ハワイの花と聞いてハイビスカスやプルメリアなどを思い浮かべる人は多いはず。

でも気候が温暖なハワイではそれ以外にも様々な可愛らしい花を見ることができます。

そこで今回はハワイを代表する花々とその花が見られる代表的なスポットをご紹介します。

シャワーツリー~フォートデルッシー(クロダフィールド)/Shower Tree~Fort DeRussy(Kuroda Field)

『LaniLani』より引用
(画像=『LaniLani』より引用)

日本人が桜と聞いて春を連想するように、「シャワーツリー」はローカルにとって夏の風物詩といえる人気の花です。

ピンク&ホワイトシャワーとゴールデンシャワーという2種類に加え、ハワイで交配させて生まれたレインボーツリーの3種類がシャワーツリーと呼ばれています。

多くの花々が一年中見られるハワイで、シャワーツリーは花が咲く期間が比較的短く、ピンク、ホワイト、ゴールド、イエロー、レインボーなどの花々が扇状にこぼれるように咲き誇る様は、まさに幸せな夏だけの眺めです。

シャワーツリーが野生で自生していることは少なく、そのほとんどは市街地で見ることができます。ワイキキに近く、シャワーツリーが綺麗に見られるのが、ワイキキの西側、トランプ・インターナショナルホテルやエッグスン・シングスの西側に広がる公園、「フォートデルッシー」です。

ここは入口に「フォートデルッシー」と表示されているものの、西側の入口にだけ「クロダフィールド」と表示されている不思議な公園。この公園の南側を通るカリアロード沿いには特にシャワーツリーが多く、車道に平行して遊歩道もあるので散歩しながら綺麗なシャワーツリーが楽しめます。

シャワーツリーの花の時期は6月から8月頃まで。この季節にワイキキを訪れたなら、一度散策に出かけてみてはいかがでしょう。

シャワーツリー~フォートデルッシー(クロダフィールド)/Shower Tree~Fort DeRussy(Kuroda Field)

  • 住所: Hawaii, Honolulu, Kalia Rd + Opp Maluhia St
  • 営業時間: 随時

ブルメリア~ココクレーターボタニカルガーデン/Plumeria~Koko Crater Botanical Garden

『LaniLani』より引用
(画像=『LaniLani』より引用)

南国を連想させる豊かな香りの花といえば「プルメリア」ではないでしょうか。

一般的に知られているのは白い花びらで中央が黄色く色付いたもの。しかしオアフ島の東に位置する火山ココクレーターの火口跡にある「ココクレーター植物園」を訪れれば、色とりどりのプルメリアが見られます。

ここは東京ドーム5個分、およそ2,400平方メートルの広さを誇る植物園。全長6キロのトレイルではプルメリアをはじめ、暑くて乾燥した気候を好む植物が見られます。

なかでもプルメリアの栽培展示はハワイ随一。定番のハワイアン・イエローをはじめ、赤い縁取りに黄色が混じるレイ・レインボーや赤色が鮮やかなドナルド・アンガスなど様々なプルメリアを見ることができる植物園です。

プルメリアは一年を通して花を付ける植物ですが、ハワイでは5月と6月がピーク。この時期になると園内にはプルメリアの甘い香りがただよい、花が散り始めると足下がまるで花びらのじゅうたんのようになります。

他にもサボテンやブーゲンビリアなどもたくさん栽培されています。

入場料も駐車場も無料なので、東オアフへドライブに出かけたときにはプルメリアを見に立ち寄ってみてくださいね。

ブルメリア~ココクレーターボタニカルガーデン/Plumeria~Koko Crater Botanical Garden