2018年9月7日、シェアリングエコノミー協会が主催する『SHARE SUMMIT 2018』が開催され、「SHARE×○○」をテーマに5つのトークセッションが行なわれた。今回は、その中の一つ「SHARE×WORK~働き方の再定義21世紀の働くとは」をテーマに行なわれたトークセッションの内容を一部紹介しよう。

「オーシャンズ11型の働き方」がポスト平成を生き抜くカギ――“タコつぼ型”社会に埋もれてしまうリスク
(画像=写真左から
経済産業省 商務情報政策局 総務課長 伊藤禎則さん
Mirai Institute株式会社 小柴美保さん
WeWork Japan ゼネラルマネージャー 高橋正巳さん
住友生命保険相互会社 営業企画部長 堀 竜雄さん
株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 兼 CEO 吉田 浩一郎さん、『Woman type』より引用)

昨今、複業やリモートワークが可能な会社が増え、新卒から退職まで1社で働く人の方が珍しくなりつつある。そんな時代を生きるため、私たちに問われているのは「個人の力をシェアし合うような、オーシャンズ11型の働き方だ」と登壇者は語った。

「オーシャンズ11型の働き方」とは、一体どんな働き方なのだろうか?

「個人で働く=一人で仕事をする」と考えない方がいい

この日モデレーターを務めたクラウドワークス 代表の吉田浩一郎氏は、「テレビの影響や、国の働き掛けによる追い風もあって複業が広まりつつある今、“個人の力”という言葉をよく耳にします。一方、本日の会場を見渡すと、まだまだスーツ姿の方も多いのも事実。実際、個人として働く方に出会わなければ、なかなか想像もできないでしょうから、“個人”というところにスポットを当ててみたいと思います」と冒頭にテーマを提示し、WeWorkの高橋氏とMirai Instituteの小柴氏へつなげた。

「オーシャンズ11型の働き方」がポスト平成を生き抜くカギ――“タコつぼ型”社会に埋もれてしまうリスク
(画像=『Woman type』より引用)

吉田 浩一郎さん(以下、吉田):小柴さんが運営しているシェアオフィス「みどり荘」には、どのようなユーザーが多いのでしょうか?

小柴美保さん(以下、小柴):デザインや映像制作関連のお仕事をしていらっしゃる個人のユーザーが多いですね。その一方、普段は個人で仕事をしているけど、プロジェクトによって「オーシャンズ11型の働き方」をしている方が多いように感じます。

吉田:オーシャンズ11型!? それは、どのような働き方なのでしょうか?

小柴:プロジェクトや課題に対して、必要なスキルや知見を持ったメンバーを集めて、チームとしてクリアしていくやり方ですね。私たちが運営しているみどり荘は単なるワークスペースとしての役割だけではなく、企業に代わる組織としての側面も持っているんです。

吉田:クラウドワークスもよく言われるのですが、それってスキルが高い一部の人だけが参加できる環境なんでしょうか?

小柴:そんなことはないですね。実際にみどり荘には、インターンシップやアシスタントとしてプロジェクトにジョインしている方もいます。そういう方たちの場合は、誰か一人のもとでアシスタントをやるのではなく、みどり荘にいる何人かのメンバーのアシスタントとしてシェアされながら、スキルアップしていきます。

吉田:おもしろいですね。WeWorkさんは、どんな方がユーザーに多いイメージでしょうか?

高橋正巳さん(以下、高橋):WeWorkって始まりは、スタートアップのためのコワーキングスペースだったんですね。でも、それがいつしかコミュニティーとしての意味を持つようになりました。だから、フリースペースや個人デスクを契約するフリーランサーの方もいれば、フレキシブルな働き方をしながら情報共有し合いたいという企業の方が数十名で入居するケースもあります。実際に本拠地であるニューヨークでは、働く人の100人に1人がWeWorkを利用しています。起業する人たちから見ても、一人で立ち上げを行なうよりも何名かが集まった環境で情報を共有しながら立ち上げを行なう方が、事業を始めやすいというメリットもあるようです。

吉田:コワーキングスペースとして考えた時に、会費が高い印象があるのですが、それでも入居者が絶えないのはなぜでしょうか?

高橋:やはり知識や情報をシェアできるというのが大きいようですね。WeWorkでは、日々ヨガからブロックチェーンまで、さまざまなイベントが行われているのですが、それがきっかけとなって知り合い、ビジネスにドライブがかかることも多いようです。

吉田:単なる仕事をする場所としてではなく、ネットワークやコミュニティーとしての働きが大きいのですね。