ) ウエストラインが気になるからといって、すっきりとしたIラインスカートを着こなすのは無理と諦めてはいませんか?実は上手に上半身に視線をそらすことによって、さりげなくウエストラインをカバーすることができます。

この秋注目のレトロフェミニンなボウタイブラウスは最適なアイテム。フロントでリボン結びする以外にも斜めに流したりふんわりと垂らしたり、表情豊かな着こなしが演出できるので、自然に上半身に視線を集めることができます。

合わせるスカートは、フィットしすぎないサイズ感のものをセレクトすることが重要。また、体のラインを拾いすぎないほどよく厚みのある生地感のものを選びましょう。