器の大きい人って憧れますよね。何事にも動じず、いつもドンと構えた姿は、男女ともまわりに安心感を与えます。仕事でも恋愛でも、いっしょにいたいと思わせる器の大きい人には、どんな特徴があるのでしょうか?器の大きい人になる方法もお教えします。

器の大きい人になりたい!その特徴とは?

器の大きい人とは、あなたにとってどんな人でしょうか?社会的に成功している人、行動力のある人、いつも余裕がある人など、イメージはいろいろあると思います。

一口に器の大きい人と言っても、その特徴は一言で語れるものではありません。ですが仕事でも恋愛でも、器の大きい人の特徴は随所に現れています。

一体、私たちはどんな特徴を見て、その人が「器の大きい人である」と判断するのでしょうか?今回、男女共通の器の大きい人の11の特徴をまとめてみました。

また日々の行動や心がけ次第で、誰もが器の大きい人になることができます。男女とも器の大きい人になる方法もしっかりお伝えします。

仕事にも恋愛にも活かせるといいですね。

器の大きい人の特徴を知る!その心理・行動1

【人のミスに寛大】

器の大きい人の特徴1つ目は、人のミスに寛大であることです。

程度の差はあれ、人は誰しもミスします。どれほど仕事ができる人でも、思わぬところでヘマをやらかしたり、どれほど恋愛経験豊富な人でも、思わぬ失態を犯したりします。

器の大きい人は、どんなミスも寛大な心で許すことができます。

許すと言うよりは、「誰でもミスするものだ」と認識していて、「そのミスを次に活かせばいい」という考えがあります。また、自分も同じようにミスするものだと理解しています。

人のミスに寛大であることは、相手の心理に寄り添うことができるということ。会社の上司がこんなタイプなら、安心して仕事することができますね。

器の大きい人の特徴を知る!その心理・行動2

【自分のミスを素直に認められる】

器の大きい人の特徴2つ目は、自分のミスを素直に認められることです。

ミスを指摘すると、いきなり言い訳モードに突入する人は多いですが、器の大きい人は「それは私のミスです」と素直に認めることができます。

たとえ立場が上であっても、部下や後輩に素直に謝罪することもできます。

特に男性の場合、立場が上になればなるほど、下の立場の人たちに謝罪するのは、心理的に抵抗があるものです。一種のプライドではありますが、まわりからすると器の小さい人に見えてしまいます。

素直に真摯な姿勢で謝罪ができることは、小さなプライドにこだわらない器の大きさも感じさせます。恋愛で素直に謝る男性は誠実さを感じさせ、女性に安心感を与えてくれます。

器の大きい人の特徴を知る!その心理・行動3

【他人の言葉を否定しない】

器の大きい人の特徴3つ目は、他人の言葉を否定しないことです。

人と会話をしていると、時には「何言ってるの?」と思わせる発言が出てくることもあるでしょう。「おかしいよ」とばっさり否定してしまっては、そこでコミュニケーションがストップしてしまいます。

自分の意見を否定されて、気分のよくなる人はいないということを、器の大きい人はちゃんと理解しています。

会議や大事な話し合いで、どうしても相手の意見を否定しなければならない時は、いったん「そうだね」と意見を受け入れ、それから客観的に解決策を示していきます。

否定するだけでは、ただの感情論になってしまいます。恋愛関係で女性はつい感情的になりがちですが、それを冷静に受け止められる男性は、器の大きい男と言えますね。

器の大きい人の特徴を知る!その心理・行動4

【物事に理解力がある】

器の大きい人の特徴4つ目は、物事に理解力があることです。

器の大きい人は、まず物事の全体像を把握して、そこから細かい物事をどう処理していけばいいかを、早いスピードで理解することができます。

するべきことが見えているので、些細なことも気にならないし、物事を進める上でつまずくこともあまりありません。

問題があれば、随所で的確に処理することができるし、予測しないトラブルが起こったとしても、冷静に対処することができます。

普通の人なら何をどうすべきかわからない場面でも、全体像が見えている器の大きい人にとっては、慌てるに及ばないのです。

器の大きい人の特徴11選!器の大きい人になる方法は?
(画像=『Lovely』より引用)

器の大きい人の特徴を知る!その心理・行動5

【誰にでも平等】

器の大きい人の特徴5つ目は、誰にでも平等であることです。

器の大きい人は、立場や年齢、男女関係なく人に接することができます。それはどんな人も、同じ人間という括りで見ているからです。

だからと言って、どんな人にもなれなれしい態度で接するわけではありません。基本的に丁寧に、相手を尊重して接します。

器の大きい人にとって、人間関係を築くのにメリットがあるなしは関係ありません。逆にたとえ立場が上の人相手でも、間違いがあれば指摘するし、立場が下の人でも、成果を上げればちゃんと褒めます。

誰にでも平等に接するのは、簡単にできるようで意外にできないことです。魅力ある器の大きい人だからこそ、スマートにやっているように見えるのです。

器の大きい人の特徴を知る!その心理・行動6

【感情のコントロールができる】

器の大きい人の特徴6つ目は、感情のコントロールができることです。

ある意味、感情の赴くままに他人を傷つけ、ストレスが発散できる人は幸せです。ですが理由が何であれ、感情をまわりにぶちまけるのは褒められたことではありません。

相手を不快な気分にさせないのは、人としてのマナーです。仕事でも恋愛でも、たとえどれほど腹が立ったとしても、その時の感情で言い返すことはありません。

器の大きい人の特徴11選!器の大きい人になる方法は?
(画像=『Lovely』より引用)

相手と同じように感情を爆発させても、物事はいい方向に進まないことがよくわかっています。言い返して収集が尽かなくなるのであれば、自分の感情をグッと抑えた方が得策だと思っているのです。

まわりの状況に応じて感情がコントロールできると、まわりの信頼を得ることにもつながります。まさに頼りがいのある男、姉御肌の女ですね。

器の大きい人の特徴11選!器の大きい人になる方法は?
(画像=『Lovely』より引用)

器の大きい人の特徴を知る!その心理・行動7

【臨機応変に対応できる】

器の大きい人の特徴7つ目は、臨機応変に対応できることです。

大局を見ることのできる器の大きい人は、突発的なトラブルが起こったとしても、その場の空気を読んで臨機応変に対応することができます。

冷静に頭を働かせ、その場で何をすべきか冷静に判断できるのです。慌てることのない姿は、まわりの人に安心感を与え、落ち着かせる効果もあります。

もし事態に収拾がつかなかったとしても、そのことで思いを煩わせることはありません。「こうするしかなかった」と冷静に事態を受けとめ、次に活かそうとするのです。

恋愛関係で相手に感情をぶつけられたとしても、適切な言葉をかけてあげられるタイプです。爆発した感情を受けとめるのは、そう簡単なことではありません。

器の大きい人の特徴を知る!その心理・行動8

【他人に意見を押し付けない】

器の大きい人の特徴8つ目は、他人に意見を押し付けないことです。

基本的に、器の大きい人は控えめながら自分に自信があります。それは態度だけでなく、生き様や考え方にも表れています。

だからと言って、他人に自分の意見を押し付けることもありません。他人の意見は価値あるものとして、取り入れることができます。

人は「自分が正しい」とばかりに何かを押し付けられると、どうしても心理的抵抗が出て、反対意見になってしまいがちです。

器の大きい人は、自分の意見を相手に伝えた上で、相手の意見や考え方も受け入れます。自分の意見ばかりが正しいわけではないことを、ちゃんと知っているのです。