赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。

10倍がゆとは?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

生後5~6ヶ月を過ぎたら、いよいよ離乳食のスタート! まずは10倍がゆからはじめて、段階的に7倍がゆ、5倍がゆと進めていきます。この「~倍」とは、お米に対して使う水の分量のことです。

  • 10倍がゆ=米1:水10
  • 7倍がゆ=米1:水7
  • 5倍がゆ=米1:水5

ずっと母乳やミルクで栄養をとってきた赤ちゃんにとって、いきなり固形物を食べるのは困難です。おかゆは消化の吸収が良く腸や胃に負担がかかりません。またアレルギーの心配が少ないため、離乳食デビューの赤ちゃんにぴったりなのです。水分を多く含んだ10倍がゆで、「食べること」に徐々に慣らしていきましょう。

いつまで10倍がゆをあげるの?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

離乳初期の2ヶ月間は「ごっくん期」。まずは舌を使って10倍がゆを「ごっくん」と飲み込むことに慣れさせましょう。はじめは10倍がゆを裏ごしし、おもゆやお湯でポタージュ状になるまで伸ばしたものをあげてください。慣れてきたらヨーグルト状のかたさにします。離乳初期の一回量の目安は、大さじ1~2ですが、最初は小さじ1杯からはじめましょう。

パターンいろいろ 10倍がゆの作り方

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

10倍がゆは離乳初期の基本食。作り方は色々あります。時間があるときは生米から炊く、忙しいときはレンジで時短するなど、シーンによって使い分けるのもいいですね。

生米を使う場合

生米からつくるおかゆは時間がかかりますが、味が良いのが特徴です。余裕があるときは生米からつくってあげたいですね。

小鍋でつくる

  • 生米…200g(1/2カップ)
  • 水…1リットル(5カップ)

  • 洗米したお米をざるにあげ、水分をきる。

  • 分量の水を注ぐ。
  • 20~30分おいて水分を吸収させたらふたをして強火にかける。
  • 沸騰したら弱火にし、吹きこぼれないようにふたを少しづらして、約50分煮る。
  • 火を止めたらふたをして、約10分蒸らす。

炊飯器でつくる

  • 米… 50g(1/4カップ)
  • 水…500cc

  • 洗米したお米をざるにあげ、水分をきる。

  • 分量の水を注ぎ、「お粥モード」にして炊く。

10倍がゆと通常のごはんを別々に炊くのが面倒なときは、いつも通りにお米をセットし、その上に湯飲みなどの耐熱容器に離乳食分のお米とお水を入れると、10倍がゆを同時に炊くこともできます。また、市販の炊飯器用クッカーもおすすめ。特にダイソーの「おかゆカップ」は「5倍」「7倍」「10倍」の目盛りがついているので、いちいちお米とお水の割合を量ることなく簡単につくれますよ。

圧力鍋でつくる

  • 米… 50g(1/4カップ)
  • 水…500cc

  • 洗米したお米をざるにあげ、水分をきる。

  • 圧力鍋に分量の米と水を入れ、火にかける。
  • 圧がかかってから、弱火にする。
  • 15分経ったら火を止めてしばらく置く。
  • 圧力が抜けたら、ブレンダーなどですりつぶす。

※お米をもっちりさせたいときは、さらに10分置きましょう。

レンジでつくる

電子レンジを使って生米から10倍がゆをつくる方法もあります。

  • 生米…小さじ2(10g)
  • 水100ml

  • お米をとぎ、1時間以上水につける。

  • 大きめの耐熱容器にお米と水を入れる。
  • ふんわりとラップをし、500Wで5分間加熱する。
  • ラップをしたまま10分間加熱する。

※食べづらそうだったら鍋で柔らかく煮てください。

ごはんを使う場合

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

炊いたごはんを使えば、生米から炊く方法より短い時間で10倍がゆができますよ!

【小鍋でつくる】

大人用のごはんを多めに炊いて、残りを10倍がゆ用にするのがおすすめです。

(約3~4食分)

  • ごはん…30g
  • お水…200cc(1カップ)

  • お鍋にごはんと水を入れ、さい箸などでごはんをほぐす。

  • 強火で火にかけ、煮立ったら弱火にしてふたをずらす。
  • 蒸し煮にし、20分経ったら火を止める。
  • ふたをして約10分蒸らす。
  • レンジでつくる

短時間で必要な分量をつくれるので、忙しいときにぴったりですよ。

(1食分)

  • ごはん…小さじ1と1/2
  • 水…大さじ2

  • 大きめの耐熱容器に炊いたごはんと水を入れる。

  • 少し隙間ができるようにラップをする。
  • 電子レンジ(500W)で2分加熱する。
  • 電子レンジから取り出し、10分間蒸らす。
  • 離乳食の進み具合に応じてなめらかにすりつぶす。

※食べづらそうだったら鍋で柔らかく煮てください。
※レンジで調理するときは耐熱ラップを使用しましょう。
※分量に対して耐熱容器が小さいと中身が飛び散る可能性があるので注意してください。

市販の離乳食用おかゆならそのまま食べられる

離乳食をはじめる時期は、まだまだ赤ちゃんの夜泣きが続いている時。パパママもぐっすり睡眠を取れず何かと大変ですよね。離乳食をつくる余裕がない時は、市販のおかゆに頼っちゃいましょう! ちょっとしたおでかけや旅行に持っていく時にも便利ですよ。

和光堂「手作り応援 国産コシヒカリの米がゆ」

国産のコシヒカリを使用。お湯で溶くだけで簡単になめらかなおかゆがつくれます。粉末タイプなので、離乳食が進んだら手作りした野菜のペーストなどと混ぜて使うこともできますよ。

まつやベビースタイル「まつやのおかゆ カルシウムプラス」

ホタテの貝殻のカルシウムが配合されたおかゆ。炊き上げたばかりのような香りがする点もポイントです。

GreenMind(グリーンマインド)「有機JAS認証 無添加仕上げの離乳食 赤ちゃんのためのお粥」

兵庫県三田産のコシヒカリを使用。初期・中期・後期・完了期と、離乳食の段階に合わせて4パターンの商品がそろえられています。

出来上がった10倍がゆは裏ごしする

お鍋や炊飯器でつくった10倍がゆは、お米のつぶつぶが残ったまま。赤ちゃんが食べやすいよう、なめらかにすりつぶしてあげましょう。10倍がゆをなめらかにするにはすりつぶし器を使ってもいいですが、ハンドブレンダーがあれば時間をかけず簡単に作れるので便利ですよ。

握りやすく操作しやすい形になっているので、離乳食づくりやスープ作りもラクラクできます。専用ブレンドカップ付きで、そのまま冷蔵庫保存も可能なのでとても便利ですね。

離乳初期の赤ちゃんへの10倍がゆのあげ方

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

赤ちゃんにあげるはじめての離乳食。ちゃんと食べてくれるかドキドキしてしまうママもいるかもしれませんね。でも焦らなくて大丈夫。最初は全く食べてくれなくても、母乳やミルクで栄養はきちんとれています。「ごっくん」の練習だと思って気楽にはじめてくださいね。

赤ちゃんが食べやすいかたさに調整する

離乳食をはじめたばかりの頃はおもゆやお湯でポタージュ状になるまで伸ばしたものをあげましょう。それに慣れてきたら、ヨーグルト状のかたさにしたものをあげてください。赤ちゃんによっては飲み込みやすいかたさは異なります。そのため、少しずつ様子を見ながら水分量を調節してくださいね。

小さじ1の量から始める

赤ちゃんが食べたそうにしていても、最初は小さじ1からあげてください。問題がなければ少しずつ量を増やし、1週間かけて大さじ1まで増やしましょう。

食べさせ方

赤ちゃんの下唇にスプーンを優しく当てて、自分から10倍がゆを食べるのを待ってあげましょう。無理やり口に入れると嫌がることが多いので注意してくださいね。ママやパパの膝の上に座らせてあげると安心して食べられることもありますよ。